病院薬剤師

病院薬剤師の年収って低いの?意外と知らない年収事情、徹底比較!

ママミ
ママミ
これまで、利用した薬剤師転職サイトは15社!
子供と過ごす時間を大切にしたいママ薬剤師に、良さそうな求人情報をひたすら調べています☆
>>ママミの詳しいプロフィールはコチラ

理想の働き方を求めるママ薬剤師へ
コロナの影響で処方箋枚数が減り、数年前と比べてパートや派遣の求人が圧倒的に少なくなっているそうです。

ママミ
ママミ
実際に私の住んでいる地域では、午前のみなどの短時間パートの新規求人は数か月に1件程度しか出てきません。
しかも、そのようなママにとって理想的なパート求人は人気で、出た瞬間になくなってしまう!
だからこそ、常に情報収集できるよう転職エージェントに登録しておくことが、コロナ禍の今の理想の職場探しには重要です。
転職エージェントでは、情報収集のみの利用ももちろんOK!
最近の求人の動向などを知ることでき、登録&利用も無料というのが何より嬉しいポイントです♪
>>理想の働き方を実現するために!『今』薬剤師転職エージェントを活用する理由

病院薬剤師の年収は低い。

そう思っている方は多いと思います。
もはや薬剤師の中では常識ですよね。

結論から言いますと、
病院薬剤師の年収って、
言うほど低くないんです

現に病院薬剤師の年収が低いと感じている方、
薬剤師の年収について気になる方へ、

病院薬剤師の年収事情、詳しくご紹介します!

病院薬剤師の年収は低くない?

薬剤師の平均年収

厚生労働省の第22回医療経済実態調査(医療機関等調査)報告を参照すると、薬剤師全体の平均年収は約558万円となっています。
ちなみに、調剤薬局の平均年収は約583万円

一方で病院薬剤師の平均年収、約521万円・・・。

現役薬剤師
現役薬剤師
 あれ?低いような・・・?

全体の平均年収と比べてみる

国税庁の調査によると、日本人の平均年収は約467万円です。

より現実的に年収の比較をする為に、中央値を用います。
中央値とは、対象者の年収を順に並べた真ん中の数値を指します。
一部の高所得者などの数値の影響を受けず、標準的な年収を算出できます。

日本人の年収の中央値は約370万円とされています。
病院薬剤師の平均年収、約521万円とは150万円以上の開きがあります。

こう見ると、病院薬剤師の年収って意外と低くもないと思いませんか?
ではなぜ、年収が低いイメージがついているのでしょうか?

なぜ病院薬剤師の年収が低いと言われるのか

理由その1.他の薬剤師より低いから

確かに、調剤薬局やドラッグストア、製薬会社などと比べると平均年収は低くなっています。

病院薬剤師の業務は多岐にわたります。

・調剤業務
・病棟業務
・救命救急業務
・治験業務 など

病院の業務量と給料が割に合わないと感じている人が多いのは事実です。

それでも、沢山の知識を身に付けられる、やりがいがあるなどの理由から、病院は人気の職場です。
人気という事は、給料を上げなくても人が集まります
病院も経営のために、必要以上に給料を上げてはくれません。

理由その2.医師と比べて低いから

第22回医療経済実態調査 (医療機関等調査) 報告によると、医師の平均年収が約1490万円です。
病院薬剤師の約3倍の年収となっています。

同じ病院、そして同じ6年制の学部を出ている医師と薬剤師がここまで違うと、低いと感じるのは当然かもしれませんね。

しかし、病院は医師がいないと成り立ちません。
良い医師がいる病院=良い病院と言っても過言ではないと思います。

病院としては高い給料を払って良い医師を雇いたいのです。
そのしわ寄せが薬剤師に来ているという訳です。

病院ごとの薬剤師の年収

病院にもいくつか種類があり、それぞれ平均年収や昇給の幅に違いがあります。
それぞれの特徴を見ていきましょう。

国立病院機構

・準公務員とされ、給与体系は国家公務員と同じ
・平均年収約600万円
・昇給しやすく、ボーナスも多い

国立大学病院

・準公務員とされ、福利厚生は国家公務員と同じ
・給与規定は大学によって異なる
・平均年収約600万円

公立大学病院

・準公務員とされ、給与体系は地方公務員と同じ
・年収は地域によって差がある
・平均年収約580万円

民間病院

・給与体系は病院ごとに違う
・初任給は国公立病院より高め
・昇給は少ないので、年数を重ねると国公立病院より少ない事が多い

年収を上げる方法

ご紹介した年収に物足りなさを感じるなら、昇給するために行動するしかありません。
昇給する為の主な方法は次の2つです。

1.給料の良い病院に転職する

民間病院は、給与体系が病院ごとに違うとご紹介しました。

国立病院機構や国公立大学病院の給料に不満があるなら、より給料の良い民間病院を探して転職するという方法があります。
求人の隅から隅まで目を通すと、地方の小規模な民間病院など、意外な所に給料の良い職場が見つかることもあります。

民間病院の給料が不満であれば、継続により昇給が期待できる国立病院機構や国公立大学病院への転職をおすすめします。

2.資格を取得してキャリアアップを目指す

確実に昇給をしたいなら、資格取得がおすすめです。

まず最初に目指す資格として、認定薬剤師があります。
認定薬剤師は特定の疾患に関する物から地域医療や在宅医療に関する物まであり、種類が豊富です。
全部で21種類あります。

次のステップとして、専門薬剤師があります。
専門薬剤師を取得すると高度な知識や技能があると認められます。
全部で11種類あります。

まとめ

病院薬剤師の年収についてご説明しました。
思ったより高いと感じた方、やっぱり低いと感じた方、それぞれかと思います。
以下、おさらいです。

薬剤師と日本人全体の平均年収

薬剤師の平均年収は約548万円。
それに対して病院薬剤師の平均年収は約521万円。
日本人の平均年収は約441万円で、中央値は約370万円。

確かに薬剤師の中では年収は低いかもしれません。
しかし、日本人の標準的な年収より150万円以上多いと考えると、低いとも言えないと思います。

年収が低いというイメージの真相

業務量が多い割に他の薬剤師より給料が安い
医師と比べると安く感じてしまう
経営面でのしわ寄せが来ている

紛れもない事実なので、仕方ないのかもしれませんね。

年収を上げるには

より給料の良い病院に転職する
認定薬剤師、専門薬剤師などの資格を取得する

1番現実的な方法はこの2つです。

いかがだったでしょうか?
この記事が、読んでくださったアナタのお役に立てれば嬉しいです。

ママミ
ママミ
 最後までご覧いただき、ありがとうございました! 

現役薬剤師
現役薬剤師
ママ業を大事にしたい今は、できれば短時間パートで働きたい!
でも、そんな求人あるのかな?
そんなママ薬剤師がチェックしたいパート求人へのサポートが充実しているおすすめ転職エージェントBEST3をご紹介します!
コロナ禍で求人が少なくなっている今だからこそ、転職エージェント選びはとても大切!
是非チェックしてみてくださいね☆

>>【ママ目線で15社比較!】ママ薬剤師におすすめしたい!薬剤師転職サイト比較ランキング