薬剤師パート

【育児応援!】ママ薬剤師は午前中のみのパート勤務でうまくいく!

 

ママミ
ママミ
少し子育ても落ち着ていてきたし、働きたいなぁ~

出産、育児のために職場を離れてしまったものの、
これから掛かる学費や養育費を考えると頭が痛い。。

入園の加点として働きたいけど、フルタイムは厳しいかなぁ

子供を入園させるには夫婦共働きの加点がほしいけど、
ブランクがあって、フルタイムで働くのは少し気が引ける。。

働きたい想いはあっても、現実はネガティブになりがち。

ママミ
ママミ
私もそう考えることがありました。 

だけど、こんな時こそ、薬剤師の資格を活かして、
時間を有効に使い、家族との時間も過ごしながら、入園も勝ち取りませんか?

午前中にパート勤務で働く薬剤師も多い!

薬局の仕組み

まず初めに、薬局の利益について、ご説明します。

薬局の売上は、単純に薬の売上から人件費や経費を引いた金額が利益となります。

売上 ー 人件費・経費 = 利益

基本的に一般企業と同じですが、
一般企業であれば、たくさん売って儲けようと考えますが、
薬局の場合は、薬をたくさん売って、売上を上げようということができないため、

じゃあ、固定費を抑えよう!

ジェネリック薬品の導入や人件費の削減など経費を抑えることが大事になってきます。

なぜ短時間求人があるの?

午前中の巡回バスに乗ったことありますでしょうか?

ほとんどの座席がご年配の方で埋まっていて、
「あ、奥の方のイス空いてるな。」と思ったら、
タイヤの上の座席だったなんてこと、ありませんか?
(座れればいいんですが、揺れが大きかったりするんですよね)

そう!ご年配のほとんどの方は午前中に病院を利用しているんです。

そして、病院を利用しているということは、
処方箋を受け取っている可能性も高いということです。

だから、調剤薬局では、午前中が混む傾向にあり、
ドラッグストアでは、仕事帰りの方が利用しやすい午後に混む傾向にあります。
また、薬局によっては、土曜日に午前中のみ営業をしている店舗などもあります。

そのため、薬局としても

フルタイムで雇うには経費が掛かりすぎる

忙しいときだけヘルプで手伝ってほしい

このように考えているため、短時間勤務を募集することとなります。
そのため、フルタイム勤務ができない、
ママさん薬剤師の方たちなどが多く働いていらっしゃいます。

薬剤師にとってフルタイムと午前中のみの求人に違いはある?

給料面の違いは?

結論から言うと、給料面での違いはありません

薬剤師という国家資格を利用した職業であるため、
午前中のみだからといって変わることはなく、
時給2,000円が相場となります。

調剤経験があれば、時給が上がるのも早いですし、
派遣薬剤師なら、時給3,000円もあったりします。

時給換算では、正社員の時よりいいとの声も!

勤務時間帯は?

薬局により多少の違いはありますが、
午前中のみの勤務時間で多いのは、9~13時の4時間勤務となります。

中には、土曜日の午前中だけを募集をしている薬局もあり、
特に土曜日勤務の場合は、ママさん薬剤師さんたちがシフトに入れないことが多いため、
勤務できる方は重宝される傾向にありますよ!

また、午前中のみだけでなく、別日は午後に働くなど、
薬局に相談すると融通を利かせてくれることも多いので、
面接のときに希望を伝えましょう。

午前中勤務のみのメリット・デメリットは?

メリット

1.短時間で高収入!
2.家事ができる!
3.気を遣わなくていい!

第1のメリットとしては、やはり短時間で高収入が得られる点です!
一般的なアルバイトでは、絶対にない条件です。

第2のメリットは、家事ができる!
幼稚園のお迎え前に買い物や掃除などの家事を一つこなすことができることです。
家事との両立を考えたら、大きいですよね。

第3のメリットは、気を遣わなくていい!
フルタイム勤務の時短勤務や早退とは違うため、
周りに気を遣って職場を後にすることもありません。
契約通りなのに「すみません」と何度も言いながら帰りたくないですよね。

デメリット

1.実務経験にカウントされない可能性がある。
2.自宅近所に求人があるとは限らない。

デメリットについては、午前中のみの勤務に関わらず、
短時間勤務は「実務経験にカウントされない」可能性があることです。

短時間勤務ということは行う業務も限定的なことが多く
正社員として再就職を望む場合は必ずしもプラスになるとは言えないでしょう。

ただし、短時間勤務を利用する場合の多くは、何か理由があってのことなので、
そこまで深刻に考える必要はないでしょう。
特に理由なく短時間勤務している方でない限り、
5年ブランクがある方よりは、続けている方のほうが薬局としても安心です。

デメリットの二つ目としては、
求人が多くなく、自宅の近所に求人があるとは限らない」ということです。

現在、薬剤師の需要は満たされつつあり、
ママさん薬剤師さんも増えてきているため、
薬剤師は飽和しつつあります。

お子さんの送り迎えのことを考えると自宅近くか、
通いやすい場所を選びたいですが、
必ずしも自分が望んだ場所にあるとは限らないでしょう。

まとめ

子供が小さいときは、育児や家事に慣れないことも多く、
両立を考えると午前中のみの勤務ができることは助かります。

また、薬局側としても必要な人件として午前中のみを募集しています。

ママミ
ママミ
要は、WinWinな関係ですね! 

午前中勤務ができる職種は限られていて、単価も高くないことが多いので、

せっかく取った薬剤師の資格ですから、
しっかりと活用しつつ、家族との楽しい時間を過ごしましょう!!