薬剤師のお仕事

【薬剤師で一番やりがいを感じる!】企業薬剤師のやりがい3選!

ママミ
ママミ
これまで、利用した薬剤師転職サイトは15社!
子供と過ごす時間を大切にしたいママ薬剤師に、良さそうな求人情報をひたすら調べています☆
>>ママミの詳しいプロフィールはコチラ

理想の働き方を求めるママ薬剤師へ
コロナの影響で処方箋枚数が減り、数年前と比べてパートや派遣の求人が圧倒的に少なくなっているそうです。

ママミ
ママミ
実際に私の住んでいる地域では、午前のみなどの短時間パートの新規求人は数か月に1件程度しか出てきません。
しかも、そのようなママにとって理想的なパート求人は人気で、出た瞬間になくなってしまう!
だからこそ、常に情報収集できるよう転職エージェントに登録しておくことが、コロナ禍の今の理想の職場探しには重要です。
転職エージェントでは、情報収集のみの利用ももちろんOK!
最近の求人の動向などを知ることでき、登録&利用も無料というのが何より嬉しいポイントです♪
>>理想の働き方を実現するために!『今』薬剤師転職エージェントを活用する理由

病院薬剤師
病院薬剤師
病院の薬剤師って、全然思ってたのと違うし、年収も高くない。

薬局薬剤師
薬局薬剤師
人間関係が狭くて苦しい。

せっかく6年も通って薬剤師の資格を取ったのに、
やりがいを感じないや頑張ったのにそれほど年収が高くないなどないでしょうか。
企業薬剤師は、薬剤師の中でも一番やりがいを感じて、年収も高いです!

ママミ
ママミ
私が就いていたMRもとても刺激があって、楽しかったです!

それでは、企業薬剤師の仕事内容からやりがいまで教えます!

企業薬剤師の仕事とは?どんなことをする?


企業薬剤師と一言にいっても就職先はさまざまです。

主な就職先

・製薬会社
・食品メーカー
・化粧品メーカー
・治験受託開発機関(CRO)
・医薬品卸会社   など

また、各企業においても職種は幅広く、企業薬剤師の可能性は広いです

就職先 主な職種
製薬会社 MR、研究、開発・治験、DIなど
食品、化粧品メーカー 研究、開発・治験など
CRO 治験業務
品質管理、卸業者 管理薬剤師

その為、各職種で求められる仕事内容やスキルは大きく違います。

職種 仕事内容 特に求められるスキル
MR職 医薬品の営業職 コミュケーション能力、運転免許など
研究職、開発職 医薬品創作 安全管理、英語能力など
CRA 治験業務 各種申請業務、コミュニケーション能力など
DI職
医薬品情報管理 英語能力、パソコンスキルな
ママミ
ママミ
薬剤師としての能力以外にもいろいろありますね!

治験業務やDI業務の英語の必要性などはこちらをご覧ください。

【ママこそチャンス?!】薬剤師にとって英語は必要?? 薬剤師に英語は必要ですか? 引用:yahoo知恵袋 就職活動中の方からの質問ですが、あなたも同じように思ったことはないでしょ...
【動かない病院薬剤師!?】DI業務って、どんな仕事?病院薬剤師のDI業務って、具体的にどんな仕事をしているか知っていますか? DI業務に興味がある!って方はぜひ読んでみて下さ...

企業薬剤師のやりがい3選!

企業薬剤師は、薬剤師の中でも一番やりがいを感じやすい就職先です。
そのやりがいは大きく分けて、こちらの3つとなります。

企業薬剤師のやりがい

1.年収が高い
2.営業や研究などのスキルが身に付く
3.新薬の開発に携わることができる

年収が高い

企業薬剤師の最大の魅力である年収においては、薬剤師だけでなく、年収が高いことです。
30代前半で1000万を超えることも少なくないです。

企業規模や経営状況により変動はしますが、
いずれにしても病院や調剤薬局より高い傾向にあります。

また、年収が高いだけでなく、福利厚生もしっかりしています。

企業での福利厚生の例

・家賃補助がほぼ満額出ることがある。
・連続休暇制度が利用できる。
・土日休みが多い     など

ママミ
ママミ
私も毎年旅行など行ったりしていました!

