薬剤師お悩み

在宅薬剤師の仕事内容は大変?【職場勤務との違いを徹底解説】

近年高齢化により医療費が増大、今後の病棟の確保のためもあり、在宅薬剤師の需要が高まってきました。
そんな中、実際に在宅薬剤師の仕事内容、職場勤務との業務時間の違い、収入の違い、などわからないことが多いのではないでしょうか。
ただ大変な仕事と聞くと、不安になってしまいますよね。
一つ一つの仕事内容を見ていき、自分に合った仕事かどうかを確認していきましょう。

在宅薬剤師の仕事は職場勤務と比べて大変か?【答えは大変です】

通常の業務よりも在宅薬剤師は大変になる傾向があります。
理由としては、身につけなければいけない知識の幅がとても広いからです。

以下に説明している仕事内容のところでも取り上げますが、患者さんやその家族とのコミュニケーションを通しての状況把握、薬の知識、調剤、他にも効果の確認、副作用の影響など、細かなところまで神経に気を配らなければいけません。

しかし、どれも非常に大切なことで、薬剤師の方々のおかげで通院できない患者さんが安心して自宅で薬をもらうことができています。
薬剤師として成長はとてもできるのですが、在宅薬剤師はその分大変で、忙しくなるということです。

在宅薬剤師の仕事内容とは?

配薬 

薬を患者さんのご自宅まで届けることです。
また、薬はどの時間にどの薬を飲めばいいかを初めからまとめていたり、患者さんに合わせた薬の形状にしたりすることもあります。

薬の管理 

とても重要な仕事の一つです。
在宅薬剤師は、患者さんは薬をしっかり飲んでいるか、適切な薬を提供できているかの他にも、薬の効果や副作用の確認などをして、それを医師に伝えるという重要な仲介役を担っています。

患者さんやそのご家族とのコミュニケーション

薬の効果や患者さんの体調などを確認するためにしっかりと、薬剤師はコミュニケーションを取り、適切な情報を医師に伝えなければいけません。
そのためにも患者さんだけでなく、その家族にも体調の変化などを確認する必要があります。

患者さんが高齢者になるほど自分の体の状況や変化に気づきにくくなります。
そのためしっかりと患者さんとその家族の双方に、ヒアリングをして正しい情報を集めなければいけません。

より詳しい仕事内容はいかに取り上げています。興味のある方はこちらを参照してください。

残薬状況、保管状況、併用薬の確認 服薬状況が悪ければその改善策の検討 使用している薬への理解度の向上 体調(食事・排泄・睡眠・運動・認知等)を把握し、薬 の影響をアセスメント 服薬について本人や家族に薬剤師が直接確認・説明 胃ろう、嚥下困難など服薬に問題のある方の問題を解決 服薬方法について多職種と連携し検討 複数の薬をひとつにまとめる 服薬カレンダー、医薬品使用補助具等の利用・販売 衛生材料の供給

出典:薬剤師から見た在宅医療の実際https://www.keijinkai.com/karinpa/common/datadir/pub_activity_dat1_20140821141723.pdf

 

在宅薬剤師のメリット、デメリットとは

メリット

患者さんとより身近に関わることができる。

在宅への訪問により、より信頼関係が気付けるというメリットもあります。
信頼関係が築いけた間柄では感謝されることも増えるでしょう。
大変な業務ですがふとした感謝の言葉によって、やりがいがより感じられることが私はあると思います。

キャリアアップにつながる

通常の業務に加えて、患者や医師とのコミュニケーション能力や薬の全般的な知識、調剤などなど覚えなければいけない業務がたくさんあるからほど、その経験は薬剤師としての自分を大きく成長させてくれるものになります。

さらにその経験を生かし、在宅療養支援認定薬剤師の資格を取るという選択肢もあります。この資格は認定薬剤師の資格の中の一つで、取得までに期間や費用はかかりますが、資格を持つことで年収が上がったり転職の際に有利になったりとメリットも大きいので取得を検討してみてもいいかもしれません。

