薬剤師の働き方

ママ薬剤師も大丈夫?正社員で働くメリット・デメリットを解説

ママミ
ママミ
MRとして育休復帰後、子育てと仕事の両立がまったくできずパート薬剤師への転職を決意。

思い出しただけでも辛すぎて涙がでます……
初めまして!現役転職活動中のママミです。
詳しいプロフィールはコチラ

良い求人に出会うには情報収集が全て!

コロナの影響で薬剤師の求人は確実に減っています!

私の住む地域では、短時間パートや派遣薬剤師の新規求人はめったに出てきません。例え出てきたとしても、人気の求人はすぐ無くなる現状…

そこで重要なのが情報収集だと思っています!

転職エージェントであれば、自分の求める条件を伝えておくだけで、新規で求人が出てきた際や、市場で公開されていない求人を教えてくれます。

この状況さえ作れていれば、自分で求人サイトをポチポチする手間も省けて、普段時間のない人でも効率よく転職のための準備ができます

>> 今、転職エージェントを利用すべき3つの理由

他業種と同じように
薬剤師も「正社員」「パート」「派遣」など様々な
働きかたを選ぶことができます。

ママミ
ママミ
正社員として安定して働きたいけど
家事や育児と両立させるのはむずかしいかな?
 
ママ薬剤師さんには不安が多いですよね?
しかし、たくさんのママ薬剤師さん世代の人が正社員として働いていることも事実です。

 

では、なぜ正社員薬剤師が選ばれるのか?
正社員ってどんな職場でどんな仕事をするんだろう?
ママ薬剤師はどんな働き方をしているの?
というところを早速見ていきましょう♪

正社員薬剤師の職場と仕事とは?

初めに書いたように、約半数のママ世代の薬剤師さんが正社員薬剤師として働いています。


引用:薬キャリ・Mama

どこで働くのが良い?

薬剤師さんの職場としては…

正社員で働く薬剤師の職場

病院
調剤薬局
ドラックストア
製薬会社

などが主なところです

ママミ
ママミ
選択肢はたくさんあるわね

どこで働くにしても資格職なので、正社員として契約してもらうのは
それほど難しいことではありません。

ママミ
ママミ
じゃあどこで働くのがいいの?

決め手は 何を求めるか?です。

病院薬剤師

★研究や調薬の経験やスキルアップが望める
★入院患者さんがいるので、直接かかわることもできる
★チーム医療で他職との交流がある

ドラックストア

★OTC医薬品の知識が身につく
★窓口対応で患者さんだけでなく
 健康な方への相談提案などの仕事ができる
★調剤だけでなくレジ打ち品出しなどの雑務もある

調剤薬局

★調剤・服薬指導・薬歴管理・在宅医療など
 専門的な仕事を任せてもらえる
★雑務などがほぼなく投薬、調剤に集中できる
★残業・休日勤務などが比較的少ない

製薬会社

★新薬の開発・研究に携われる
★基本土日休み
★年収が他より高い

担当者
担当者
それぞれの生活環境の中で希望に合った職場を選ぶことが大切ですよ

やはり仕事はハード?

ママミ
ママミ
正社員のイメージはやっぱりいろいろな面で縛りがありそう…

確かにパートや派遣に比べたら、残業も多いです。
正社員として職場においての責任や役割も重くなることは否めません。

働き方も一般的に、一日8時間・週40時間のフルタイムで、
職場によっては土日や夜勤も任されることがあります。

パパ
パパ
家事や育児との両立には家族や周りの理解や協力も必要になってくるね

非正規雇用との違いは?

ママミ
ママミ
よく正規雇用だとパートや派遣に比べて収入や時間の面で
大変だと聞くけど実際どうなの?

「安定」も大事ですが、やはりママ薬剤師さんは時間や収入も気になるところですよね?
その辺を比較しながら少し詳しくみてみましょう♪

非正規雇用より低収入ってホント?

これ、よく言われてますよね?

