ママ薬剤師

【保存版】子育て資金はいくら必要?22歳までにかかる費用を解説!

ママになって、子どもが成人するまでにどのぐらいの費用がかかるか」漠然と考えたことのある方は多いんじゃないかと思います。

ママミ
ママミ
子どもはかわいいけど、子育てに意外とお金がかかるのが現実ですよね・・・。

子育てのための費用を軽んじてお金を用意していないと、突然の出費で家計が圧迫された結果・・・

子どものやりたいことにお金を出してあげられない!

なんて悲しいことになる可能性も……

大切な子どもを不幸にしないよう、子育てには一体どんな費用が、どれぐらいかかるのか、しっかり考えて備えることが大切です。

一緒に気持ちにもお財布にも余裕のある子育てを目指しましょう♪

この記事を読むとわかること

0歳~22歳までにかかる子育て費用
年齢別に何の費用がかかるか
子育て費用の不安を解消する方法

「教育費」と「養育費」

子育て費用は、大きく「教育費」「養育費」の2種類に分けられます。

「子育てにかかる費用」というと、学費などの「教育費」が思い浮かぶ方が多いかと思いますが、日常生活を送るための食費や生活費、医療費も馬鹿になりません……

下の表は、内閣府が発表した、【子育て費用に関する調査をもとに細分化した費用の内訳】です。

  内訳
教育費 ・学校教育費
 (授業料、給食費、制服や通学用品、課外クラブ活動費等)

・学校外教育費
 (自宅での学習用、学習塾で使用するための書籍等)

・学校外活動費
 (楽器演奏、絵画、語学、スポーツ等の習い事の月謝や必要な用具等)
養育費 ・衣類、服飾雑貨費

・食費

・生活用品費

・医療費

・保育費
 (保育所・幼稚園・ベビーシッター代等)

・子どもの携帯電話料金

・おこづかい

・お祝い行事関係費

・子どものための預貯金、保険

・レジャー、旅行費

参考:内閣府 平成21年度インターネットによる子育て費用に関する調査

ママミ
ママミ
正直、おこづかいとか習い事にかかる費用までは考えてなかった……

いつ、どのぐらい費用がかかるか、年齢別に紹介!

必要なタイミングと金額のイメージを掴むために、【中学生までの年間子育て費用】をご紹介します。

年齢 年間子育て費用 年齢 年間子育て費用
0歳 931,246 8歳 1,059,791
1歳 878,040 9歳 1,131,097
2歳 942,715 10歳 1,152,088
3歳 1,040,577 11歳 1,235,483
4歳 1,197,116 12歳 1,269,053
5歳 1,159,523 13歳 1,527,873
6歳 1,215,243 14歳 1,531,521
7歳 1,112,082 15歳 1,611,802

参考:内閣府 平成21年度インターネットによる子育て費用に関する調査
※こちらの調査は10年以上前のデータで、物価や税金の額などが現在と異なるため、あくまでイメージとして金額を捉えてください。

ママミ
ママミ
年齢と比例して子育てに必要なお金も高くなっていますね。

いったい何に費用がかかる?

続いて、【何にどれぐらいの費用がかかっているか】見てみましょう。

■未就学児は、オムツ・衣服などにお金がかかるケースが多く、「生活用品費」が費用の多くを占めています。

ママミ
ママミ
オムツやミルクってバカにならないよね!最近は事ある毎にオムツを買いに行ってる気がする…

■小学生から習い事、塾などの学校外教育費が少しずつ増加しています。

ママミ
ママミ
最近、4歳の長男がオンライン英会話を始めたけど、それだけで月1万くらいかかるもんね。楽しそうだから親としても嬉しいけど♪

■中学生になると、おこづかいや携帯料金が顕著に増え、年間で8万円近く支払っているデータがありました。

パパ
パパ
今と昔じゃ時代が違うよな~。

ママミ
ママミ
食費は大変だけど、寂しい思いはさせたくないわ。
私たち息子3人だからすごそうね💦(笑)

こちらの調査の回答者は、大半が公立の小中学校に通わせているご家庭。
もし、私立の学校へ通うことになった場合、上記の金額よりも教育費がかかることに注意です。

 

22歳までにかかる「養育費」は1640万円!