営業や研究などのスキルが身に付く

企業に勤める薬剤師は、スペシャリストとしての薬剤師か資格を持った一般社員、
というどちらかの扱いになります。
そのため、薬剤師以外の能力をも必要となることが多くあります。
表の「求められるスキル」は、身について、磨かれていくスキルでもあります。

また、他部署、協力企業との交流も多く、協力しながらスキルも身につきます。

職種 仕事内容 特に求められるスキル
MR職 医薬品の営業職 プレゼン能力、運転免許など
研究職、開発職 医薬品創作 安全管理、英語能力など
CRA 治験業務 各種申請業務、コミュニケーション能力など
DI職
医薬品情報管理 英語能力、パソコンスキルなど

営業職であるMR職は、足で稼ぐための運転能力や医師へ医薬品を説明するプレゼン能力

研究や開発をする職種では、実際の薬の安全性の管理や海外医薬品の情報を集める英語能力

CRA(臨床開発モニター)などの治験業務は、治験に際する申請や治験者との対話力

DI(医薬品情報管理)職は、文献を読み解く英語能力やそれらをまとめるパソコンスキル

ママミ
ママミ
ビジネスマンとしてのキャリアもしっかり積めそうですね!

新薬の開発に携わることができる

研究、開発に携わる場合、新薬をどのように開発するのか、
早期に承認を得るにはどのような戦略を組み立てるべきかを考えます。

大きなビジネスとして成り立ちにくい新薬でも、
潜在的なメディカルニーズが認められれば、
製薬会社の使命として開発を行うことができます。

このように苦労をしながらも使命を負って新薬の創作に携わることで、
承認が下りた時は人一倍喜びを覚えるでしょう。

ママミ
ママミ
新薬ができる瞬間に立ち会えるなんてカッコイイですね!

企業薬剤師以外がやりがいを感じない点

病院、調剤薬局、ドラッグストアなどにお勤めの皆さんは、
こんなことありませんか?

・人間関係がしんどい、苦しい
・待遇や評価に不満がある

担当者
担当者
このように感じる時は、企業薬剤師を検討してみてはどうでしょうか?

人間関係がしんどい、苦しい

調剤薬局やドラッグストアでは、少ない人数で対応していて、狭い人間関係となりやすく、
上司や同僚などと人間関係のトラブルになりやすい状況です。

また、パート勤務の多い薬局などでは、能力だけでなく意識のレベルの差もあり、
向上心の強い人にはストレスになりやすいです。

ママミ
ママミ
企業は精鋭たちが集まっているので、
意識も能力も高く、切磋琢磨します!

待遇や評価に不満がある

病院や調剤薬局などでは、調剤や服薬指導がメイン業務となるために評価されにくく、
また、評価する上司と一緒に働く機会が少ないなどにより年収が上がりにくいです。
パート勤務であれば、時給がほとんど変わらないなんてこともあります。

ですが、企業では他部署と同様に評価制度がしっかりとしており
評価をする上司も同じ部署で働いていることで「過程」も「結果」も見てくれるため、
年収の高さや福利厚生の良い待遇となっています。

ママミ
ママミ
過程まで見てくれるのは企業しかありません!

まとめ

企業薬剤師のやりがいについて、ご紹介してきました。

企業薬剤師のやりがい3選

1.年収が高い
2.営業や研究などのスキルが身に付く
3.新薬の開発に携わることができる

どれも他の薬剤師では経験ができないものであり、
ビジネスマンとしてもしっかりとキャリアを積むことができます。

また、MR職などは他企業の人とも交流があり、幅の広い交流ができます。

ママミ
ママミ
私のパパも他企業のMRだったので、素敵な出会いもありますよ!

現役薬剤師
現役薬剤師
ママ業を大事にしたい今は、できれば短時間パートで働きたい!
でも、そんな求人あるのかな?
そんなママ薬剤師がチェックしたいパート求人へのサポートが充実しているおすすめ転職エージェントBEST3をご紹介します!
コロナ禍で求人が少なくなっている今だからこそ、転職エージェント選びはとても大切!
是非チェックしてみてくださいね☆

>>【ママ目線で15社比較!】ママ薬剤師におすすめしたい!薬剤師転職サイト比較ランキング