実際時給換算すると、派遣薬剤師の収入は
正規雇用の薬剤師を超えることが多いです。

ただ、昇給の制度を考えた場合、賞与や手当など年収にしたら、正社員薬剤師のほうが高収入になる可能性が高いです。

つまり、正社員薬剤師はキャリアを積めば積むほど高収入が望めるということになります。

ちなみに、より高収入を望むなら製薬会社など企業薬剤師が良いようです。

勤務時間で見る正社員と非正規雇用の違い

勤務体制の観点からみると、ママ薬剤師さんには正規雇用は厳しいかもしれません。

前述したように残業や休日勤務なども、
派遣やパートに比べて多く、
勤務時間に対する柔軟性は低いです。

ママミ
ママミ
家族や保育園・学校などの理解や協力が必要になるわね

勤務時間においては育児期間中の薬剤師に、条件付きで時短勤務制度を採用している職場もあります。

福利厚生は期待大!

現在はパート薬剤師にも、比較的職場待遇が良いところも増えています。
派遣会社も、福利厚生は充実している、というところも多いですよね。

しかし、やはり派遣薬剤師ははあくまで、派遣会社の福利厚生を受けているのです。

正社員薬剤師は、その職場に適した処遇で福利厚生を受けられるというのも大きなメリットです。
 

現役薬剤師
現役薬剤師
産休や育休の後も同じ職場で復帰できるから、
職場環境や仕事内容で戸惑うことも少ないのはありがたいですね

 

保育施設をつかおう!

今やいろいろなところで活躍しているママ薬剤師さん。

企業や病院だけじゃなく、ドラックストアなどでも託児施設を設けているところも増えています。

フルタイム・残業の多い正社員のママ薬剤師さんの強い味方ですね。

ママにとって正社員薬剤師になるメリット・デメリット

では、上記を踏まえたうえでママ薬剤師さんにとって、
正社員で働くことのメリット・デメリットをまとめていきたいと思います。

正社員薬剤師として働くメリット

 

正社員のいいところ

◎やりがいがある
◎安定した収入・労働
◎薬剤師としてのスキルアップ
◎福利厚生や昇給の充実
◎職場の制度を利用したキャリアアップ

現役薬剤師
現役薬剤師
収入や福利厚生キャリアやスキルをアップさせたいママには最高の働き方ですね

パパ
パパ
社員を対象とした勉強会や研修会のある職場は将来的にも有益であることは間違いないしね

ママ薬剤師が正社員で働くのに大変なところ

逆にデメリットを感じる点があるのも事実です。

 

正社員の注意点

◎時間外勤務をすることも多い
◎出張や転勤も考えられる
◎パートや派遣に比べて責任ある仕事が多い

ママミ
ママミ
責任のある仕事を任されるのは、やりがいがある、と感じ入る人もいれば負担になることもあるわよね

現役薬剤師
現役薬剤師
ママ薬剤師さんだと子供や家庭との両立が難しい場合もありそうね

 

【まとめ】正社員薬剤師で働くために

正社員薬剤師は、時間に縛られたり、転勤や移動など
職場によっては様々な責任や負担がある働き方ではあります。

選ぶ職場や仕事の形態も様々です。

しかし、スキルアップや収入や仕事の安定性は確かなものであり、
責任あるポジションを任せてもらえる
やりがいのある仕事であることは間違いありません。

それが、ママ薬剤師さんに選ばれる大きな理由につながっているのです。

そこには、家族や周りの協力も必要となりますが、
将来性のあるのが正社員薬剤師の仕事だということが、
皆さんに伝わったでしょうか?

病院・調剤薬局・ドラックストア・製薬会社など幅広い選択肢の中で
ママ薬剤師さんがスキルアップを目指して
正社員薬剤師として活躍できたらうれしいですね♪

現役薬剤師
現役薬剤師
ママ業を大事にしたい今は、できれば短時間パートで働きたい!
でも、そんな求人あるのかな?
そんなママ薬剤師がチェックしたいパート求人へのサポートが充実しているおすすめ転職エージェントBEST3をご紹介します!
コロナ禍で求人が少なくなっている今だからこそ、転職エージェント選びはとても大切!
是非チェックしてみてくださいね☆

>>【ママ目線で15社比較!】ママ薬剤師におすすめしたい!薬剤師転職サイト比較ランキング