薬剤師のお仕事

【麻薬取締官も薬剤師】麻薬取締官の年収と仕事内容とは!?

ママミ
ママミ
MRとして育休復帰後、子育てと仕事の両立がまったくできずパート薬剤師への転職を決意。

思い出しただけでも辛すぎて涙がでます……
初めまして!現役転職活動中のママミです。
詳しいプロフィールはコチラ

良い求人に出会うには情報収集が全て!

コロナの影響で薬剤師の求人は確実に減っています!

私の住む地域では、短時間パートや派遣薬剤師の新規求人はめったに出てきません。例え出てきたとしても、人気の求人はすぐ無くなる現状…

そこで重要なのが情報収集だと思っています!

転職エージェントであれば、自分の求める条件を伝えておくだけで、新規で求人が出てきた際や、市場で公開されていない求人を教えてくれます。

この状況さえ作れていれば、自分で求人サイトをポチポチする手間も省けて、普段時間のない人でも効率よく転職のための準備ができます

>> 今、転職エージェントを利用すべき3つの理由

薬剤師の資格を持っていると、麻薬取締官になれるって知っていましたか?

麻薬取締官とは違法な薬物の流通や売買などの犯罪を取り締まる国家公務員です。
薬剤師の免許を持っていることで麻薬取締官になることができます。

ママミ
ママミ
麻薬取締官って、警察の特殊部隊みたいでかっこいいね
現役薬剤師
現役薬剤師
実は、麻薬取締官って警察じゃないんだよ

麻薬取締官は警視庁や警察庁に所属している職員だと思われていますが、実は厚生労働省に所属している職員です。
麻薬取締官は「特別司法警察職員」という、警察職員ではないが犯罪捜査を行うことができる権限を持っています。
そのため、警察と協力して犯罪捜査を行っています。

麻薬取締官って興味はあるけど、まだまだ謎に包まれていますよね?
今回の記事は、謎に包まれている麻薬取締官の仕事内容と給料についてまとめました。

この記事で分かること

麻薬取締官の仕事内容が分かる
麻薬取締官の給料が分かる
麻薬取締官のなりかたが分かる

 

麻薬取締官の仕事内容

麻薬取締官の仕事は薬物密売の現場に突入したりと花形のイメージを持たれると思います。
しかし、実際は華やかな場面ばかりでなく、尾行や張り込みなど、コツコツとした仕事が多いです。

主に薬物五法に違反する罪を取り締まる仕事をします。

薬物五法

1.麻薬及び向精神薬取締法
2.大麻取締法
3.あへん法
4.覚せい剤取締法
5.国際的な協力の下に規制薬物に係る不正行為を助長する行為等の防止を図るための麻薬及び向精神薬取締法等に関する法律

違法薬物の取り締まり・医療麻薬の監督・薬物使用の指導

麻薬取締官の仕事は主に、「違法薬物の取り締まり」「医療麻薬の監督」「薬物使用の指導」の3つがあります。
1つずつ見ていきましょう

違法薬物の取締まり
違法薬物の取締は想像しやすいですよね。
テレビドラマでよく見る麻薬の販売ルートや密売を取り締まる仕事です。
一般通報やインターネットを利用して薬物犯罪の情報収集をします。
海外の売人等もいるので警察や海上保安庁と協力をして捜査を行います。
また、薬物使用者を発見した場合、すぐには逮捕せず「泳がせ捜査」を実施し、組織のトップ暴くといったことも行います。

医薬麻薬の監督
このお仕事はあまり知られていないかもしれません。
麻薬には医療で使うことを許可されたものがあります。
医薬麻薬の監督は許可された麻薬が違法に取引や利用されていないかを検査するお仕事です。
実際に病院や製薬会社に入って検査を行い、助言等を行います。

薬物使用の指導
薬物中毒者を日常生活に復帰させるため、保健所や医療機関と連携してサポートをする仕事です。
麻薬はとても依存度が高く、一度使用してしまうと辞めることが難しくなります。
また、薬物津に関する相談をおこなったり、学校へ行き講演会をおこなったりもします。

勤務時間は8時間ほど

麻薬取締官は国家公務員ですので、1日の勤務時間は7時間45分で休日は土日祝日が基本です。
ただし、捜査や張り込みを行わなければならないケースもあり基本通りにならないことが多いです。
夜中の張り込みや土日祝日でも捜査のため仕事をしなければなりません。

休日出勤をした場合、その分を平日の振替休日として繰り越すことも可能です。
他にも、年間20日間有給休暇を取得できたり、男性であれば配偶者の出産のための特別休暇を取得できたりします。

ママミ
ママミ
捜査は大変そうだけど、振替休日がもらえるのはありがたいね。

 

結婚出産後も働きやすい

捜査活動などで、働く時間も不規則なものになりがちです。
結婚や出産後は女性の麻薬取締官は働きにくいと思われがちですが、育児や休暇等の制度が整っており働きやすい環境です。
実際に、女性の麻薬取締官は結婚後も第一線でバリバリと仕事をしています。

妊娠・出産後は産休・育休は取得できますし、子供が小さいうちは夜間の勤務や出張がないように配慮もしてくれます。

ママミ
ママミ
やっぱり、国家公務員の福利厚生は良いね。
ママでも働きやすい環境だね。

 

麻薬取締官の年収は?

麻薬取締官は公務員ですので、給料は法律で決められております。
公務員の給料は職種によって分類されており、麻薬取締官は行政職(一)に分類されています。

ママミ
ママミ
行政職って事務的な仕事をしているイメージがある。
危険な仕事をしているのに給料って同じなの?

