薬剤師お悩み

【ママこそチャンス?!】薬剤師にとって英語は必要??

ママミ
ママミ
これまで、利用した薬剤師転職サイトは15社!
子供と過ごす時間を大切にしたいママ薬剤師に、良さそうな求人情報をひたすら調べています☆
>>ママミの詳しいプロフィールはコチラ

理想の働き方を求めるママ薬剤師へ
コロナの影響で処方箋枚数が減り、数年前と比べてパートや派遣の求人が圧倒的に少なくなっているそうです。

ママミ
ママミ
実際に私の住んでいる地域では、午前のみなどの短時間パートの新規求人は数か月に1件程度しか出てきません。
しかも、そのようなママにとって理想的なパート求人は人気で、出た瞬間になくなってしまう!
だからこそ、常に情報収集できるよう転職エージェントに登録しておくことが、コロナ禍の今の理想の職場探しには重要です。
転職エージェントでは、情報収集のみの利用ももちろんOK!
最近の求人の動向などを知ることでき、登録&利用も無料というのが何より嬉しいポイントです♪
>>理想の働き方を実現するために!『今』薬剤師転職エージェントを活用する理由

薬剤師に英語は必要ですか?
引用:yahoo知恵袋

就職活動中の方からの質問ですが、あなたも同じように思ったことはないでしょうか?

コロナ禍になってから訪日外国人はほとんど見かけなくなってしまいましたが、
日本観光振興協会によると2019年は3,000万人以上の外国人の方が訪日されました。

世界がグローバル化する昨今、英語を共通言語とする要件が大きくなってきています。

ママミ
ママミ
一応、大学1、2年生の頃は英語が必須科目であったけど、それ以降英語に触れる機会がなかったな…

同じように思う方も多いと思います。

その中で、今、薬剤師にとって英語は必要なのでしょうか?
ママ薬剤師にとって英語が必要でしょうか?

先に結論から言ってしまうと、薬剤師に英語は必須とまでは言えません。

ですが、英語のできる薬剤師まだ数%しかおらず、活躍の場は広いです。
特にママ薬剤師にとっては、復職、転職を考えた時に、
大きなプラスアルファとなります。

この記事では、薬剤師が英語を話せることのメリットや、勉強法をまとめてみました!
是非、この機会に英語スキル習得に向けて一歩を踏み出し、チャンスを掴みませんか?

英語が必要な薬剤師の職場とは?

薬剤師が英語を必要とされる職場は、大きく分けて3つになります。

・空港や大都市のドラッグストアや調剤薬局
・製薬会社
・CRO(受託臨床試験実施機関)

空港や大都市のドラッグストアや調剤薬局

ドラッグストアの利用は医薬品類だけでなく、
日本の化粧品や健康食品などの人気は高いです。

空港や空港周辺のドラッグストアでは、
観光客である外国人が利用する機会が多く、
また、東京や京都など外国人の観光客も多い大都市も英語の必要性が高いです。

大使館や米軍基地などの周辺では日常的に利用することから、
日常会話から医薬品の説明が簡単に説明できる程度に必要です。

街中の薬局では、日常会話が大事!

製薬会社

医薬品の開発は、欧米の方がはるかに進んでいるため、
研究職やDI職では、最新情報を得るために英語が必須となります。

特に本社を欧米に置く会社では、英語のやり取りが必須となり、
一般社員でもビジネス英語が必要となります。
また薬事申請業務では、治験の報告書やインタビューフォームなどを書くことから、
メディカルライティングと呼ばれる専門用語を英語で読み書きすることが求められます。

しかし、日本国内で営業を行うMR職は確実に必要とはいえないでしょう。
MR職には基本的に日本語に訳された状態で説明書も用意されるため、必要性は高くないです。

研究職やDI職では専門的な英語が必要!
MR職であれば、英語の必要性は高くない!

CRO(受託臨床試験実施機関)

医薬品の開発は製薬会社1社ではできないことも多いため、
製薬会社の治験業務を支援する機関である、
CRO(受託臨床試験実施機関)という機関があります。

ここでは治験における計画書の作成から薬事申請業務、新薬の市販後の調査まで
さまざまな業務を専門的に分析、報告書にまとめるため、
非常に専門的な英語が必要です。

また、国際共同治験といった複数の国による治験を同時に行うため、
高度な英語でのコミュニケーションも必要とされます。

CROでは、専門的で、高度な英語が必要!

ママ薬剤師にとって英語を勉強するメリット

ママミ
ママミ
やっぱり、英語は無理だよ~

エージェント
エージェント
そんなことありません!ママ薬剤師こそチャンスです!

