インタビュー

【2児のママ薬剤師にインタビュー】仕事と育児を両立するための8つのポイントとは?

ママミ
ママミ
MRとして育休復帰後、子育てと仕事の両立がまったくできずパート薬剤師への転職を決意。

思い出しただけでも辛すぎて涙がでます……
初めまして!現役転職活動中のママミです。
詳しいプロフィールはコチラ

良い求人に出会うには情報収集が全て!

コロナの影響で薬剤師の求人は確実に減っています!

私の住む地域では、短時間パートや派遣薬剤師の新規求人はめったに出てきません。例え出てきたとしても、人気の求人はすぐ無くなる現状…

そこで重要なのが情報収集だと思っています!

転職エージェントであれば、自分の求める条件を伝えておくだけで、新規で求人が出てきた際や、市場で公開されていない求人を教えてくれます。

この状況さえ作れていれば、自分で求人サイトをポチポチする手間も省けて、普段時間のない人でも効率よく転職のための準備ができます

>> 今、転職エージェントを利用すべき3つの理由

ママミ
ママミ
ママ薬剤師の1日のスケジュールって一体どんな感じなのかな?

仕事復帰して、1番心配な事は仕事と家事の両立ができるか。
私もその不安を持つ一人です。

そこで、今回はママ薬剤師がどのような1日のタイムスケジュールを送っているのか、聞いてみました♪

現役薬剤師
現役薬剤師
参考になると嬉しいです♪心がけている事も一緒にまとめてみました!

ママ薬剤師Y・Yさんのプロフィールはこちら

27歳で病院薬剤師から調剤薬局へ転職。
週5日8時間勤務。自転車通勤。土日休み。
産休・育休を経て、職場復帰。
現在35歳。
2歳・4歳の二児の母。現在、認定保育園通園中。
パパは都内に通う会社員。34歳。
リモートなし。電車通勤。土日休み。
夫以外に近所に協力者なし

ママミ
ママミ
Y・Yさんは、20代で転職も経験されています。
その際の心境や転職理由についても聞くことができたので、気になる方はコチラの記事も見てみてください。

<30代ママ薬剤師の経験談>20代で病院から薬局へ転職してみて薬剤師になったら病院で働きたい! 医療の最前線で働きたい! と思っていた学生の頃。 念願の病院薬剤師は、思っていたの違ったけど、や...

ママ薬剤師Y・Yさんの1日のスケジュール

6:00~20 起床・朝食準備
7:00       パパ,子供達起床
7:15       子供の着替え/朝食、準備、洗濯物の片付けを二人で交代で動く  
8:10        全員で出発。ママが保育園に送迎。
8:30        薬局に出勤・業務開始。
13:00      お昼休憩。
14:00      ひとり勤務時間。(薬剤師の勉強など)
16:30      午後の勤務開始。
17:30      退勤。
18:00      保育園お迎え。
18:10      帰宅そのままお風呂へ。
18:30      夕飯の準備(仕上げのみ)子供たちTV時間。
19:00      3人で夕食。
19:30     自由時間。(次の日の朝夕食の下準備、保育園の準備などはここで終わらせる)
21:00      トイレと歯磨きしてから、絵本タイム。
21:30      子供達と一緒に就寝(パパは20時~22時の間に帰宅)
※パパは帰宅した時点でお風呂に直行。育児はそこから合流。みんな寝てからパパは一人時間を満喫。

ポイント1  睡眠時間は最低8時間確保!

寝不足だと、イライラしやすい、ミスしやすい、体調を壊す、などデメリットばかり。
忙しい毎日に寝不足が重なると、ついつい子供達に怒りやすくなってしまったり、細かいことで夫にイライラしたり、結局1番自分が苦しくなります。

そこで、仕事始めてからは最低8時間は睡眠時間を確保するようにしました。

精神的な疲れはなかなか取れない事もあるので、身体的な疲れだけは残さないようにしています。

 

ポイント2 家事の分担は決めすぎないスタイル

保育園の送りや食事の支度以外の家事は、夫婦どちらかの手があいてる方が積極的にやっています。
細かく分担を決めてしまうと、効率的に動けずに余計な時間がかかることがあったため分担制は取っていません。
朝早く起きた方が朝食準備からの子供の着替え、遅く起きた方は先に自分の準備を終えてからバトンタッチです。

それでも、平日はママの家事の負担が重くなりがちです。
そのため、週末はパパが家事を積極的に回してくれます。
家庭円満の秘訣はここにあるかもしれません(笑)

お互い感謝の気持ちは、必ず言葉を掛け合っています。

 

ポイント3 自由時間は寝る前にまとめて確保!

仕事を始めた当初は、帰宅後ダラダラとしてしまい、なかなか次の行動に行けなくて就寝時間が遅くなったり、絵本タイムが削られたりしていました。
これではまずいと思い、帰宅後のONモードのうちに、お風呂や食事を一気に済ませるようにしています。

仕事から帰ってすぐ休憩をとっても、やらきゃーと言う気持ちで結局休まらないんですよね。
寝る前にまとめて取る自由時間は、1日のご褒美の時間になっています。

 

ポイント4 悩みの種である夕飯は、週末時間を利用し水曜日まで決める!