デメリット

訪問宅が不衛生の可能性も

訪問宅が必ずしも清潔で綺麗な家とは限りません。
自分は神経質な方だとか、汚れたものに弱いというかたはあらかじめ心しておきましょう。初めに最悪のことを意識しておくだけでも、ダメージがすくなることもありますよね。

薬剤師不足の24時間対応

薬剤師が不足しているのが現状です。
しかし患者さんに何かある場合にはいち早く患者さんの家にいかなければいけません。
そのため24時間体制で休日も含め、看護師は常に、備えておかなければいけない状況のこともあります。
残念なことに、看護師の増員も採算の問題が通らないことが多く、大幅に増やすことは難しいと言われています。

この先求められる人材とは【こんな人が理想です】

1.几帳面で丁寧な人

前述していますが、在宅薬剤師は大変な仕事です。
そのため一回の訪問で、やるべきことがたくさんあります。
例えば、患者さんが薬をしっかり飲んでいるかや、副作用が出ないように、他の薬との飲み合わせのをしっかりと聞かなければいけません。
たくさんのやることがありますが、大変だからと言って1つ聞き逃してしまったや、やり逃してしまった、なんてことがあったらいけません。

1つ1つ整理してしっかり丁寧にコミュニケーションが取れる人が理想です。

2.どんな状況でも相手の立場に立てる人

時に、忙しさのあまり自分が優先になってしまうことはないでしょうか。
患者さんのための業務なのはもちろんのことなのですが、業務的な対応だけでは信頼関係は気づけません。
在宅薬剤師では、患者さんとそのご家族との信頼関係も欠かせません。
患者さんの性格や、ご家族との何気ない会話から、より良い患者さんのためのケアができることがあります。

そして患者さんの情報をもとに医師に処方の提案などを行うため、医師にしっかり患者さんの要望を伝えなければいけません。
その時には自分が一番、患者さんのことをわかっていないといけないのです。

おまけ:意識でミスは減ります

上記2つの人柄を聞いて向いていないと思った人もいるかもしれません。
自分はコミュニケーションが苦手だとか、たくさんやることがあると何かを忘れてしまうとかですね。

気持ちは痛いほど分かります。
初めのうちはなかなか完璧にはできないですよね。

ちょっとした意識を変えることで、ミスを減らしていけたらなと思いこの部分を書き足しました。
例えば、たくさんのやることで何かを忘れてしまうなら、やることを全てメモをしておきましょう。
そしてチェックしながら一つずつ業務をこなしていきましょう。

これはコミュニケーションでも使えますね。
話すことでテンパるなら大枠の話す内容を決めてからいきましょう。
好きな異性と話す時のように考え込まなくても、患者さんとの会話なのである程度、話す的は決まっていますよね。
大体の流れを決めておいたりメモしていたりすると、それだけで安心できます。

もちろん全て想像通り行くわけではないのですが、一つ一つ反省して、自分がミスをなくすためにはどうすればいいかを考えて行動していけば、きっと成長した自分が待っています。少し意識を変えてミスを減らしてみましょう!

在宅薬剤師の年収の相場は?【他の業種との比較も】

在宅薬剤師の年収は経験や勤務先でまちまちと言われていますが、相場としては500~600万円(月41~50万)と言われています。
比較対象として、薬剤師の業種別の平均年収を取り上げます。
病院薬剤師では約430万円。
調剤薬局では約490万円。
ドラッグストアでは約510万円です。
とくべつ在宅薬剤師の方が、高いというわけではないようです。

しかし、中には在宅医療専門の職場もあり、年収は先程の相場より高いです。
このように職場によって大きな差が出る場合もあるので、求人をしっかり見比べておきましょう。

まとめ

在宅薬剤師は将来的にも需要が高まることは、ほぼ間違いないでしょう。

今後を見据えた場合に、在宅薬剤師の業務を経験しておくことは大きなアドバンテージになると考えられます。
確かに通常業務より大変で忙しくなりますがその分たくさんのことを経験できることもあり、専門性の幅が広がったり、自分自身の市場価値を高めることになります。
結果、キャリアの幅も広がることになるでしょう。

自分の薬剤師としての市場価値を高めたいと考えている人は、挑戦することを考えてみてください。