0歳から22歳までにかかる子育て費用を算出するため、「養育費」と「教育費」をそれぞれ詳細にご紹介します!

まずは、子どもを育てるために必要不可欠な食費や生活用品、医療費などが含まれる「養育費」にスポットを当てます。

AIU保険会社が2005年に発表した『現代子育て経済考』によれば、0歳から22歳までの養育費は総額で約1640万円と記載されています。

ママミ
ママミ
養育費だけでこんなに!?

22年間分の養育費の内訳を表にまとめました。

出産、育児費用 約91万円
食費 約671万円
衣料費 約141万円
保険医療
理美容費
約193万円
おこづかい 約451万円
私的所有物代 約93万円
合計 約1640万円
パパ
パパ
食費が高いのはわかるけど、おこづかいで450万!今の高校生はどれくらいが相場なんだろう?金額が大きすぎて全然想像できない(笑)

ママミ
ママミ
確かに(笑)いざその時になってみないと想像できないね。

22歳までにかかる「教育費」は約750万円〜2,200万円!

次に、子育てにかかる費用の大半を占める「教育費」にスポットを当てます。
先述の通り、公立か私立かによって、教育費は大きく変わってきます。

結論から言うと、教育費には750万円〜2,200万円ほどかかると思っておきましょう!

ママミ
ママミ
ぐぅぅぅ・・

もちろん医学部など、お金のかかる大学を選択すればそれ以上の場合もありえるのですが・・・

それでは、段階的にどのぐらいの金額がかかるか見ていきましょう♪

【幼稚園~高等学校編】教育費

文部科学省が発表した「平成30年度子供の学習費調査の結果」で紹介されている表を基準に、2019年10月開始の「幼児教育、保育の無償化制度」を踏まえ、年間の平均金額を表にまとめました。

  学校教育費 学校給食費 学校外活動費
幼稚園 公立 無料 19,014 83,895
私立 1,378 30,880 165,658
小学校 公立 63,102 43,728 214,451
私立 904,164 47,638 646,889
中学校 公立 138,961 42,945 306,491
私立 1,071,438 3,731 331,264
高校 公立 280,487 176,893
私立 719,051 250,860

参考:文部科学省「平成30年度 子供の学習費調査の結果
※保育園の保育料は両親の収入により変動するため、ここでは省略します。
※私立幼稚園の「学校教育費」には、補助金額の上限(27,500円)を超える自己負担金額を記載しています。

パパ
パパ
私立の高校だと年間100万円近くかかるのか・・

この表をもとに、幼稚園〜高校までの【1年間、3年間/6年間の学習費】はそれぞれ総額でいくらかかるか見てみましょう♪

  1年間の学習費 3年間/6年間で
かかる総額
幼稚園 公立 102,919 318,727
私立 197,916 593,748
小学校 公立 321,281 1,927,686
私立 1,598,691 9,592,146
中学校 公立 488,397 1,465,191
私立 1,406,433 4,219,299
高校 公立 457,380 1,372,140
私立 969,911 2,909,733

幼稚園
公立と私立で学校外活動費に約2倍の差があります。
私立幼稚園=教育熱心な家庭が多く、塾や習い事に費用を多くかけていることがわかります。

小学校
学習費総額の年間平均が、私立は公立の約5倍で、6年間で約1000万円という結果になっています。

中学校
私立の学校教育費が公立の約8倍と、こちらも大きな差をつけています。
私立中学校は給食が出ないケースも多く、これに食費がプラスアルファでかかる場合があることにも注意が必要です。

高校
公立は、学習総額費は中学校と大差なく、3年間で約140万円前後です。
私立は、中学に比べて高校の方が費用が減っていることがわかります。
これは受験の影響などで、学校外活動費が減っているためと考えられます。

【大学編】教育費

パパ
パパ
ごめん、ちょっと胃が痛くなってきた・・
ママ、あとはお願い・・
ママミ
ママミ
何言ってるのパパ!
大学にかかるお金が一番重要なんだから!最後まで頑張りましょう!