英語が必要とされる職場は難しく感じてしまいそうですが、
メリットを知ることで、英語の必要性が見えてきます。

年収アップにつながる

製薬会社や特定地域の薬局などは英語の需要は高いため、
他の差をつけやすく、転職できれば年収アップにつながりやすいです。
(参考記事:大学病院薬剤師の給料は安い?月収や年収について調査してみた結果|ママ薬剤師のための転職情報サイト (yakuzaishi-mama.com)

ただし、注意が必要で、正社員であれば、資格手当程度。
アルバイトであれば、時給数百円程度が限界で、
英語だけで大幅に年収アップとなるには難しいでしょう。

転職活動に有利

英語、英会話が得意であることは、他と比べて優位性があり、
転職活動においてもアピールしやすい一つとなります!

転職における優位性

・努力ができる証拠になる。
・同じ能力の人と候補になったとき、採用されやすくなる。

仕事の幅が広がる

英会話ができれば、より多くの人とコミュニケーションが取れることになります。
それにより仕事の幅も広がり、人生も豊かになります。

・英語で服薬指導ができる。
・アクセスできる情報量が増える。

・英語で服薬指導ができる。

まだまだ英語ができる薬剤師は多くないため、少しでもできれば、重宝され、
「英会話対応は、あなたに任せよう。」と、
ポジションとしても確立されるでしょう。

ママミ
ママミ
いつ来るかわからないドラッグストアでは特に重宝されますよ!

・アクセスできる情報量が増える。

最新医療は欧米であるため、どうしても英語による情報量が多く、
インターネット上の50%以上が英語の情報といわれるほどです。

新薬の情報や薬種情報は、英語による情報が一番です。

ママミ
ママミ
除法を仕入れられるだけでも、他のと差別化になりますよ!

ママ薬剤師の英語勉強法

産休や育休により長期的に時間の有効活用ができる今だからこそ、
その後の転職や復帰を目指して、今から勉強することをオススメします。

アプリの活用

妊婦や乳幼児を抱えるママにとって、体調の変化があり、
時間の有効活用のしやすいアプリがオススメです。
生活に合わせたアプリを活用してください。

ママミ
ママミ
自分のペースでできるのでよかったです!

総合英語アプリ Duolingo
英文法アプリ LearnEnglish英文法
英単語アプリ mikan
英字ニュースアプリ TED

オンライン英会話

コロナ禍により急速的にオンライン上での学習も広がり、
家にいながら、実際に他国の人と話せるオンライン英会話もオススメです。

小さな子供を抱えるママだと早朝しか時間がない人でも、
時差を利用して、受講することも可能なため、便利です。

ママミ
ママミ
私も早朝にしか時間が取れないので、助かりました!

メジャースクール DMM英会話
医療特化コース mytutorオンライン英会話スクール
医学英語塾 医学英語アカデミー
接客特化型 ECC英会話

最低限の英語だけを覚える

英語と構えてしまうと難しく考えてしまいますが、
簡単な英単語、英語表現を覚えるだけで会話ができます。

また、日本語で説明するときと同じ言葉を英語として覚えればいいため、
限定的な範囲で学習することもオススメします。

ママミ
ママミ
覚えておくだけでも全然違いますよ!

受付時の質問 May I help you?「どうされましたか」
症状を質問 You have fever or pain?「熱ですか?痛みですか?」
服薬指導(回数) Take a medicine twice a day「1日2回服用してください」
服薬指導(タイミング) Take after meal「食後の服用」

afterをbeforeに、feverやpainをstomachache(胃痛)やheadache(頭痛)に、
twice a dayをThree times a day(1日3回)に変えるだけで応用が簡単にできます。

まとめ

産休中や育休中だと慣れないことも多く、体調も安定しないため、
自分のペースでやることが大事ですが、
英語ができる薬剤師の需要は確実に高くなっています。

ゲームアプリなどを入口に、他の人と差別化を図り、
転職や復職につながるよう頑張りましょう!!

現役薬剤師
現役薬剤師
ママ業を大事にしたい今は、できれば短時間パートで働きたい!
でも、そんな求人あるのかな?
そんなママ薬剤師がチェックしたいパート求人へのサポートが充実しているおすすめ転職エージェントBEST3をご紹介します!
コロナ禍で求人が少なくなっている今だからこそ、転職エージェント選びはとても大切!
是非チェックしてみてくださいね☆

>>【ママ目線で15社比較!】ママ薬剤師におすすめしたい!薬剤師転職サイト比較ランキング