病院薬剤師

【病院で働きたいママ薬剤師さんへ】あなたを救う福利厚生!

ママミ
ママミ
これまで、利用した薬剤師転職サイトは15社!
子供と過ごす時間を大切にしたいママ薬剤師に、良さそうな求人情報をひたすら調べています☆
>>ママミの詳しいプロフィールはコチラ

理想の働き方を求めるママ薬剤師へ
コロナの影響で処方箋枚数が減り、数年前と比べてパートや派遣の求人が圧倒的に少なくなっているそうです。

ママミ
ママミ
実際に私の住んでいる地域では、午前のみなどの短時間パートの新規求人は数か月に1件程度しか出てきません。
しかも、そのようなママにとって理想的なパート求人は人気で、出た瞬間になくなってしまう!
だからこそ、常に情報収集できるよう転職エージェントに登録しておくことが、コロナ禍の今の理想の職場探しには重要です。
転職エージェントでは、情報収集のみの利用ももちろんOK!
最近の求人の動向などを知ることでき、登録&利用も無料というのが何より嬉しいポイントです♪
>>理想の働き方を実現するために!『今』薬剤師転職エージェントを活用する理由

現役薬剤師
現役薬剤師
せっかく薬剤師として医療に携われるなら、やりがいを感じたい。
キャリアアップも目指したい。でも子供がいたら病院勤務は無理かな…。

本当にそうでしょうか?

「家庭を優先したい」という言葉によって、あきらめていることはありませんか?

本記事は病院勤務を希望するママ薬剤師の為になる福利厚生を考察します。

結論、病院によっては福利厚生が手厚くむしろママ薬剤師にピッタリな職場もあります

 

女性が求める勤務環境って?

こんなデータがあります。

現役の女性医師に「仕事を続ける上で必要と思われる制度や仕組みは何か」とアンケートをとったところ、64.8%の女性医師が「託児所・保育園などの整備・拡充」を挙げているようです。(※日本医師会「女性医師の勤務環境の現況に関する調査報告書」より)

また、病児保育(61.5%)、保育施設やベビーシッターの斡旋(38.6%)、保育施設利用の際の保育料の助成(29.2%)など、保育関連に関する希望が多いことがわかっています。

現役薬剤師
現役薬剤師
子育てをしながら働きたい。現場でもこの声が一番なんですね!

 

民間病院の福利厚生はあまり充実していない?!

国立病院となると一般的な大企業並みに福利厚生があるようです。

例えば、年収に直結する住宅費用に関する費用補助。病院近くの寮を格安で利用できるなど魅力的なものが多いようです。

また休暇制度についても、一般的なものよりも長期にわたる内容である場合もあります。

現役薬剤師
現役薬剤師
でも、国立病院ってちょっとハードルが高いですよね。。

一方で民間病院に関しては、あまり充実した福利厚生とは言えないようです。

夜勤手当や通勤手当など一般的なものはありますが、民間企業よりも出遅れている感は否めません。ここで見直したいのは、

現役薬剤師
現役薬剤師
ママ薬剤師の悩みって家庭との両立、特に育児との両立ですよね?

そう、自分が働いている間子供をどうするか。

これが重要ですよね。

ママミ
ママミ
働くママ薬剤師を救う福利厚生がこれです!

ただいま急増中!院内託児所


こんな声を受けて福利厚生のひとつとして院内託児所の使用を進める病院が増えています。

現役薬剤師
現役薬剤師
託児所がある病院ってどのくらいあるの?

(引用元:総務省HP)

上記の表より、託児所は近年増加していることがわかります。

理由はずばり補助金です。

きっかけは2007年に政府が取りまとめた「緊急医師確保対策」。

女性医師支援も視野に入れたものになり、病院内保育所運営事業の予算が引き上げ。(2007年13億3300万円から2008年15億8700万円

医療機関に新しい病院内保育所を設置するために工事費等の補助を受けることになりました。

伴い病院総数約8,400のうち約3,700か所、約45%が病院内保育所が設置されました。

中でも400床以上の大規模病院は8~9割が設置となっています。

院内託児所の待機児童は?

現役薬剤師
現役薬剤師
でも結局、待機児童は多いのでは?

(引用元:総務省HP)

結論、意外と大丈夫。

むしろ一般の保育園の平均充足率約95%(厚生労働省HPより)を考えると院内託児所の方が実は預けやすいのかもしれません。

実際待機児童が多い一般の保育園の状況を鑑み、院内託児所を地域に解放するというような動きもあるくらいです。

※平均充足率とは…利用児童数÷定員のこと。高いほど待機数が多い可能性がある。

まだあります!院内託児所のメリット

ママミ
ママミ
院内託児所にはこんなメリットもあります!

・院内託児所だと子供が熱を出すなど風邪をひいても預けることができる
・24時間夜間対応可能なところもある

また、こんな声も現場から挙がっています。

(引用元:総務省HP)

ママミ
ママミ
今後ますます院内託児所は増えていくかもしれませんね!