現在日本の大学進学率は50%を超えているそうです。

大学にかかる金額についても、事前に把握しておくと計画をしっかり立てれますよね。

以下の表が、ざっくりとした大学進学にかかる費用です。
私立大学の金額は、文系、理系、その他学部の平均金額です。

  公立大学 私立大学
入学金 393,618 249,985
4年間の授業料 538,633×4=
2,154,532
904,146×4=
3,616,584
合計金額 2,548,150 3,866,569

参考:
文部科学省「国公私立大学の授業料等の推移」
文部科学省「私立大学等の平成30年度入学者に係る学生納付金等調査結果について」

公立大学の場合
公立大学の学費は、文系でも理系でもほとんど変わらず、4年間で約250万円かかっています。
医学部、歯学部などの場合は6年間かかるので、ここに授業料2年分が加算され、約350万円かかります。

国立大学の場合
グラフでは割愛しましたが、国立大学にかかる入学金と教育費をあわせると、4年間で242万円です。
公立大学よりわずかに少ない金額でイメージするとよさそうです♪

私立大学の場合

私立の場合、ピンキリですが平均をとると上記の金額になります。。
医学部だと、学校によって差はありますが、6年間で約2000〜4000万円の学費がかかってきます。

担当者
担当者
大学進学を選択する場合、受験費用がかかることも忘れてはいけません。
大学が遠方の場合、交通費、宿泊費なども必要になってくるため、受験費用平均は約30万円と言われています。
ママミ
ママミ
もし遠方の大学に通うことになった場合は、仕送りや家賃もいるわよね・・
どう?パパ?
パパ
パパ
息子のところに遊びに行くついでに、京都の嵐山とか行けたら最高だよね♪
ママミ
ママミ
・・・・ちゃんと考えてる?

【まとめ】幼稚園〜大学でかかる教育費

ママミ
ママミ
幼稚園から大学までにかかる教育費を、今一度表で並べてみましょう!

  公立 私立
幼稚園 318,727 593,748
小学校 1,927,686 9,592,146
中学校 1,465,191 4,219,299
高校 1,372,140 2,909,733
大学 2,548,150 3,866,569
総額 7,631,894 21,181,495

小学校から大学まですべて公立だと
 総額763万1894円

小学校から大学まで私立だと
 総額2118万1495円

という結果になりました!

ですが、実際の進学ケースでは、小・中学校は公立、高校・大学で私立のように、公立と私立が混在するケースが多いため、小学校から大学までの教育費は約750万円〜2,200万円程度になる、と考えておくとよさそうです。

【結論】22歳までにかかる子育て費用は約2300〜3700万円!

では最後に、「養育費」と「教育費」を合計して、必要な費用を計算してみましょう!

0歳から22歳までの子ども1人あたりにかかる子育て費用は

養育費
 1,600万円

 +
教育費
 750万円(全て公立に通った場合)

 または
 2,200万円(全て私立に通った場合)


 
約2,300万円〜約3,700万円

もし私立大学に進学し、医学部を選ぶ場合は平均3500万円ほどの教育費がかかるため、総額5000万円以上はかかると見込んだほうがよいでしょう。

ママミ
ママミ
大学の選択肢によって教育費がかなり大きく変わることがよ〜くわかりましたっ!
ママミ
ママミ
子ども3人、大変だけど、頑張ろうねパパ!
パパ
パパ
・・・・。でも頑張るしかない!!

子育て費用の不安を解消!少しでも負担を軽減する方法7つ!

ここまで子育てにかかる費用を見てきて

パパ
パパ
こんなに準備できない!

と不安になられた方も多いのではないでしょうか?

