ママ薬剤師

ハローワークはほんとに必要ない?!ママ薬剤師の転職事情

ママミ
ママミ
これまで、利用した薬剤師転職サイトは15社!
子供と過ごす時間を大切にしたいママ薬剤師に、良さそうな求人情報をひたすら調べています☆
>>ママミの詳しいプロフィールはコチラ

理想の働き方を求めるママ薬剤師へ
コロナの影響で処方箋枚数が減り、数年前と比べてパートや派遣の求人が圧倒的に少なくなっているそうです。

ママミ
ママミ
実際に私の住んでいる地域では、午前のみなどの短時間パートの新規求人は数か月に1件程度しか出てきません。
しかも、そのようなママにとって理想的なパート求人は人気で、出た瞬間になくなってしまう!
だからこそ、常に情報収集できるよう転職エージェントに登録しておくことが、コロナ禍の今の理想の職場探しには重要です。
転職エージェントでは、情報収集のみの利用ももちろんOK!
最近の求人の動向などを知ることでき、登録&利用も無料というのが何より嬉しいポイントです♪
>>理想の働き方を実現するために!『今』薬剤師転職エージェントを活用する理由

薬剤師転職サイトって便利ですよね。

登録するだけで自分に合った企業を紹介してくれて、サポートも手厚い、そんなイメージありませんか?

ママミ
ママミ
いくつか薬剤師転職サイトに登録しておけば安心ですね!

ちょっと待ってください!薬剤師転職サイトに登録しただけで安心するのはまだ早いです!

ハローワークには仕事と子育ての両立に悩んでいる方にはぴったりのサポートが充実しているのです。

ハローワークを使って、とびっきり明るい家族の笑顔を想像してみませんか?!

現役薬剤師
現役薬剤師
あまり知られていないハローワークの魅力、こっそり教えます!

ハローワークと転職サイト、みんなはどっちを使ってる?


(引用元:薬キャリHP)

転職サイトが58%に対してハローワークはわずか16%

圧倒的に転職サイト利用者が多いことがわかります。

続いて年代別に細分化した資料です。

(引用元:薬キャリHP)

ママミ
ママミ
ママ薬剤師の年代を見てもハローワークはほとんど利用していないですね。

徹底比較!ハローワークと薬剤師転職サイトのメリット・デメリット

現役薬剤師
現役薬剤師
ここでハローワークと薬剤師転職サイト、それぞれ比較してみましょう!

①転職サイト

■メリット
・1つ1つの求人の質が高い
・スカウト機能により自分で探さなくても紹介がある
・画像や動画で求人の詳細をしっかり確認できる 
・担当者が薬剤師の専門知識が豊富
・給与交渉や面接日程の調整、内定辞退などのサポートがある

■デメリット
・競争率が高い
・求人検索と応募のみしかできない
・過度な紹介をしてくる担当者がいる場合がある

②ハローワーク

■メリット
・国が運営する施設の為、地元求人が多い
・職業訓練を受けられる
・各種手当を受けられる
・子育て支援が手厚いマザーズハローワークという施設がある

■デメリット
・窓口担当者は薬剤師専門ではない
・ブラック企業も含まれる場合がある(企業側からすれば、掲載は無料なので宣伝・企業アピールなどが目的の場合があるため)
・求人の仕事内容が不明確な場合がある
・施設の営業時間が短く不便
・給与交渉や面接日程の調整、内定辞退など自分でやらなければならない

※ハローワークと転職サイトで仮に同じ求人であったとしても、待遇に差がある場合があります。企業側からすれば、ハローワークは「無料なので契約につながらなくてもよい」。転職サイトは「お金がかかってるので契約に必死」。ハローワークでよい求人を見つけたとしても待遇比較のために転職サイトでも探すことをおすすめします。

ママミ
ママミ
やっぱり薬剤師転職サイトの方がメリットは多いですね!

ハローワークにしかできない3つのこと

現役薬剤師
現役薬剤師
ハローワークのメリットも大きいですよ!深堀りしてみましょう!

