薬剤師お悩み

在宅薬剤師の仕事は大変でやりたくない…だからこそ知ってほしい在宅の真実とは?

ママミ
ママミ
これまで、利用した薬剤師転職サイトは15社!
子供と過ごす時間を大切にしたいママ薬剤師に、良さそうな求人情報をひたすら調べています☆
>>ママミの詳しいプロフィールはコチラ

理想の働き方を求めるママ薬剤師へ
コロナの影響で処方箋枚数が減り、数年前と比べてパートや派遣の求人が圧倒的に少なくなっているそうです。

ママミ
ママミ
実際に私の住んでいる地域では、午前のみなどの短時間パートの新規求人は数か月に1件程度しか出てきません。
しかも、そのようなママにとって理想的なパート求人は人気で、出た瞬間になくなってしまう!
だからこそ、常に情報収集できるよう転職エージェントに登録しておくことが、コロナ禍の今の理想の職場探しには重要です。
転職エージェントでは、情報収集のみの利用ももちろんOK!
最近の求人の動向などを知ることでき、登録&利用も無料というのが何より嬉しいポイントです♪
>>理想の働き方を実現するために!『今』薬剤師転職エージェントを活用する理由

ママミ
ママミ
最近は薬剤師も在宅訪問の仕事が増えてきているわね。

現役薬剤師
現役薬剤師
在宅は嫌がる人も多いわね。私の知り合いもやりたくないって言ってるわ。

ママミ
ママミ
でも、これからの時代、在宅薬剤師の仕事は必要不可欠になると思うの。

薬剤師の仕事は、病院や店舗での調剤や服薬指導以外にも様々なものがあり、近年では在宅薬剤師の仕事が増えてきています。

結論からお伝えすると、在宅医療に携わる薬剤師は今後さらに必要とされており、多くの薬局が在宅医療の分野へも事業の展開を進めているところです。

よって、現在、薬局で調剤などの業務を行っている薬剤師も、今後在宅訪問の仕事を任される可能性があります。

本記事では在宅薬剤師の仕事内容、やりたくないと言われる理由、やりがいについて解説していきます。

 

薬剤師の在宅の仕事とは?

薬剤師の仕事で「在宅」と呼ばれているのは、正式には「在宅訪問薬剤管理指導」「居宅療養管理指導」といいます。

在宅医療や在宅介護を受けている患者の自宅にて、薬の処方や管理をする仕事です。

高齢者の自宅や介護施設を訪問し、薬の飲み忘れがないか、身の回りの整理や体調管理ができているかなどをチェックします。

在宅薬剤師の仕事内容

薬剤師の在宅訪問の仕事内容としては、以下のようなものがあります。

処方薬の調剤

服薬指導・服薬支援

服薬状況・管理状況の確認

体調管理チェック

在宅担当医への処方提案

担当の介護士などとの連携

このように、在宅薬剤師の仕事は、薬の処方以外にも幅広く、医療従事者として患者さん一人ひとりの治療や介護に向き合う仕事です。

医師や介護士との連携も多く、チームで医療に携われる点も魅力的です。

なお、薬剤師の在宅訪問には大きく分けると2種類あり、個人宅への訪問と、高齢者施設への訪問があります。

個人宅への訪問

自宅で治療を受けている患者さんに対して、薬の処方や服薬指導、状況確認を行い、担当の医師やケアマネージャーへの情報共有を行います。

終末期の医療に携わることも多く、患者さんやご家族の想いを大切にしながら進めていくため、責任の重い仕事になることもあります。

しかし、数ある薬剤師の仕事の中でも、ここまで患者さんとしっかりと向き合える仕事はないといっても過言ではありません。

高齢者施設への訪問

高齢者施設へ薬の配達や残薬管理などを行う仕事です。

主に処方医との同行で施設へ訪問し、医師とともに患者さんの状況確認や施設職員へのアドバイスなどを行います。

薬剤師としては、カンファレンス(=会議、打ち合わせ)へ参加し、医師や介護士などと意見交換のうえ、今後の患者さんへの処方について提案します。

個人宅への訪問よりも、さらにチーム医療の側面が強い仕事です。

 

在宅薬剤師の現状と今後

今後も進みゆく高齢化社会において、在宅で治療や介護を受けられる在宅医療が推進されているので、今後も在宅医療の需要は続くと言われています。

厚生労働省からも2012年に在宅医療を推進する方針が出ています。

できる限り、住み慣れた地域で必要な医療・介護サービスを受けつつ、安心して自分らしい生活を実現できる社会を目指す

※参考:在宅医療・介護の推進について ― 厚生労働省 在宅医療・介護推進プロジェクトチーム(https://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/iryou/zaitaku/dl/zaitakuiryou_all.pdf

診療報酬・介護報酬の改定が行われたことにより、在宅訪問の事業を始める医療関係の事業者も増えており、今後ますます在宅医療にかかわる薬剤師が必要とされています。

在宅医療に携わるメリット

上記のような政府からの後押しもあり、今後、在宅で治療や介護を受けることがさらに一般的になっていくでしょう。

これから先、薬剤師が在宅訪問の仕事を避けるのは難しくなると言われています。

よって、在宅薬剤師としての経験を今のうちから積んでおくことで、今後の薬剤師に必要なスキルを早くから習得することが可能です。

薬剤師としてキャリアアップしていきたい方や、転職を検討している場合は、在宅訪問の経験を通して自身の市場価値を高めることができます。

ママミ
ママミ
在宅訪問の経験があると、転職にも活かせるのね!