総額だけ見て考えると不安になりますが、しっかり対策をすれば、資金を準備することは不可能ではありません!

1. 助成金を貯蓄する

助成金には、「児童手当」や、出産時にもらえる「出産手当金」「出産育児一時金」などがあります。

ざっくりですが、児童手当を0歳から毎月貯蓄すると中学校卒業時には約200万円貯蓄できます!
子供毎に口座を作って将来のために貯蓄している家庭も多いのではないでしょうか?

ママミ
ママミ
これは何が何でも手を付けないようにしよう!

使ってしまいそうと不安であれば、
子ども用の口座を作ったときに、積立式の定期預金を申し込むのもおすすめです。
月額5,000円でも未就学児のときから貯めれば、18歳の頃には108万円も貯まります。

2. 学資保険の活用

学資保険は子どもの学費を準備するための、貯蓄型の保険です。

毎月契約した保険料を払い込み、子どもが一定の年齢になったとき、「祝い金」や「満期金」という名目で、まとまった額のお金を受け取れます

特約として、契約者である親に万が一のことがあった場合は払い込みが免除になります。
このときも、契約時の満額の保険金が支払われるため、子どもに進学を諦めさせることもありません。

3. つみたてNISAを利用する

資金準備する期間が10年以上ある、ある程度リスクを負う投資に抵抗がない方には「つみたてNISA」がおすすめです。

つみたてNISAは、金融機関に申し込めば、口座から毎月自動引き落としで選んだ金融商品を買い付けてくれる積立投資です。

通常、投資で得た利益は、受け取る際に20.315%の税金がかかります。
つみたてNISAは非課税のため、初心者でも始めやすくなっています♪

パパ
パパ
子育て費用で使わなかった場合でも、自分の老後の資金に使えるよね!
預金口座に寝かせている余剰資金と相談して始めよう♪

4.ジュニアNISAを活用する

NISA制度を利用してもなお、月々に回せる余剰資金にあるのであれば、ジュニアNISAはオススメです。

ジュニアNISAとは、2016年から始まった未成年を対象とした少額投資非課税制度のことです。
子ども一人あたり年間80万円の枠があり、先のつみたてNISAと同様非課税で運用できます。

ジュニアNISAは、2023年末で廃止が決定されました。

ただそれに伴い、これまでは高校3年生の12月末になるまで払い出し制限があったものが、2024年以降は払い出し制限がなくなるので、「使い勝手が良くなったのでは?」と注目を浴びています。

ママミ
ママミ
投資に回せる余裕があるなら、検討すべき制度の一つよね。
2021年からでも、80万円×3年=240万円を子供が成人するころまで非課税で運用できれば教育費の足しになると思います。

5.共働きで稼げるときに稼ぐ

子どもが小さい内は、保育園無料だったり、食費もそこまでかからないので「思ったよりもお金かからない」と安心しがち。

ママミ
ママミ
正直、夫もMRで割と安定してるし、なんとなく大丈夫かな?と私も思っていました。

でも、将来の教育費や、携帯代や塾代など細かい支出も冷静に考えてみると、いくらお金があっても足りない!!と不安になりました。

ママミ
ママミ
私もExcelにいざかかるであろう金額を書き出してみたら、ゾッとしました(笑)

「子供は可愛いし、専業主婦でいたいと思っていましたが」、そんな訳もあって今は薬剤師として働ける内は働こう!という考え方に変わりました。

薬剤師であれば時給が高いため、長時間働かなくても月10万円くらいは収入を得る事ができますよね。

例えば、時給2000円の場合だと、
『1日4時間、週3勤務』で月に約96000円、年間で約115万と扶養内での働き方も可能です。

子育てと育児をうまく両立しながら、子供に月々かかる費用分くらい賄えるような働き方ができたら最高ですよね♪

ママ薬剤師におすすめな薬剤師転職サイトBEST3MR時代に育休復帰し、産休に入る前とはがらっと変わった職場に全く馴染めず、肩身の狭さを感じた私は育休中にパート薬剤師への転職活動を始めま...

