派遣薬剤師

派遣で働きたい薬剤師さん必見!年齢制限はあるのか?何歳までOK?

ママミ
ママミ
これまで、利用した薬剤師転職サイトは15社!
子供と過ごす時間を大切にしたいママ薬剤師に、良さそうな求人情報をひたすら調べています☆
>>ママミの詳しいプロフィールはコチラ

理想の働き方を求めるママ薬剤師へ
コロナの影響で処方箋枚数が減り、数年前と比べてパートや派遣の求人が圧倒的に少なくなっているそうです。

ママミ
ママミ
実際に私の住んでいる地域では、午前のみなどの短時間パートの新規求人は数か月に1件程度しか出てきません。
しかも、そのようなママにとって理想的なパート求人は人気で、出た瞬間になくなってしまう!
だからこそ、常に情報収集できるよう転職エージェントに登録しておくことが、コロナ禍の今の理想の職場探しには重要です。
転職エージェントでは、情報収集のみの利用ももちろんOK!
最近の求人の動向などを知ることでき、登録&利用も無料というのが何より嬉しいポイントです♪
>>理想の働き方を実現するために!『今』薬剤師転職エージェントを活用する理由

 

ママミ
ママミ
子どもが小さいうちは、派遣でお仕事するのもいいわね。でも、何歳まで働けるのかしら?

友達
友達
年齢もそうだし、派遣ってどうしても不安定なイメージがあるよね。

ママミ
ママミ
年齢制限があるとしたら、はじめから正社員での転職がいいのかしら。

現役薬剤師
現役薬剤師
どっちにしろ、年齢制限に引っかからないか心配ね。転職って「35歳限界説」があるけど、実際のところどうなのかしら。

 

お子さんが小さい方や、家事で忙しい方には、派遣薬剤師という選択肢もありますよね。

 

派遣で働くことを考えたときに、派遣社員として働けるのは何歳までなのか、また、採用されるのに年齢制限はあるのかが気になる方もいるかと思います。

また、あわせて、転職活動をしているとよく聞く「35歳限界説」についても調べてみました。

今回の記事はこういった疑問にお答えしていきます。

 

派遣薬剤師に年齢制限はあるのか?

結論からお伝えすると、薬剤師の派遣のお仕事に年齢制限はありません。

そもそも、年齢を理由に採用を制限することは法律で禁止されています。

雇用対策法(現:労働施策の総合的な推進並びに労働者の雇用の安定及び職業生活の充実等に関する法律)の第9条により事業主が年齢を理由に募集や採用を制限することが禁止されています。

※ただし、雇用対策法9条には例外があり、キャリア形成のために期間の定めなく労働契約を結ぶ場合は、応募や採用を若年層に限定することが可能となっています(雇用対策法施行規則第1条の3の3のイ)。

しかし、有期雇用(期間に定めのある)の派遣であれば、上記の制限にはあまり関係がないでしょう。

 

ちなみに、派遣社員の平均年齢は41.9歳で、40代が全体の4割以上を占めています。

参考:一般社団法人 日本人材派遣協会(https://www.jassa.or.jp/keywords/index6.html

 

友達
友達
平均年齢40代なら、私も安心して応募できそうだわ。

ママミ
ママミ
でも、実際のところ、年齢が上がるにつれて採用されにくくなるんじゃないかしら。

派遣薬剤師として働く場合、即戦力として採用されるケースが多いため、これまでの経歴や持っているスキルにより、採用または不採用が決まります。

ですので、派遣薬剤師として面接を受ける際は、自分のこれまでの経歴やスキルについて整理しておき、応募先に入職した際に、どのようなことで貢献ができるのかを伝えられるようにしましょう。

転職の「35歳限界説」は本当?

35歳限界説とは:転職市場において、男女を問わず35歳を超えると転職が難しくなるという説。特に未経験の職種や業種への転職の場合、転職成功率が極めて低くなると言われている。

こちらも結論からお伝えすると、35歳を過ぎても転職は十分に可能です!

薬剤師向け転職サイトの調査によると、はじめての転職をした人の、その時点での年齢は、35歳以上が20.2%(35歳~40歳未満:7.4%、40歳以上:12.8%)となっています。

参考:マイナビ薬剤師(https://pharma.mynavi.jp/about/charm.html

 

ただし、一般企業の転職と同様に、体力があり仕事の覚えが早い若手人材の方が採用ニーズは多く、年齢が上がると採用されづらくなる傾向にはあります。

友達
友達
35歳を超えても転職に成功している人たちがたくさんいるのね~!

ママミ
ママミ
薬剤師の場合は、スキルや経験を活かした仕事だからかもしれないわね!