夕飯の献立は週末に水曜日まで決めて、まとめ買いしておきます
木曜日・金曜日の夕飯は、疲れていたらお惣菜や出前、テイクアウトで済ます予定で動きます。

また一週間保存がきくおかずを週末にまとめて作っておくことで、平日の朝食夕食のストレスがだいぶ軽くなっています。
木金は余裕があれば作るし、なければテイクアウトや出前をフル活用。
冷凍食品は基本的にストックしておき、私の急な残業の時に困らないようにしてあります。

 

ポイント5 土日は、子供中心。尚且つストレス発散も忘れずに。

週末は基本的に家族で過ごします。
もともとアウトドア派なので、車で1時間半以内であれば、大人も子供もリフレッシュできる場所に出かけています。

室内遊び場は片親でも子供を見れるので、その間にお互い一人時間を作って、買い物したりマッサージに行ったり、自由時間です。
休みの日は夜は映画やドラマを見たり、ランニングやウォーキングをしてストレス発散しています。
家族時間も大切なのと同時に、自分時間は本当に大切だと感じています。

 

ポイント6 夫婦の情報交換はできれば毎日更新。

仕事を始めて、家事と仕事を両立する上で大切だなと気づいたことは、家庭円満でいることです。
そのために、基本的に些細な事でも夫婦で共有しています。
平日時間がなくて話せなかった事は、週末の車の中で。

また、疲れている理由や体調が悪いなどは、イレギュラーな事態になるかもしれないので早めに伝えています

相手に不満を持つときは、
①言葉が足りない時。
②言いたいけど言えない時。
が多いので、誤解が生まれないように情報交換はより大切になりました。

 

ポイント7  子供の習い事は保育園時間内で。

平日仕事をする上で、せっかくの週末に習い事に行く事に抵抗がありました。

そこで、夫婦で話し合い、少し出費も嵩みますが、習い事が含まれている保育園への入園を決めました。
水泳や体操、英語など、平日の保育時間内に通わせてくれるため、週末時間は自由に動けています。

始めは、保育料の高さに戸惑いました。
しかし、今の保育料で生活をやりくりできるのなら、いずれかかる学費も払っていけるなと感じています。
そういった面でも、私の収入はとても重要になっています!!

 

ポイント8  勤務先は自宅近くの小児科門前薬局。

私の子供がまだ小さいので、着替えや準備も親の助けが必要です。
そして毎日アクシデントはつきもの。
出発時間になってもトイレに行ったり、保育園で必要な道具を忘れて取りに帰ったり(笑)

多少の時間の遅れで電車通勤だと遅刻になることもあると思ったので、自転車圏内の勤務先を探しました。

急な呼び出しにも、近いので対応しやすいです。
小児科の門前薬局のため、子供の体調不良時もお世話になっています。
クリニックの先生とのコミュニケーションにもなるし、子供のことを相談しやすいので、助かっています♪

小児領域に詳しくなることで、子供の体調不良時にも困ることが少なくなりました。
そして、二児の母として服薬指導では患者さんに寄り添うことができるので、メリットを多く感じています。

ママ薬剤師Y・Yさんから最後に!

現役薬剤師
現役薬剤師
親になって、薬剤師という資格の強みをより感じています。同時に、この道を進めさせてくれた親にも改めて感謝しています。
ママミ
ママミ
自分の子供達にも、いつか夢ができて、その夢を応援できるような親でありたいと思いますよね。 

現役薬剤師
現役薬剤師
はい、そのためにも今から少しでも、沢山の経験をさせてあげたいと思いますし、いずれ必要になった時に困らない程度の貯蓄を持っておきたいと思っています。
ママミ
ママミ
私も家族の将来、子供の将来を考えると、本当に貯蓄って大切だなと感じます。
現役薬剤師
現役薬剤師
そういった意味でも、最初の一歩が大変でしたが、今となっては復職して本当に良かったと思っています♩今の生活が気に入っています!
ママミ
ママミ
子供たちが親世代になった時、もっと共働きが普通になっている時代になっているかもしれません。その時にママも頑張っていたなと思ってもらえてら嬉しいですよね。ママ薬剤師の姿を見せることは、子供にとってもいい経験になるかもしれませんね。 ありがとうございました!

【インタビュー】MRから薬剤師へ!週1パートで子育て優先に働くママ薬剤師 今回紹介するママ薬剤師は、『Nママ(仮名)』さんです。 MRから薬剤師に転職された経験を持つNママさんは、子育てを機に週1のパート...
【インタビュー】転職経験3回!時給3700円×理想の職場で働くママ薬剤師の話 今回紹介するママ薬剤師は、『Hママ(仮名)』さんです。 子育てしやすい環境を追い求め、転職歴は過去3回。 同時に時給3700円と...
【3児のママ薬剤師にインタビュー】1時間以上かけて電車通勤!それでも今の職場で働く理由って? 今回紹介するママ薬剤師は、『Yママ(仮名)』さんです。 現在は、3人の子育てをしながら都内でパート薬剤師として働く30代です。 ...

 

現役薬剤師
現役薬剤師
ママ業を大事にしたい今は、できれば短時間パートで働きたい!
でも、そんな求人あるのかな?
そんなママ薬剤師がチェックしたいパート求人へのサポートが充実しているおすすめ転職エージェントBEST3をご紹介します!
コロナ禍で求人が少なくなっている今だからこそ、転職エージェント選びはとても大切!
是非チェックしてみてくださいね☆

>>【ママ目線で15社比較!】ママ薬剤師におすすめしたい!薬剤師転職サイト比較ランキング