薬剤師お悩み

[転職前に見て!?]薬剤師の転職で後悔しない為に必要な心得!!

初めての転職、もしくは職場の復帰で、

「こんなはずじゃなかったのに」

と、後悔はしたくありませんよね。
ここでは、薬剤師の転職でよくある失敗例薬剤師の転職で後悔しないための心得を解説していきます。

ぜひ、この記事を転職前に読んでいただき、後悔しないように転職活動を行いましょう!!

薬剤師転職での失敗例

社風に馴染めない

転職していざ働くと薬剤師特有のヒエラルキー(人間関係)に悩まされたり、
職場によっては長いこと勤めている「お局さま」的な方に陰湿な嫌がらせをさせられたりする場合もあります。

また、人間関係以上に薬剤師で問題視されるのが「勉強(質問)する環境」であるかどうかが重要です。
薬剤師は常に新薬の勉強をする必要があるため、いざ就職した先で学習体制が整っておらず、「自力で勉強するしかない」といった状況に陥らないように注意しましょう。

想像以上の激務

給料を優先したためにありがちなパターンです。

いざ就職してみたら、

・「勤務時間が長い」
・「雑務が多い」
・「希望の休みが取れない」
・「移動、ヘルプが多い」

といったケースになりがちです。

「いっぱい稼ぎたい!!」

と思っても、しっかり自分と相談して決めましょう。

同じ仕事だと思い甘くみていた

薬剤師と一言で言ってもさまざまな雇用形態があります。

「同じ薬剤師だから」

と言って甘くみていると、今までの業務手順が違って混乱するケースもあります。また、

「あそこの薬剤師ラクそう」

と、思っていても意外と忙しい業務は外から見えないものです。

「隣の芝は青く見える」

ということわざがあるように、安直な考えで転職先を決めるのは控えましょう。


ここで上げたのはあくまで一例ですが、このよくある失敗例を元に対策を考えて行きましょう!!

薬剤師の転職で後悔しないための心得

自分が何を求めているのかを再確認する

自分が今何を1番にしたいのか考えてみましょう。

「給料は高い方がいいから、給料の高い順から検索していこう」

「大企業なら待遇もいいだろうから、有名な企業から探そう」

となんとなく転職先を決めてしまうケースです。

少し厳しい内容になってしまいますが、
社会は「ノーペイン、ノーゲイン(痛み無くして得るものなし)」です。

一般的に「お金」を得たいのであれば、「時間」や「職場環境」を犠牲にしなければならないですし、 反対に「時間」や「職場環境」を得たいのであれば、「お金」を犠牲にしなければいけません。

自分にとって「お金」「時間」「人間関係」「職場の働きやすさ」など、、、 自分がが転職で変えたい現状はなんなのか?を考えましょう。

転職して、「なんか違うな、、」とならないように 自分と相談して、
「何を優先して求めているか」を考えましょう!!

就業規則をすみずみまで読む

・業務内容はどこまでか?
・出張はあるのかないのか?
・福利厚生(手当等)はどのようになっているのか?
・残業ありきの給料なのか?
・育児休暇や産休はどのようになっているか?

確認しなければならないことはたくさんあるにもかかわらず、 募集要項には記載されていない項目も多々あります。
転職後に後悔しないように、気になる部分はしっかりと確認しましょう。

社風を確認する

ここが一番難しいところですが、いくつか方法があります。
例えば、 会社の説明会や、セミナーに参加して社員の細かい仕草を確認したり、 実際に薬局やドラックストアに行って確認して見るのも良いでしょう。
薬を処方してもらわなくても最近の薬局にはスポーツドリンクやマスクなども置いてあるので 買いに行くふりをして、職場の雰囲気を感じてみてください。


 

この3つは極めて重要な対策になりますので、必ず行うようにしましょう。

まとめ

いかがだったでしょうか?
ひとまず転職活動を行っておけば、「自分の市場価値」を測る事ができますし、
何より、「自分を見つめ直す機会」になりますので、実際に転職をするかは置いておいて活動しても、損はないと思います。
まだ転職に慣れている方は少ないと思います。
この記事を読んで、少しでも薬剤師の転職で失敗しないようにして行きましょう!!