薬剤師お悩み

賢い薬剤師ママが選ぶ!何が違うの?パートと派遣リアルな条件!

子育てママ世代が薬剤師として復帰や転職する時に考える事って、

ママミ
ママミ
パートと派遣
どっちがいいのかな〜

パパ
パパ
パートも派遣も
同じようなものじゃないの〜?

くらいに思ってませんか?

子どもとの時間も大切にしたい!でも働きたい!
週2〜3日くらいで、子どもがいない間の短時間にサクッと稼ぎたい!
ブランクがあるから、少しづつ薬剤師としての勘を取り戻したい!
自分の働きたい曜日や時間が選べ、夫の扶養範囲内で働ければ最高!

とか理想を上げたらキリがないですよね。

ママミ
ママミ
そもそも「パート」と「派遣」何がどう違うの?

正社員として、フルタイムではなく自分の働きたい条件にあった職場を見つけるには???

友人
友人
実はパートと派遣、短時間から働ける事以外、
いろいろ違うのです。


そんな自分にあった働き方の提案・サポートをするのが
「転職エージェント」や「人材派遣会社」です
最近では、スマホで簡単に検索・登録が出来て、
お仕事を紹介してくれるサイトのサービスがたくさんあります。

ママミ
ママミ
子育て重視で、譲れない条件がある私にはどっちを選ぶべき???

ここでは、転職するために後悔しないように
「パート」と「派遣」の違いや、メリット・デメリットを紹介しています。

あなたの希望の働き方を思い浮かべながら、
パートと派遣、
どちらと相性が合うのかシュミレーションしてみましょう!

薬剤師のパートと派遣、条件的に何がどう違うの?

働く雇用期間が違う

基本的に、パートは長期雇用(無期間)で勤務。
派遣はあくまで期間限定(有期雇用)と定めてるところが多いです。
例外で、繁忙期だけ短期パートを補ったり、派遣でも長期に延長出来たり、
時と場合によります。

友人
友人
あくまで派遣は「期間限定で雇用される薬剤師」という括りです。

パートと派遣は雇用主が違う

パートは直接、企業や店舗に雇用される。
派遣は派遣会社に雇用される仕組み。全てが派遣会社の契約内で進む。
なので、給料も派遣会社の規定から支払われる。

福利厚生の条件もそれぞれ違う

パートは就業先の雇用主から、派遣は派遣会社から福利厚生が受けられます。
(一部制限あり)

社会保険の条件

パートは、原則30時間以上の労働で加入可能。
派遣は、2ヶ月以上・週3日以上の勤務で加入可能

産休・育児制度

産休→パート・派遣、勤務形態に関わらず取得可能
(派遣は契約勤務期間による)
育休→「*取得条件あり」

*取得条件とは?
同じ企業で1年以上働いている事
子どもが1歳を迎えた後に復帰予定である事
子どもが2歳の誕生日を迎える前々日までに労働契約が終了していたり、
契約の更新がされないことが明らかな場合は無効。

派遣薬剤師で働くメリットとデメリットは

派遣の方がパートより時給が高い〈メリット〉

  • パートと派遣の時給を比べると、都市部の平均相場で
    パートが2000円〜、
    派遣が2600円〜2800円、
  • 薬剤師が少ない地域では、4000円〜5000円という破格な時給も
    あるみたいですが、
    基本的に派遣の方がパートより時給は高いと言えます。

同じ環境でずっと働くのが苦手な人は派遣がオススメ〈メリット〉

  • 派遣の契約期間は、短くて6ヶ月のものから1年くらい。
  • いろんな職場を経験してみたい!
  • もし人間関係で、いざこざがあっても、
    派遣期間の我慢だと思えば頑張れる。
  • 派遣の仲間同士で、どこの職場が良いか意見交換し、
    次の職場を希望することもあるらしいです。

意外な落とし穴!派遣会社の求人情報をちゃんと見て!〈デメリット〉

週に働ける日数、時間帯、
もちろん時給などの条件はバッチリ確認しますよね?
問題は、業務内容の欄です。
「薬剤師一般業務」、のように曖昧になってることが多いです。
なので、正社員と同じような仕事が任されるものだと、
当然思いますよね?
特に派遣は「投薬のみ」の業務しか
与えられないパターンが多いんです。