給料は同じではありません。
麻薬取締官は行政職(一)の給料に加えてその他手当が付きます。
そのため、事務職よりも給料は多くなっています。。

早速、詳しい給料について見ていきましょう。

平均年収は600万円~650万円

麻薬取締官の年収は600万円~650万円といわれています。

麻薬取締官って危険なお仕事なのに少し年収低くない?と思われたのではないのでしょうか。
この金額はあくまで平均です。

麻薬取締官は公務員になりますので、最初数年の給料は低いです。
しかし、勤続年数が長くなれば長くなるほど年収はどんどん増えていきます。

役職についたりすると、年収1000万円を超えることもあります。

麻薬取締官の初任給は安い?

初任給は「令和2年国家公務員給与等実態調査」から大卒であれば18万8851円、大学院卒では21万8429円となっています。
麻薬取締官はこの基本給に加えて4%の調整手当が付くそうです。

初任給は低いですが、麻薬取締官は昇格が早いため、一般事務職よりも給料は高くなりやすい傾向にあります。

ママミ
ママミ
コロナ禍で給料が安定してない所もあるし、
安定して20万円ほどもらえるのは良いね!

 

薬剤師が麻薬取締官になるには

麻薬取締官になる方法は大きく分けて2つあります。
1つ目が国家公務員一般合格試験を通過して麻薬取締官になるパターンです。
2つ目が薬剤師免許を取得して麻薬取締官なるパターンです。

麻薬取締官の薬剤師免許保有率は65%です。
薬剤師免許を持たない一般職は35%です。
この数値から、麻薬取締官として採用されやすいのは圧倒的に薬剤師免許を取得しているパターンです。

麻薬取締官のなり方について詳しく見ていきましょう。

麻薬取締官までの流れ

麻薬取締官になるには、厚生労働省麻薬取締部の採用試験に合格する必要があります。

麻薬取締官の採用試験を受けるには以下の条件があります。

条件

薬剤師免許を持つもの又は薬剤師国家試験合格見込みのもので29歳以下である事
国家公務員採用一般試験の「行政」又は「電気・電子・情報」の1次試験の合格者

この条件のうちどちらか1つを満たしていれば、麻薬取締官の採用試験を受けることができます。

麻薬取締官になるまでの流れは以下の図の通りです。

引用:厚生労働省地方厚生局取締部
採用試験は厚生労働省地方厚生局取締部よると、1次試験は面接小論文、2次試験は面接となっています。

地方厚生局麻薬取締部の採用試験に合格した後は麻薬取締官初任研修があります。
研修が終了したあと、麻薬取締官として働き始めることができます。

ママミ
ママミ
麻薬取締官に似た、麻薬取締員も同じ順序で採用されるの?

麻薬取締員の順序は違います。

麻薬取締員とは

麻薬取締員は「特別司法警察職員」を与えられた都道府県に所属している地方公務員です。
仕事内容は麻薬取締官とほぼ同じです。
違いは国家公務員か地方公務員かです。

麻薬取締員は採用試験等はありませんが、各都道府県の薬事担当課の職員の中から、選ばれた人がなることができます。

採用試験の倍率は10倍

麻薬取締官の倍率は毎年10倍を超えます。

年によっては倍率50倍を超えたこともあるそうです。
倍率10倍は10人に1人しか採用試験に受かりません

ママミ
ママミ
10人に1人か・・・
狭き門なんだね。

倍率10倍は決して低い数字ではありません。
しかし、大企業の就職倍率は100倍や200倍を超えるところがたくさんあります。

ママミ
ママミ
倍率100以上って採用される想像できないね。

大企業の倍率と比べると、麻薬取締官の倍率10倍がそこまで高く感じないかなと思います。
10人に1人なら採用されるイメージができますよね。
実際、麻薬取締官の採用試験は難しいですが、挑戦してみるのはありかと思います。

麻薬取締官に求められるスキル

コミュニケーション能力
コミュニケーション能力といっても、話すのが上手な方ではなく、人と関わるのが上手な方です。
違法薬物の犯罪は学生 主婦 会社員など一般的な人が犯罪を起こす場合が多いです。
犯罪を起こした人から、違法薬物の売人の情報を聞き出したり、元の生活に戻れる様にサポートしてあげる必要があります。

外国語スキル
違法薬物の犯罪は日々グローバル化しており、外国犯罪組織や外国の売人と関わる事も少なく有りません
そのため、少し話せる程度の英語レベルはあった方が働きやすいかもしれません。
その他、アジア圏の外国語なども習得していれば有利になります。

心身の強さ
麻薬取締官の仕事は、事務作業よりも現場へ出て仕事をすることが多いです。
ですので、捜査で犯人を追いかけたり尾行したりと体力が必要になります。
また、薬で体を壊してしまった人や犯罪組織などと関わることで精神的にダメージ受ける場面があるので精神的にも強くないといけません。

【まとめ】薬剤師資格があるなら、年収・仕事内容が興味深い麻薬取締官に挑戦出来る!

あまり知られていない麻薬取締官の仕事内容と年収についてまとめました。

麻薬取締官は全国に300名ほどしかおらず、採用人数も毎年少数です。
麻薬取締官になるにはとても狭き門です。

ですが、薬剤師免許を持っているなら麻薬取締官の採用試験はすぐに受けることができます。
少しでも興味があるなら一度受けてみてはいかがでしょうか。

 

現役薬剤師
現役薬剤師
ママ業を大事にしたい今は、できれば短時間パートで働きたい!
でも、そんな求人あるのかな?
そんなママ薬剤師がチェックしたいパート求人へのサポートが充実しているおすすめ転職エージェントBEST3をご紹介します!
コロナ禍で求人が少なくなっている今だからこそ、転職エージェント選びはとても大切!
是非チェックしてみてくださいね☆

>>【ママ目線で15社比較!】ママ薬剤師におすすめしたい!薬剤師転職サイト比較ランキング