 

派遣薬剤師が向いている人、向いていない人

ママミ
ママミ
私の場合、派遣で働くのと、はじめから正社員として転職だったらどちらがいいのかしら。

派遣で働くのが向いている人

勤務時間や休暇にこだわりたい人

派遣で働く場合、人材派遣会社を通して、勤務条件について細かく指定したり、交渉することができます。

ママ薬剤師さんのように、家庭との両立を考えて、短い時間や決まった曜日に働きたいという方におすすめです。

高い時給で働きたい人

派遣社員は正社員と比較して条件面が良くないイメージをお持ちの方もいるかと思いますが、実際のところは、時給も高く、魅力的な求人が多くあります

条件の良い職場を探すことで、派遣であっても十分に収入を得られるでしょう。

様々な職場を経験したい人

派遣薬剤師であれば、様々な職場で働く経験が得られます。

同じ薬剤師の仕事であっても、職場によって仕事の進め方が異なり、扱う薬剤も違ったりするので、薬剤師としての知見を広げたい方や幅広い経験を積みたい方におすすめです。

 

派遣で働くのが向いていない人

同じ職場で長く働き続けたい人

言わずもがなですが、派遣での雇用には期間が定められているため、同じ職場で働きつづけることはできません。

労働者派遣法で定められている3年を経過した後は、派遣先で正社員登用されるか、それ以外の場合は別の職場を探す必要があります。

出世やキャリアアップしたい人

派遣薬剤師の場合、正社員と違って、管理職への登用の可能性はありません

あくまで派遣社員として、与えられた職務に従事することとなります。

自分のキャリアを積みたいと考えている場合、多くの日本企業では、様々な職場を転々とするよりも、一つの職場でスキルを積み重ねていく方が評価されるでしょう。

即戦力として迅速に職場に馴染めない人

派遣薬剤師は多くの場合、即戦力として採用されています。

つまり、入職後すぐに仕事に慣れ、周りの職員とうまく人間関係を構築することが不可欠です。

また、そもそも、派遣スタッフを募集している職場は、業務量の多さや人間関係などの原因で人材不足となっているため、仕事を進めるうえでも困難があるかもしれません。

 

正社員を目指すなら「紹介予定派遣」という選択も!

ママミ
ママミ
今は子育てと家事が忙しいから派遣で働きたいけど、ゆくゆくは正社員になりたいな。

そんな方におすすめなのが、「紹介予定派遣」です。

紹介予定派遣とは、派遣としての契約が終了した後に、企業と直接の雇用契約に切り替えることを前提にした採用の仕組みです。

最長6ヶ月間派遣社員として勤務した後に、本人と派遣先企業の双方の合意があれば派遣先企業で働くことができます。

紹介予定派遣のメリット

職場を理解したうえで正社員になれる

いきなり正社員での就職や転職となると、職場の人間関係や雰囲気などに不安がありますよね。

紹介予定派遣であれば、まずは派遣として働いてみて、社風や仕事内容が合わなければ正社員への転換をお断りすることができます。

人材派遣会社のサポートがある

人材派遣会社が応募先・就業先企業と連絡や交渉をしてくれるため、直接雇用の場合よりもスムーズに事を進められます。

 

紹介予定派遣のデメリット

必ず直接雇用されるわけではない

派遣社員として働いている期間は、あなたが職場を見極めているのと同様に、就業先もあなたを直接雇用するかどうか検討しています。

残念ながら直接雇用とならなかった場合には、別の職場を探すこととなります。

契約社員やアルバイト・パートとしての採用の可能性もある

紹介予定派遣は、派遣としての契約終了後、直接雇用に切り替えられる採用制度です。

この直接雇用とは、正社員に限らず、契約社員やアルバイト・パートとしての雇用も含まれます。つまり、直接雇用されるからといって、正社員とは限らないということは、頭に入れておきましょう。

 

まとめ

派遣薬剤師で働くうえでの年齢制限はありません。

即戦力として採用されるので、自分自身のこれまでの経歴やスキルをアピールすることが重要です。

また、派遣で働くのが向いているのは、プライベートや家庭と両立させたい方、短期間で効率よく働きたい方で、正社員を目指したいなら紹介予定派遣を利用する手もあります。

ママミ
ママミ
派遣薬剤師についてよくわかったわ!年齢制限はないけど、派遣で面接を受けようと思うのなら、自分のスキルや経歴をわかりやすくまとめておいた方がよさそうね!

現役薬剤師
現役薬剤師
ママ業を大事にしたい今は、できれば短時間パートで働きたい!
でも、そんな求人あるのかな?
そんなママ薬剤師がチェックしたいパート求人へのサポートが充実しているおすすめ転職エージェントBEST3をご紹介します!
コロナ禍で求人が少なくなっている今だからこそ、転職エージェント選びはとても大切!
是非チェックしてみてくださいね☆

>>【ママ目線で15社比較!】ママ薬剤師におすすめしたい!薬剤師転職サイト比較ランキング