薬剤師お悩み

[本当に公務員薬剤師を辞めたいですか?]公務員薬剤師を辞める時に気をつけるポイント

ママミ
ママミ
これまで、利用した薬剤師転職サイトは15社!
子供と過ごす時間を大切にしたいママ薬剤師に、良さそうな求人情報をひたすら調べています☆
>>ママミの詳しいプロフィールはコチラ

理想の働き方を求めるママ薬剤師へ
コロナの影響で処方箋枚数が減り、数年前と比べてパートや派遣の求人が圧倒的に少なくなっているそうです。

ママミ
ママミ
実際に私の住んでいる地域では、午前のみなどの短時間パートの新規求人は数か月に1件程度しか出てきません。
しかも、そのようなママにとって理想的なパート求人は人気で、出た瞬間になくなってしまう!
だからこそ、常に情報収集できるよう転職エージェントに登録しておくことが、コロナ禍の今の理想の職場探しには重要です。
転職エージェントでは、情報収集のみの利用ももちろんOK!
最近の求人の動向などを知ることでき、登録&利用も無料というのが何より嬉しいポイントです♪
>>理想の働き方を実現するために!『今』薬剤師転職エージェントを活用する理由

公務員薬剤師になったはいいものの、日々の業務に違和感を感じている方も少なくはないのでしょうか?

この記事では

友人
友人
公務員薬剤師を転職したい、、

と思っている方に、気をつけて欲しいポイントをまとめましたので、参考にしていただければ幸いです。

公務員薬剤師を辞めたい理由

1.人間関係

どの業界でも、辞めたい理由の上位に入ってくる人間関係ですが、公務員薬剤師は特に人間関係に悩まれる方が多いです。

理由として考えられるのは、年功序列制度やハンコ制度のような日本の古くからの習慣が民間企業と比べては多く残っており、「やる気がある人」「現状維持を望む人」のように社員間に仕事への意識の差が生まれやすくなります。
そのため、特に若手でバリバリ働きたい人にとっては居心地が悪くなることも公務員あるあるです。

30代男性
30代男性
[保健所勤務]上司の承認のハンコがなかなか貰えず次の仕事に移れない

20代男性
20代男性
[公立病院勤務]職場がピリピリしていて誰も教えてくれない

30代女性
30代女性
上司が職場にいないことが多く仕事が進まない

                       ”転職サイトopenwork”抜粋

ママミ
ママミ
公務員薬剤師は仕事内容の評価が一般の会社に比べ影響が少なく、
『カンバロウ!!』って思う人が少ないイメージはあるわ

2.やりがいを求めて

事務仕事ばかりで、やりがいがない
薬剤師の資格を活かせる仕事がしたい!

と思い、転職をされる方も多いです。
公立病院勤務の薬剤師を除き、公務員薬剤師の業務は事務処理のようなデスクワークであったり、企業への検査だったりしますので、薬剤師の資格を生かすことができなかったり、実際の患者さんと触れあう機会はほとんどないのが現状です。

3.希望通りの配属にはならない

公務員薬剤師は基本的に数年で配属先が異動になり、同じ業務ばかりに携わることのないような仕組みになっています。

そのため、

公立病院で一般的な薬剤師の業務だけをずっと行いたい!!

という人には不向きです。

ママミ
ママミ
さまざまな業務を経験したり、人間関係が劣悪な部署になったとしても、基本的には数年で異動になるので、メリットにもなります。

公務員薬剤師からの転職リスク

1.勉強についていけない。

公務員薬剤師の保健所勤務や役所の勤務から転職を行うと、法律関係には詳しくても、新薬の情報などにはなかなか接触する機会がないので、
いざ一般の企業に就職すると、太郎状態で1から勉強しなければならないです

ママミ
ママミ
勉強好きの方なら苦にならないでしょうけれど、日々の業務を行いながら、勉強しなければならないのは大変です。

2.福利厚生が悪い

一般的な企業は公務員に比べて福利厚生が悪い傾向にあります。

有給休暇が思うように消化できなかったり、退職金が少ないです。
そのほか、育児休暇なども基本取得が1年なのに対し公務員は比べて3年と長く取得できるのもデメリットです。

ママミ
ママミ
公務員は育児や出産の際にも制度が充実しているのに対し、一般企業はなかなか至らないのが現状です。

3.安定しない

先の新型ウイルスの影響で、病院にいく患者さんが激減し、調剤薬局の売り上げは下がりつつあります。

今後の流れに乗れない中小の調剤薬局は経営が厳しくなる可能性があります。

ママミ
ママミ
一般の企業は公務員と違い利益を求めないといけないので、業績が悪いと減給もありえます。

公務員薬剤師からの転職で注意する点

1.福利厚生を確認する

公務員の福利厚生と同じ基準で他の職業を考えていると、意外とないものがあったりします。就職してから後悔しないように募集要項や転職エージェントを使い、しっかりと調べましょう。

・有給の取得率はどのくらいか?
・育児休暇の取得率はどのくらいか?
・交通費は支給可能か?
                                など、、

ママミ
ママミ
実際に昨年の取得率を調べてみると実際にその職場は取りやすいのか取りにくいのかが分かり易いです。

2.公務員薬剤師をやりながら転職活動をする

この記事を読んでいるあなたは今、公務員薬剤師で辞めたいと悩んでいる方だと思います。

ただ今すぐ公務員薬剤師を辞めるのは避けた方が良いでしょう。
おすすめとしては、

『今の仕事を続けながら、転職活動をする。』

です。
これを行うことで、リスクなく自分の市場価値を測ることができますし、何より

「ここ以外でも働いていける。」

と、自信につながります。

また実際に転職を行う場合はあなたが辞めたいと思う理由を明確化し、それは公務員薬剤師を辞めることで解決することなのかを考えて見て下さい。

まとめ

いかがだったでしょうか?
公務員の肩書があるとなかなか周りから辞めたい理由を理解してもらえないことが多いです。ですが、

公務員薬剤師よりも良い条件で働ける職場は、世の中に多くありま

この機会に自分の働き方にあった職場を探してみてはいかがでしょうか?

現役薬剤師
現役薬剤師
ママ業を大事にしたい今は、できれば短時間パートで働きたい!
でも、そんな求人あるのかな?
そんなママ薬剤師がチェックしたいパート求人へのサポートが充実しているおすすめ転職エージェントBEST3をご紹介します!
コロナ禍で求人が少なくなっている今だからこそ、転職エージェント選びはとても大切!
是非チェックしてみてくださいね☆

>>【ママ目線で15社比較!】ママ薬剤師におすすめしたい!薬剤師転職サイト比較ランキング