働くママを支える国の制度


ここからは、ちょっと福利厚生からはずれますが、知っておくべき子育てに関する国の制度です。

育児休業給付金とは…1歳未満の子供がいる場合に職場に申請が可能な休暇を育児休暇と言います。期間は子供が1歳の誕生日を迎えるまで。但し、無給の場合が多い為、国から支給されるお金を育児休業給付金と言います。金額は、育休開始日から180日目までは月給の67%、181日目以降は50%となります。

出産手当金とは…会社員や公務員として勤務していた人が、勤務先の健康保険から受け取るお金です。出産で休職すると収入が減ってしまうため、出産後の生活に不安を抱く女性は多いもの。出産手当金は、出産後の生活を助けるために支給されます。支給額は1日につき標準報酬日額の2/3が支払われます。

出産育児一時金とは…出産育児一時金は、被保険者及びその被扶養者が出産された時に協会けんぽヘ申請すると1児につき42万円が支給されます。

現役ママ薬剤師より。こんな声もあります!


Yahoo知恵袋より抜粋です。

毎日育児おつかれさまです。私も育休中の病院薬剤師です。育休明けたら復帰します。私の職場の場合だと、

院内に託児所がある (月2万円くらい)
有休がガンガン使える
スタッフが多いので急に休んでも通常業務はまわる
④病床数が500床を超えるため従業員が多くパートでも週20時間勤務で社会保障がつく
⑤薬局長はじめ、絶賛子育て中の薬剤師が多くいるため理解がある
⑥福利厚生が整っており、子の看護休暇などがある
⑦家から徒歩で行ける距離

という職場環境のため、特に問題なく復帰します。時短勤務も6時間or7時間と選べるため、徐々に6時間→7時間→フルタイムと慣らしていけたらなと思います。けっこう恵まれた環境だと思います。ただ、給料は安いですw が、今は給料より、家族の生活の質、自分のメンタル・モチベーションの質が優先なので、最低限稼げたらいいかなというところです。

ママミ
ママミ
病院勤務とは言っても十分に働ける環境ですね

ママ薬剤師におすすめ!病院の特徴とは?

現役薬剤師
現役薬剤師
制度があったとしても利用しにくい。。そんな環境もきっとあるよね?

どういう職場がママ薬剤師にとって働きやすいのでしょうか。

子育てに理解を得られやすい職場の特徴は 

  • 規模が大きくスタッフの潤沢にいる病院。病床200床に対して、薬剤師5名が基準。
  • 女性の割合が多い。

    の二点です。

まずは慢性期病院を目指すのはいかがでしょうか。急性期病院よりも比較的落ち着いて仕事をすることができ、9〜17時勤務といったワークライフバランスを取った仕事が可能です。

こんなキャリアプラン、いかがですか?

最初は割り切ってパートから始めるというのも手かもしれません。

例えば、

【出産後~小学生】
自宅から近い中小・個人薬局でのパート

やはりパートは正社員に比べて働きやすい環境と言えるでしょう。また、大手薬局では正社員採用を優先するので、パート求人が出にくいという点もあります。

正社員の時短勤務という働き方もありますが、小学生になると

①学童が時間も短くなる
②平日の行事が多い
③夏休みなど長期の休みがある

という点を鑑みると、パートという働き方の方が自由度がきくと言えます。

【中学生~】
病院勤務・正社員

子どもが中学生になれば、何かと手が離れますよね。部活や友人との付き合いなど帰宅も遅くなります。留守番も1人でできることも増えるので、負担はだいぶ小さくなりますよね。

高校や大学の学費を貯めるならこのタイミングをおすすめします。

ママミ
ママミ
自分の環境によって長期的なプランで病院勤務を目指すのもいいかもしれませんね。

まとめ


いかがでしたでしょうか?病院勤務、少しは希望が見えてきましたか?

他にも魅力的な福利厚生がある病院はたくさんあります。年収に惑わされず、自分に合った福利厚生をぜひ探してみてください。

働きたいという気持ちと家庭を大切にしたいという気持ちは別ではありません。

家庭を大切にしたいのであれば、働きたいという意欲を捨てないこと。
働きたいのであれば、家族に支えてもらうこと。

そんな相互関係が大切であり、決してあなた一人で抱える問題ではないはずです。

福利厚生は明るく前向きなあなたであればこそ立派な助舟となることを忘れないでください。

現役薬剤師
現役薬剤師
ママ業を大事にしたい今は、できれば短時間パートで働きたい!
でも、そんな求人あるのかな?
そんなママ薬剤師がチェックしたいパート求人へのサポートが充実しているおすすめ転職エージェントBEST3をご紹介します!
コロナ禍で求人が少なくなっている今だからこそ、転職エージェント選びはとても大切!
是非チェックしてみてくださいね☆

>>【ママ目線で15社比較!】ママ薬剤師におすすめしたい!薬剤師転職サイト比較ランキング