派遣薬剤師

【ママ薬剤師のねらい目!】派遣薬剤師はドラックストアの即戦力!!

ママミ
ママミ
これまで、利用した薬剤師転職サイトは15社!
子供と過ごす時間を大切にしたいママ薬剤師に、良さそうな求人情報をひたすら調べています☆
>>ママミの詳しいプロフィールはコチラ

理想の働き方を求めるママ薬剤師へ
コロナの影響で処方箋枚数が減り、数年前と比べてパートや派遣の求人が圧倒的に少なくなっているそうです。

ママミ
ママミ
実際に私の住んでいる地域では、午前のみなどの短時間パートの新規求人は数か月に1件程度しか出てきません。
しかも、そのようなママにとって理想的なパート求人は人気で、出た瞬間になくなってしまう!
だからこそ、常に情報収集できるよう転職エージェントに登録しておくことが、コロナ禍の今の理想の職場探しには重要です。
転職エージェントでは、情報収集のみの利用ももちろんOK!
最近の求人の動向などを知ることでき、登録&利用も無料というのが何より嬉しいポイントです♪
>>理想の働き方を実現するために!『今』薬剤師転職エージェントを活用する理由

ママミ
ママミ
派遣薬剤師と言ったらやっぱり病院や調剤薬局での勤務が多いのかしら?

現役薬剤師
現役薬剤師
確かにそうね。でも病院は残業も多そうだし、チーム医療の中で派遣が働くのは、大変なことも多そうよね

そう、派遣といえば病院や、調剤薬局で働くイメージが強いですよね。
でもちょっと待った!!

全体数自体はまだまだ少ないものの、
最近は、派遣の募集をするドラックストアが増えているのです!

ドラックストアは薬剤師の中でも高収入ですが、
特に派遣はパートで働くより、時給は高いです。
さらに、雑務や一般医薬品の知識があれば
即戦力として需要はさらに高まります。

ドラックストアのような身近な”薬局”で
派遣薬剤師として働きたい!というママ薬剤師さんと
その実態を見ていきましょう♪

ドラックストアでの派遣の求人事情

残念ながら、今のところ派遣での求人は、少ないのが現状です。

なぜドラックストアで派遣の求人が少ないのか?

それは、以下のような理由があるからです。

ドラックストアの派遣求人が少ない理由

★薬剤師そのものの数が少なくてよい
★同じ短時間勤務ならパートのほうが雇いやすい
★売り上げを考えると、派遣よりパートのほうが時給が安い

当然といえば当然の理由ですよね(;^_^A

今、ドラックストアの成長期!

経済産業省の商業動態統計によると2020年ドラックストアの店舗数は
前年比でおよそ3.5%増となっているそうです。
ここ10年でも店舗数は3割増しになっています。

そうした中ですが、ドラックストの薬剤師は慢性的に人手不足という店舗が
多いのが事実です。

やはり、経験やスキルアップを目指すなら、薬剤師としては病院や調剤薬局のほうが
期待できるし、安定して働けるというイメージも大きいようです。

そこで、多くのチェーン店を持つドラックストアは、
正社員だけでなく、確実に薬剤師をマッチングしてくれる
派遣薬剤師と契約を結ぶところが、増えてきました。

派遣会社から派遣される薬剤師は経験がある人材が多いから
短期間勤務でも即戦力になります

ママミ
ママミ
系列のドラックストアで契約していれば、雑務などもこなせて
ゼロからの指導なんてことも必要ないしね

決まった時間、決まった期間で働いてもらうには、やはり『即戦力
これ、大事ですよね。

現役薬剤師
現役薬剤師
派遣会社の産休や育休を利用すれば、経験を活かせる職場にすぐに復帰できるのはうれしいわね

もっと知りたい、メリット・デメリット

派遣薬剤師って?

ママミ
ママミ
パート薬剤師と違って、忙しかったり難しい仕事しなければいけないの?