6.今よりも時給をUPさせる

パート薬剤師であれば、時給は一般的に高いと言われていますよね。
全国平均を見ると、パート薬剤師の時給は2300円と言われています。

ママミ
ママミ
少しでも時給の高い職場で働けたらいいですよね♪

もちろん、「勤続年数」「経験値」「資格」「勤務地」など高時給を狙うには必要な要素はたくさんありますが、100円でも200円でも高い時給で働けるように努力するに越したことはないはずです!

もし今の時給に満足していない場合は、転職して時給をあげることも一つの選択肢だと思います。

【インタビュー】転職経験3回!時給3700円×理想の職場で働くママ薬剤師の話 今回紹介するママ薬剤師は、『Hママ(仮名)』さんです。 子育てしやすい環境を追い求め、転職歴は過去3回。 同時に時給3700円と...

7.副業をする

コロナの少し前から副業ブームが起こっていましたよね?
やっている方はもっと前からやっていたでしょうか?

担当者
担当者
近年は大企業でも副業を解禁するところもどんどん出てきました。

コロナになって在宅でできる副業が増えてきた今、副業をしないのは絶対損だと思います。

在宅でできる副業

・クラウドワークス

・ブログ

・ハンドメイド

・せどり

それ以外にもたくさんあります。
月5万でも副業で稼げれば全然違いますよね。
副業は、少し時間のある育休中でもできますので、ぜひやってみましょう!

ママミ
ママミ
思い立ったら即行動あるのみです!

【番外編】お金の勉強におすすめの動画

子どもの教育費に対してどう考えたらよいか悩んでいる方、貯蓄方法についてもっと詳しく知りたい方には、こちらのYouTuberさんがおすすめです♪

お金の勉強について、とてもわかりやすく、一から解説してくれますよ!

ママミ
ママミ
私もいつもお世話になってます♪
学校では教えてくれないお金の勉強が無料でできるので、見ないと損です!

まとめ

おさらい

0歳から22歳までにかかる費用は、養育費と教育費をあわせて
 約2,300万円〜約3,700万円
 進学先が公立か私立か、選択する大学によって、必要な費用は大きく変わる!

子育て費用のための貯蓄、節約は今日から始められる!
 子どもが進みたい道に進めるように、早めに準備することが吉♪

いかがでしたか?

パパ
パパ
想像していたよりも子育てにはお金が必要だった・・・
ママミ
ママミ
子どもが小さいうちに知ることができてよかった!

と思われた方が多いのではないでしょうか?

子どもが豊かな人生を送るためには、親がしっかり「年齢ごとにどのぐらいの費用がかかるのか」を把握し、出費に備えることが重要です。

現在薬剤師を休職中の方や、この記事を読むまで将来のお金を心配していなかった方も、

『お金が足りているように見えても、意外とそうじゃない』

『老後の自分たちにかかる費用のことも考えると、現状のままでは安定していない』

ということがお分かりいただけたかと思います。

子どものためはもちろん、将来の自分たちのためにも、ぜひ持っているスキルを活かして薬剤師で活躍されてはいかがでしょうか?

『今』薬剤師転職エージェントを活用する3つの理由 ・今すぐ転職したい訳ではないんだけど・・ ・一度登録するとしつこく求人を勧められそう・・ ・転職をするタイミングで転職エ...

現役薬剤師
現役薬剤師
ママ業を大事にしたい今は、できれば短時間パートで働きたい!
でも、そんな求人あるのかな?
そんなママ薬剤師がチェックしたいパート求人へのサポートが充実しているおすすめ転職エージェントBEST3をご紹介します!
コロナ禍で求人が少なくなっている今だからこそ、転職エージェント選びはとても大切!
是非チェックしてみてくださいね☆

>>【ママ目線で15社比較!】ママ薬剤師におすすめしたい!薬剤師転職サイト比較ランキング