薬剤師の働き方

【漢方薬剤師は高需要】漢方薬剤師になるにはどうすれば良いの?

ママミ
ママミ
MRとして育休復帰後、子育てと仕事の両立がまったくできずパート薬剤師への転職を決意。

思い出しただけでも辛すぎて涙がでます……
初めまして!現役転職活動中のママミです。
詳しいプロフィールはコチラ

良い求人に出会うには情報収集が全て!

コロナの影響で薬剤師の求人は確実に減っています!

私の住む地域では、短時間パートや派遣薬剤師の新規求人はめったに出てきません。例え出てきたとしても、人気の求人はすぐ無くなる現状…

そこで重要なのが情報収集だと思っています!

転職エージェントであれば、自分の求める条件を伝えておくだけで、新規で求人が出てきた際や、市場で公開されていない求人を教えてくれます。

この状況さえ作れていれば、自分で求人サイトをポチポチする手間も省けて、普段時間のない人でも効率よく転職のための準備ができます

>> 今、転職エージェントを利用すべき3つの理由

現在、日本は人生100年時代といわれ、死ぬまで健康で居続けたいと健康意識が非常に高まっています。
その中で、今非常に注目を集めているのが、漢方薬局やドラックストアで簡単に手に入る漢方や生薬です。

漢方や生薬は病気を治すきっかけを作ってくれますが、個人の体質や症状によって漢方を使い分ける必要があります。
そのため、漢方に特化した漢方薬剤師の需要が高まっています。

ママミ
ママミ
漢方薬剤師になるには薬剤師免許以外に何か資格は必要なの?

現役薬剤師
現役薬剤師
いいえ、何も必要ありません。

ママミ
ママミ
漢方薬剤師の主な職場は?

現役薬剤師
現役薬剤師
主に漢方薬局や漢方を扱うドラックストアです。

漢方薬剤師について様々な疑問があると思います。
今回の記事では漢方薬剤師のなりかたを中心にまとめました。

こんな人に読んでほしい!

漢方薬剤師に興味がある薬剤師。
特殊なスキルを身につけたい薬剤師。
やりがいのある仕事をしたい薬剤師。

漢方薬剤師とは

漢方薬剤師とは名前の通り漢方を取り扱うことに特化した薬剤師です。
一般の薬剤師は医師の処方箋のもと、西洋薬(化学によって人間が作り出した薬)を中心に患者へ処方します。
一方、漢方薬剤師の場合は患者の声を聞き、動植物や鉱物といった天然のものを組みあわせて作った漢方薬を患者へ処方します。

また、漢方薬剤師の職場は漢方薬局や漢方を扱うドラックストアで働くことが多いです。

漢方薬剤師の仕事内容は「カウンセリング」と「漢方の調剤」

漢方薬剤師の主な仕事内容は「カウンセリング」と「漢方の調剤」です。
漢方薬は医師が処方した薬ではありません。
一般の薬剤師は医師からの処方箋に基づいて調剤を行いますが、漢方薬剤師はカウンセリングをとおして患者の症状や体質を理解し、患者に合う漢方薬を調剤します。

このカウンセリングには1時間以上もかかる場合があります。
カウンセリング後は厚生労働省の承認のある数多くの漢方薬の中から患者に合った漢方薬を処方します。

ママミ
ママミ
患者さんからとても感謝されそうな仕事内容だね

一般的な調剤薬局やドラックストアより患者とのコミュニケーションに時間をかけて、自分の考えで薬を処方することができます。
そのため、漢方薬剤師の責任は重大ですがとてもやりがいのある仕事です。

漢方薬剤師は需要が高まっている

漢方薬剤師の需要が高まっている理由は漢方薬を利用することで、未病の段階から病気のケアが出来ることです。

未病とは

未病とは新しい病気が発症する手前のことで、冷えや不眠など、病名がついていない病気のことです。

漢方の世界には未病という考え方があります。
漢方は未病を治すことで人間本来の免疫機能を発揮して病気を予防することができます。

現在はコロナも相まって病気の予防や健康意識が向上しています。
そのため、漢方や生薬を求める患者が多くなり漢方薬剤師の需要が高まっています。

漢方薬剤師の平均年収は約400万円

漢方薬剤師の年収は約400万円と言われています。
漢方薬剤師の年収は漢方という専門分野をもっていますが、意外と低めです。

調剤薬局 507.1万円
ドラックストア 542.2万円
病院 467.2万円
企業 504.8万円

出典 薬キャリ薬ナビ

病院や調剤薬局と比較しても低いことがわかります。
平均年収は約400万円と低いですが、漢方薬剤師の求人情報の中にも、年収500万~600万円で好待遇な勤務先も掲載されています。

雇用形態や勤務時間帯もさまざまで、福利厚生も充実した求人が豊富ですので好待遇の求人を探してみると以外と見つかるかもしれません。

 

漢方薬剤師になるには何をすれば良いの?