友人
友人
限定された仕事のみをこなすのは
退屈で不満という人も多いです。

派遣薬剤師に投薬以外の仕事を任せない理由。

長期で働くパートと、期間限定でいなくなる派遣とでは、
任される仕事の内容が違います。

長く務めてくれる人に
「手取り足取り教える価値はある」けど
「短期間でいなくなる人に教えるだけ時間の無駄!」
ということです。

雇用主側としては、
「とにかく即戦力として、活躍できる業務が投薬」
という認識です。

派遣希望なら、前もって承知しておくこと。

「投薬以外の業務も希望したい場合」
希望として、一応初めから伝えておくことです。
上記のような失敗をしないためにも、
納得が出来るまで業務内容を確認し、
転職先への自分で確認しづらい場合は、
もちろん間に転職エージェントや派遣会社が
入って交渉してくれます!


友人
友人
あらかじめ、「投薬以外の業務も希望」と伝えておくと良いですが、
実際、条件に満足できる求人は減りつつあります。

あれ?求人の内容と違う!騙された??

求人に「投薬・調剤・監査」と記載されていたのに
「実際は投薬しかさせてもらえない!」というケースです。

逆に「投薬のみと書かれてたのに、あらゆる業務をさせられている!」
といったパターンもあります。
実際に勤務に入った後も、業務に疑問や不満があるときは、
派遣会社に相談が出来て、先方との間に入って話をしてくれるので、助かります。

いろいろな業務をやりたいならパート薬剤師がオススメ

ママミ
ママミ
子育て中という時間の縛りの中でも、
かつて薬剤師としてバリバリ働いてた頃の勘を取り戻したい!

と考えるならパート勤務がオススメです。
基本的に長期雇用を見込んでの採用なので、
正社員のように教育され、薬剤師の行う業務全般をゆくゆくは任されます。

  • とりあえず同じ職場で長く続けたい。
  • 将来的には正社員になりたい。
  • 実は薬剤師としての経験は少ない。
  • ブランク解消の為に、少しずつ仕事に慣れたい!

ママミ
ママミ
私の希望はパートかな〜

友人
友人
ぜひ、転職エージェントや派遣会社のサイトを見る時は、
「先輩ママ薬剤師がたくさん在籍しているか?」
「福利厚生が充実しているか?」

など、チェックすることをお勧めします!

現役のパートママ、派遣ママのリアルな意見。

調剤薬局パート歴5年、薬剤師ママAさん

子どもが保育園に入ったタイミングで念願の薬剤師復帰しました。
育児ばかりの毎日にうんざりしていたのもあります。
少しでも早く薬剤師としての勘を戻したくて、
いろんな業務に携われるパート業務を選びました。
仕事と育児の両立も問題なく、
日々ブランクを埋めていくべく頑張ってます。
勤務先も理解のあるところで、
ゆくゆくは将来的に正社員登用してもらえたら、
理想と思ってます。

派遣社員歴3年、薬剤師ママBさん

特に一つの場所で、ずっと働くっていうこだわりがないんです。
以前パートで勤めてた調剤薬局で、人間関係に悩んで退職したことが
キッカケで派遣に変わりました。

派遣は一定の契約期間が終了すれば、また違う職場に変われるのも
マンネリにならなくて好きです。
勤務先によっては、契約更新を打診してくれるところもあります。


派遣は「投薬のみ」しかさせてもらえないことについてですか?
割り切って仕事してるので、あまり負担に感じませんね。
逆を言えば、仕事の責任を負わなくていいので楽です。
何より、派遣は時給が魅力的で、
もうパートの時給に戻りたくありませんね〜。笑

まとめ

あなたに向いてるのは「パート」「派遣」どちらでしたか?

自分の希望の時間帯、曜日で
いろいろな業務を
やりたいならパート。


期間限定でお給料重視、「投薬のみ」の業務でも
苦にならないなら派遣。


パート、派遣、どちらが良い悪いのではなく、
あなたの価値観やライフスタイルに合ってるかどうかで決めましょう。