①ママ薬剤師必見!マザーズハローワーク

マザーズハローワークとは、女性の社会進出や再就職を支援する目的で開設されたハローワークのことです。現在、全国に21ヶ所設置されております。

子育てをしながら働けるような企業の求人が多く、施設自体にもチャイルドコーナーやおむつ交換、授乳用スペースなどが設けられており、子連れでも利用しやすい環境が整っています。専任担当者は子育てと仕事の両立を中心にアドバイスをしてくれます。

また、提供サービスの中でも一番目を引くのは就職支援セミナーを無料で受けることができます。下記にて主なセミナー内容の一部を紹介します。

引用元:厚生労働省HP

現役薬剤師
現役薬剤師
託児サービス付きのセミナーもあるんですよ!

ひとり親支援、ワークライフバランス、子育て中の悩みや希望に応えるものを中心としたセミナーが多く、非常に好評なサービスが多いこともあり、マザーズハローワークで支援を受けた人の就職率はなんと90%以上!

引用元:厚生労働省HP

ママミ
ママミ
薬剤師の知識は少ないけど、子育て支援は専門!ってことですね!

②見逃していませんか?貴重な各種手当

失業手当とは失業・自己退社によりもらえる公的保険金のことです。

失業手当を受けるにはハローワークで手続きをしなければ受給できません。

条件
離職前の雇用保険加入期間12か月以上あること(自己都合の場合)

受給金額・受給期間
1日約6,000円~8,000円・最短90日最長330日

受給までの流れ
雇用保険説明会に参加 ⇒ ハローワークへ行き失業認定報告書を提出 ⇒ 受給開始

その他にも再就職手当育児休業給付金など、国が支援する各種手当を受給するにはハローワークでの手続きが必要です。

ママミ
ママミ
国の支援制度に関して専門で教えてくれる点は、転職サイトにはない強みですね!

③慣れることも大切!職業訓練あります

職業訓練とはハローワークで受けることができるサービスのことです。

会社を退職して一定期間がたっている人に対して、IT/営業・販売・事務/医療事務/介護福祉などの分野の訓練を受けることができます。

条件
ハローワークに求職申し込みをしていること
雇用保険被保険者や雇用保険受給者でないこと など

受講料・受講期間
無料・3か月~6か月

受給までの流れ
求職者支援制度の説明を受ける ⇒ ハローワークで訓練コースを選ぶ ⇒ ハローワークへ受講申込書を提出

ママミ
ママミ
無料で受けられるならやってみる価値はありそうですね

向いている人・向いていない人、どんな人?

■ハローワークに向いている人
・地元で働くと決めている 
・既に退職していて時間がある
■ハローワークに向いていない人
・在職中で仕事を探している人(平日かつ17:30までしか開いていないため)
・自分で求人を探すのが苦手な人

■転職サイトに向いている人
・有名企業・優良企業に転職したい人 
・トータルのサポート重視で効率よく転職活動をしたい人
・転職軸が明確に決まっている人
■転職サイトに向いていない人
・担当者の強めの営業が苦手な人

現役薬剤師
現役薬剤師
基本はやっぱり自己分析ですね!

まとめ


いかがでしたか?

転職サイトもハローワークもそれぞれ効率よく使い分けることができれば、価値的な転職活動ができそうですよね。

まずは気軽に地元のハローワークを訪れてみてはどうでしょうか。

きっとあなたを変える魅力的な時間が待っていますよ。

現役薬剤師
現役薬剤師
ママ業を大事にしたい今は、できれば短時間パートで働きたい!
でも、そんな求人あるのかな?
そんなママ薬剤師がチェックしたいパート求人へのサポートが充実しているおすすめ転職エージェントBEST3をご紹介します!
コロナ禍で求人が少なくなっている今だからこそ、転職エージェント選びはとても大切!
是非チェックしてみてくださいね☆

>>【ママ目線で15社比較!】ママ薬剤師におすすめしたい!薬剤師転職サイト比較ランキング