 

在宅薬剤師のやりがい

ママミ
ママミ
在宅薬剤師のやりがいって、何なのかしら。

在宅薬剤師の仕事のやりがいにはどのようなものがあるのでしょうか。

患者さん一人ひとりと向き合える

薬局での調剤業務と違って、在宅の場合は自分の担当エリア、担当患者を持つケースもあります。

そのため、一人ひとりの患者さんとかかわる時間が長く患者さんと密なコミュニケーションを取れる仕事です。

淡々と目の前の仕事をこなすのではなく、患者さん本人に寄り添った医療を行えます。

チーム医療に携われる

在宅訪問の仕事の場合、薬の処方に加えて患者さんの体調チェックなどの業務もあるため、患者さんの治療や医療に携わっているという意識を強く持てる仕事です。

訪問時に異変があった場合は、担当の医師やケアマネージャーに状況を共有することとなっており、まさにチーム医療といえます。

医療従事者として知見を広げたいチームで患者さんの治療に向き合いたい人に向いています。

今後必要な在宅医療のスキルを身につけられる

今後の日本において在宅医療が普及していくことは間違いありません。

在宅訪問薬剤師の経験があることは、薬剤師としてのキャリアを歩むうえでプラスになります。

在宅薬剤師を経験することで、患者さんへの服薬状況や残薬を確認するためのヒアリング能力が身につきます。

また、本人の顔色や家の中の様子から状況を察知することで、医療従事者として求められる対応力や管理能力を磨けるでしょう。

 

在宅薬剤師をやりたくない理由

現役薬剤師
現役薬剤師
在宅薬剤師の仕事についてよくわかったわ。

ママミ
ママミ
具体的にどんなところが嫌がられているのかしら?

在宅の仕事をやりたくないと言われる理由には、次のようなものがあります。

患者さんの自宅訪問に抵抗がある

在宅訪問の仕事において、訪問先は患者さんの自宅や介護施設となります。

特に、個人宅への訪問に苦手意識のある薬剤師が多いようです。

個人宅で治療を受けている患者さんの中には、認知症で身の回りの整理整頓ができていない場合もあり、自宅の掃除や片付けが必要なこともあるでしょう。

また、個人宅への訪問の場合は、医師に同行する施設訪問と異なり、薬剤師が一人で伺うことも多く、心細く不安であることも挙げられます。

患者さんとのコミュニケーションが難しい

在宅薬剤師の仕事は服薬指導や患者さんの体調確認が中心となりますが、自分の指示を一度で理解してもらえない場合も多々あります。

高齢者や認知症の方を相手にする場合、患者さんとのやりとりにおいてトラブルが起こる可能性も0ではありません。

患者さんとのコミュニケーションが得意でない方は、一人ひとりと向き合う時間の長い在宅訪問の仕事をやりたくない、と感じるでしょう。

患者さんの死に直面することもある

個人宅への訪問の場合、終末期を自宅で過ごしたいという患者さんを相手にします。

よって、自分が担当している患者さんの死に直面することもあります

医師や看護師であれば別ですが、薬剤師をしていて人の死に立ち会う経験はあまり多くありません。

仲良くなった患者さんが亡くなると精神的なダメージが大きく、心苦しいでしょう。

現役薬剤師
現役薬剤師
在宅を嫌がる人が多い理由がなんとなくわかったわ。

 

在宅薬剤師の仕事を避けたい場合は?

現役薬剤師
現役薬剤師
在宅の仕事の魅力はわかったけど、今のところは違う仕事をやりたいわ。

ママミ
ママミ
在宅訪問の仕事がない職場を選ぶことはできるのかしら。

在宅薬剤師をやりたくない方は、調剤薬局への就職・転職は避けた方がいいでしょう。

理由としては、調剤薬局はニーズのある在宅医療の事業領域を拡大中だからです。

在宅訪問の仕事を避けたい場合は、そもそも在宅医療の事業を行っていない製薬会社やドラッグストア勤務などをおすすめいたします。

ママミ
ママミ
いずれは、調剤薬局以外でも在宅の仕事があるかもしれないわね。

 

まとめ

在宅薬剤師の仕事とは、患者さんの自宅や高齢者施設に訪問し、薬の処方などを行う仕事で、在宅医療は今後も需要が見込める分野です。

そのため、薬剤師の仕事としても在宅訪問は増えていくでしょう。

在宅の仕事をやりたくない理由としては、個人宅への訪問に抵抗がある場合や、患者さん一人ひとりと向き合うことに苦手意識があることなどが挙げられます。

これからの時代、在宅薬剤師の仕事を完全に避けて仕事することは難しいかもしれません。

しかし、今後もニーズのある在宅医療のスキルを身につけておくことで、自身のキャリアアップや転職にも有利になります

ママミ
ママミ
在宅薬剤師の仕事にも興味が沸いてきたわ!

現役薬剤師
現役薬剤師
いずれは挑戦してみようかしら!

現役薬剤師
現役薬剤師
ママ業を大事にしたい今は、できれば短時間パートで働きたい!
でも、そんな求人あるのかな?
そんなママ薬剤師がチェックしたいパート求人へのサポートが充実しているおすすめ転職エージェントBEST3をご紹介します!
コロナ禍で求人が少なくなっている今だからこそ、転職エージェント選びはとても大切!
是非チェックしてみてくださいね☆

>>【ママ目線で15社比較!】ママ薬剤師におすすめしたい!薬剤師転職サイト比較ランキング