漢方薬剤師になるには大きく分けて2つのパターンがあります。
1つ目が資格を取得するパターン。
2つ目が実際に働いてスキルを身につけるパターンです。

それでは詳しく見ていきましょう。

「漢方薬・生薬認定薬剤師」を取得

ママミ
ママミ
資格はいらないって言ってなかった?

漢方薬剤師になるには資格は必要ありませんが、漢方薬剤師を証明するには資格を取ることが一番早いです。
漢方に関わる資格はたくさんありますが、漢方に関わる資格が1つでもあれば漢方薬剤師として証明できます。

漢方の資格の中で有名なのが「漢方薬・生薬認定薬剤師」です。
「漢方薬・生薬認定薬剤師」の資格を取得するには講義研修会を受講し、試験に合格する必要があります。
講義研修会は9回の講義と1回の薬用植物園実習があります。
その後、講義研修会で勉強したことの試験を受けます。

講義研修会は2種類あります。
受講者が教室に集まって行う「集合座学研修」とインターネットで受講できる「インターネット研修」の2種類です。
この2種類から選んで講義を受講します。
講義の特徴を以下の表にまとめました。

  料金 メリット デメリット
集合座学研修 60500円 受講者が一つの教室で講義を受けるのでモチベーションを維持しやすい 講義日の予定を開けておかなければならない
インターネット研修 60500円 ストリーミング配信なのでいつでも講義を受けられる 講義をさぼりがちになる

集合座学研修とインターネット研修の料金は同じで60500円となっています。
また、インターネット研修はストリーミング型配信ですので、いつでもどこでも受講できます。

ママミ
ママミ
ストリーミング配信なら家事や仕事で忙しいママ薬剤師も隙間時間に勉強できるね!

ママミ
ママミ
そういえば、試験ってどんな問題がでるの?

試験では主に4つのことが中心に出題されます。

試験問題

1.漢方に関わる歴史問題
2.生薬の成分や特徴の問題
3.漢方の処方に関わる問題
4.生薬や漢方の写真の問題

試験は記述ではなく選択ですので、対策としては過去問を利用することがオススメです。
漢方薬・生薬認定薬剤師の過去問はこちら

試験の難易度はそれほど高くはありません。
過去8415人が試験を受けており、合格者は8131人です。
合格率は90%以上ですので講義研修会で学んだことや過去問をしっかりと勉強していれば落ちることは少ないと思います。

「漢方薬・生薬認定薬剤師」の資格を持っていると、漢方薬に詳しいと証明することが出来るので好待遇の会社に就職や転職をすることが可能になります。

漢方を扱う薬局で経験を積む

ママミ
ママミ
仕事や家事で勉強する時間がとれない・・・


漢方薬剤師になるためには特に資格は必要ないので資格は取得しなくても大丈夫です。

現在やっている仕事にプラスして、漢方の勉強を行うには時間が足りないという方は漢方を扱うドラックストアや漢方薬局で実際に働くことをオススメします。

実際に働くことで漢方に関する専門性を身につけることが出来ます。
働き始めは専門性もないので給料は低いですが、専門性が身についてくると、給料もおのずと上がっていきます。
給料が上がらない場合でも、「漢方に関わる仕事をしていた」という証明が出来るので好待遇の求人に応募することが可能です。
実際に働き、専門性を身につけて給料が上がるのは時間がかかりますが、確実な方法だと思います。

【まとめ】漢方薬剤師はやりがいのある仕事!

今回は漢方薬剤師についてまとめました。
漢方薬剤師はその他の薬剤師より年収は低いですが、とてもやりがいのあるお仕事です。
漢方薬を求める患者に対して、自分の判断で漢方薬を処方することが出来ます。
ですので、患者から感謝の言葉を直接貰ったり、患者のことを考えて自分で漢方薬を選ぶ面白さがあります。

もし、漢方薬剤師に興味があるなら、「漢方薬・生薬認定薬剤師」の資格を一旦取得してみるのも良いかもしれませんね。

現役薬剤師
現役薬剤師
ママ業を大事にしたい今は、できれば短時間パートで働きたい!
でも、そんな求人あるのかな?
そんなママ薬剤師がチェックしたいパート求人へのサポートが充実しているおすすめ転職エージェントBEST3をご紹介します!
コロナ禍で求人が少なくなっている今だからこそ、転職エージェント選びはとても大切!
是非チェックしてみてくださいね☆

>>【ママ目線で15社比較!】ママ薬剤師におすすめしたい!薬剤師転職サイト比較ランキング