そんなことはありません!
基本的に仕事内容はほとんど変わりません。

では“何が違うのか?”というと

雇い主が違う

というのが最大のポイントです。

パート薬剤師は、雇用主が勤務する薬局なので
勤務する薬局の規約に従って働くのに対して
派遣薬剤師は、契約している派遣会社の規定で
働くことになります。

つまり…
★勤務地が変わっても福利厚生や収入が左右されることがない
★働いている薬局で雇用の期間が終わっても 次の薬局を紹介してもらえる

つまり 安定して働ける ということです。

ママミ
ママミ
収入や雇用条件の心配をしなくていいのはママ薬剤師にはうれしいわね

派遣薬剤師のドラックストアでの仕事

仕事内容は…

併設薬局での仕事
  ・調薬・投薬など
  ・OTC医薬品の販売
  ・カウンターでの相談・対応

ドラックストアの仕事
  ・レジ打ちのお手伝い
  ・品だしのお手伝い
  ・その他雑務など 

 主にこんな感じです。

ママミ
ママミ
患者様としっかり向き合えるし薬剤師としての経験も生かせる仕事ね

この他にも、派遣で働く場合には
 ★人間関係に煩わされることがない
 ★時間外勤務は比較的少なめ
 ★様々な職場が体験できる
といったメリットもあります

 

!ここに注意!

ドラックストアで派遣薬剤師をするのは、やはりメリットばかりではありません。
例えばこんなデメリットもあります。

スキルアップが望めない

 OTC医薬品の知識や、接客のノウハウは身に付きますが、
 病院薬剤師などと違って、スキルを上げることは
 ドラックストアでは難しいです。

ママミ
ママミ
接客や患者様に寄り添う経験などはつめるけど、スキルアップは期待しないほうがいいみたい

土日の勤務も避けられない

 
 派遣会社との契約もあるので、土日休みをまったく希望できないわけではありませんが
 ドラックストアは年中無休の店舗がほとんどなので、
 完全に土日休みというのは難しいところが多いです。

雇用期限が決まっている

 
 最長3年という決まりがあるので、一つの場所で長く働くということができません。
 派遣会社との契約で、家から少し遠い店舗に派遣されることもあります。
 また期間限定なので、職場での人間関係を築きにくいことも考えられます。

現役薬剤師
現役薬剤師
ママ薬剤師にとっては、転勤は大事なポイントになるわね

担当者
担当者
この他にも、配置されている薬剤師の人数が少ないと、多少の激務に…
なんていう店舗もあるようです

ほんとに派遣薬剤師にむいてる?

では最後にもう一度だけ確認!

ドラックストアで派遣薬剤師として働くには…

向いてる人(^^)

☆収入や福利厚生の安定を求める人
☆短期間で高収入を求める人
☆人間関係の煩わしさをストレスに感じる人
☆ある程度の転勤に対応できる人
☆即戦力として、経験やスキルを持っている人

向いてない人(>_<)

★土日はお休みしたい人
★職場の人間関係を大切にしたい人
★同じ職場で長く働きたい人
★職場環境や人間関係を大切にしたい人
★薬剤師としてスキルアップを希望する人

などが、あげられます。

ママミ
ママミ
ママ薬剤師さんには産休や育休明けで経験やスキルを持っている人も多いから、即戦力にはなるはね

現役薬剤師
現役薬剤師
ただ雇い主は、派遣会社だということも大切なポイントになるから、いろんな視点から
しっかり検討することも大切ね

ま と め

ドラックストアはこれからどんどん増えて、
併設の薬局もますます便利で利用者の多い場所になっていくでしょう。

そこで働く薬剤師も、パートやアルバイトだけではなく、
即戦力として派遣薬剤師の雇用を増やす時代になりつつあります。

忙しいだけではない、働くメリットも大いにある派遣薬剤師という選択も
あり“だと思います。

現役薬剤師
現役薬剤師
ママ業を大事にしたい今は、できれば短時間パートで働きたい!
でも、そんな求人あるのかな?
そんなママ薬剤師がチェックしたいパート求人へのサポートが充実しているおすすめ転職エージェントBEST3をご紹介します!
コロナ禍で求人が少なくなっている今だからこそ、転職エージェント選びはとても大切!
是非チェックしてみてくださいね☆

>>【ママ目線で15社比較!】ママ薬剤師におすすめしたい!薬剤師転職サイト比較ランキング