その他

【確かな手ごたえ】ドラックストアでママ薬剤師さんがやりがいを見つけるその理由とは!

ママミ
ママミ
MRとして育休復帰後、子育てと仕事の両立がまったくできずパート薬剤師への転職を決意。

思い出しただけでも辛すぎて涙がでます……
初めまして!現役転職活動中のママミです。
詳しいプロフィールはコチラ

良い求人に出会うには情報収集が全て!

コロナの影響で薬剤師の求人は確実に減っています!

私の住む地域では、短時間パートや派遣薬剤師の新規求人はめったに出てきません。例え出てきたとしても、人気の求人はすぐ無くなる現状…

そこで重要なのが情報収集だと思っています!

転職エージェントであれば、自分の求める条件を伝えておくだけで、新規で求人が出てきた際や、市場で公開されていない求人を教えてくれます。

この状況さえ作れていれば、自分で求人サイトをポチポチする手間も省けて、普段時間のない人でも効率よく転職のための準備ができます

>> 今、転職エージェントを利用すべき3つの理由

薬剤師の職場の中で最も身近に感じられるのは?

ママミ
ママミ
やっぱりドラックストアですね♪

今や当たり前のように見かける“薬局”ですよね。
身近で入りやすくて、お薬の相談もしやすいイメージですよね?

でも、働く側からしたら?

パパ
パパ
お店は年中無休だし、なんだか忙しそうだな…

現役薬剤師
現役薬剤師
子育て中でも働きやすいイメージはあるけど、スキルアップや収入の面はどうなのかしら?

病院や調剤薬局に比べたらやりがいにかけそうに思えるかも…
でもドラックストアこそ、知識を活かせたりスキルアップもできちゃう、
ママ薬剤師の皆さんが活躍できるやりがいのある職場なのです!

この記事では、ドラックストアで働くことを考えているママ薬剤師さんが
決断できるような、ドラッグストアの薬剤師さんの魅力を紹介していきます

ドラッグストアのやりがい3つ(選べる・身につく・働きやすい)

ドラックストアの魅力はこの3点が大きな柱です

選べる

 勤務形態や勤務時間を選んで、
 自分に合った働き方を選べる

身につく

 病院や調剤薬局にはない仕事もあり、スキルアップが望める。
 患者さんやお客さんとの距離が近く、経験ややりがいにつながる。

働きやすい

 短時間で収入を得やすい
 福利厚生が利用しやすく、女性にも優しい職場が多い。

ドラックストアでの仕事 ~選べる~

勤務形態を選ぼう

ドラックストアで働く薬剤師さんは

◎派遣
◎パート・アルバイト
◎正社員
と 働き方を選択できます

まあこれは、どんな職場でも同じですよね。

そしてやはり当たり前ですが、大抵の場合、ドラックストアでは、それぞれの働き方をする薬剤師さんがそれぞれの時間をうまく組み合わせてシフトを組むことになります。

ママミ
ママミ
ママ薬剤師さんのほとんどが、パートや派遣で働くことを選択しています

現役薬剤師
現役薬剤師
もちろん、正社員としてフルタイムで働くことも可能です

ママ薬剤師さんの場合、ご家族の扶養に入っているという方も多いと思います
その場合、扶養内での勤務に注意することが必要です

勤務時間は?

一般的にドラックストアは、土日関係なく営業しているため
薬剤師も常時勤務することになります。

ママミ
ママミ
24時間営業のお店に併設している薬局は夜勤もする場合があります

また、人手不足という問題を抱える職場もあるので、残業をしなくてはならないこともあるのも事実です。

 

病院薬剤師などと比べると短時間勤務や残業も少なく、シフトの融通は利きやすいので やはりママ薬剤師には、ドラックストアでの仕事のほうが選びやすいといえるでしょう

どんな仕事をしているの? ~身につく~

ここまでは『なんだか ドラックストアで働くのは大変そう』
と思ってしまいますよね?

そんなことはないんです!

初めにも書いたように、ドラックストアの薬剤師には
ママ薬剤師さんにとって、魅力のある職場なのです。

ドラックストアならではの仕事

ドラックストアの薬剤師さんの仕事で、特に知識を身に着けることができるのは
【OTC医薬品】を取り扱っているということです。

いわゆる”一般医薬品”を販売するドラックストアの求人が近年非常に増えています。

担当者
担当者
ドラックストアには医者にかかるほどではないけど、とか 病気ではないのだけど、というお客様もいらっしゃいます。

ママミ
ママミ
サプリや健康食品、セルフメディケーションのために相談にいらっしゃる方も増えているのね

こういったカウンター業務は、主にパートや薬剤師が受け持つことが多いです。
小さなお子様を持つ親御さんや、ご高齢の方への対応は、女性の薬剤師さんも
大いに活躍できる仕事の一つだと思います。

また、一般医薬品を扱うことで、知識や経験も増え薬剤師としての
スキルアップにつながりますね。

 

調剤業務と在宅医療

正社員として働く場合で、ドラックストアの薬剤師は
在宅医療”を行うこともあります。

普段は併設薬局で調剤などの仕事をこなして、
必要に応じて老人ホームなどの施設や訪問介護者のお宅に
お薬を届けて指導を行う業務です。

現役薬剤師
現役薬剤師
地域密着の仕事はママ薬剤師さんの活躍の場でもありますよね

ママミ
ママミ
患者さんやお客様とのコミュニケーションは薬剤師としてのスキルや経験をを積むうえで大事な仕事の一つです

収入と福利厚生 ~働きやすい~

収入

薬剤師という仕事は、ほかの業界に比べて高収入な仕事に分類されると思います。
その中でも、ドラックストアなどの薬剤師は病院薬剤師に比べて
さらに高収入になることが多いです。

前述したように ママ薬剤師さんは扶養の壁に気を付けなければならないですね。
そのため、パートや派遣などの選択肢も含めて、短時間短期間での勤務で
家族との時間がとりやすい職場である、という利点につながりやすくなります。

福利厚生

派遣で働いているママ薬剤師さんは、『派遣会社の規定に準じ』』となりますが
ドラックストアでは、福利厚生が手厚くなっていることが多いです。

産休や育児休暇、有給などもほぼ100%取得することができます。
お店によっては育児中の時短勤務も希望できたり、社員補助が出るところもあるようです。
最近では生理休暇も設けているところも増えてきています。

ママミ
ママミ
安心して働ける職場はモチベーションも上がるわね♪

やりがいと確かな手ごたえをつかもう

ドラックストアは残業や土日勤務などお店の形態に合わせて勤務するので
子供が小さいと大変かも?と思われがちです。
実際、そういった問題もなくはないです。

しかし、福利厚生やシフトの調整をうまく利用して、短時間で高収入を得ることのできる
職場でもあります。

また地域密着で患者様ともしっかり向き合えたり
薬剤師としての知識や経験を活かせたり
キャリアを積める職場
であることに間違いないです。

手ごたえややりがいがつまったドラックストアでの仕事
一歩踏み出してみてはいかがでしょうか?

 

 

 

現役薬剤師
現役薬剤師
ママ業を大事にしたい今は、できれば短時間パートで働きたい!
でも、そんな求人あるのかな?
そんなママ薬剤師がチェックしたいパート求人へのサポートが充実しているおすすめ転職エージェントBEST3をご紹介します!
コロナ禍で求人が少なくなっている今だからこそ、転職エージェント選びはとても大切!
是非チェックしてみてくださいね☆

>>【ママ目線で15社比較!】ママ薬剤師におすすめしたい!薬剤師転職サイト比較ランキング