その他

病院未経験だけど・・・叶えたいんです!【病院薬剤師への一歩】

ママミ
ママミ
MRとして育休復帰後、子育てと仕事の両立がまったくできずパート薬剤師への転職を決意。

思い出しただけでも辛すぎて涙がでます……
初めまして!現役転職活動中のママミです。
詳しいプロフィールはコチラ

良い求人に出会うには情報収集が全て!

コロナの影響で薬剤師の求人は確実に減っています!

私の住む地域では、短時間パートや派遣薬剤師の新規求人はめったに出てきません。例え出てきたとしても、人気の求人はすぐ無くなる現状…

そこで重要なのが情報収集だと思っています!

転職エージェントであれば、自分の求める条件を伝えておくだけで、新規で求人が出てきた際や、市場で公開されていない求人を教えてくれます。

この状況さえ作れていれば、自分で求人サイトをポチポチする手間も省けて、普段時間のない人でも効率よく転職のための準備ができます

>> 今、転職エージェントを利用すべき3つの理由

薬局薬剤師2年目後半の者です。 学力に自信が無く、金銭面など考えて薬局薬剤師になりましたが、元々病院薬剤師になりたかったので未練があります。 最近は転職して勉強したい・挑戦したいという気持ちが強くなっています。 勤務地は全国どこでも可で、都会よりも田舎・離島や僻地などに興味があります。

”引用:yahoo知恵袋

このような理由から薬剤師の道を狭め、病院薬剤師を諦めてしまった方は意外と多いのではないでしょうか?

事実キャリアアップを目指して、薬局・ドラッグストアの勤務から病院薬剤師に転職をする人も多いのです(^-^)

ママミ
ママミ
やっぱり経験がないことって不安だよね
現役薬剤師
現役薬剤師
私の先輩とかも一度は考えたことあるって言ってた!
ママミ
ママミ
やっぱりそうなんだ💦

そんな方のために、今回は病院薬剤師として働きたい!
だけどその一歩が踏み出せない方の力になれる内容になっています!

では見ていきましょう!!(^^)!

病院薬剤師を考えてみる


まず、特徴として病院で働く薬剤師は取り扱う薬の数が薬局やドラッグストアと比較しても格段に増えます。

■服薬する薬の確認

■服薬後の経過観察

■変更が必要な場合は主治医に相談・提案

など薬局・ドラッグストアにない仕事も内容も含まれます。

また、
・提案後も副作用がないか?
・容量は適正か?
・薬の剤形は正しいか?
そして、薬の説明や副作用の説明なども患者に行います。

このように患者に適正な処方を行うまでの過程が、処方前から始まるのが病院薬剤師です。

ママミ
ママミ
なるほど!処方に対する考え方も違うのね

病院薬剤師の魅力


では病院薬剤師の魅力、そして難点とはどこにあるのか見ていきましょう!

ママミ
ママミ
これは重要よ!しっかり聞いておかないと!

現役薬剤師
現役薬剤師
どんな仕事にも良い点、悪い点あるもんね💦

■患者のケアに深く関わることが可能

■チーム医療の一人として働くことができる

■最先端の医療現場を知ることができる

■知識が身に付く

患者のケアに深く関わることが可能

薬局薬剤師やドラッグストアで勤務する薬剤師は、通常医師が指示した処方箋や購入理由に沿ってしか調剤・処方が出来ません。

そのためケアという点では不十分な点がどうしても発生してしまいます。

しかし、病院薬剤師は医師に処方意図を直接聞けたり、カルテで治療方針や病状や検査結果を確認できたりします。

そのため、患者さんの疾患や病状について深く理解したうえで、ケアに関われるという大きなやりがいがあります。

医学的により深く患者さんの状態を知ったうえで、薬物治療に携われるのが魅力です。

チーム医療の一人として働くことができる

病院薬剤師は、その専門性を生かして様々な職種の人たちと、チームを組む機会が多くあります。
その中で行う、活動や治療・意見交換などは他の薬剤師業務では、体験することができない病院薬剤師ならではの形態です。

様々な専門分野の人たちからの情報などを、チームの一員として吸収することで、薬剤師としてのスキルアップが出来ます。

また、意見交換などによるコミュニケーション能力も身に付けることが出来るでしょう。

最先端の医療現場を知ることができる

医療は日々進化しています。

その中で病院薬剤師は、新薬の臨床実験や一般の患者に使用される前の薬の情報などを知ることができます。

これは病院薬剤師の特権です。
そのために、必要な幅広い知識や情報交換を行うための、コミュニケーション能力などが必要になります。

それも病院薬剤師のやりがい・魅力の一つだと言えるでしょう。

知識が身に付く

病院薬剤師の最大の特徴として扱う薬品の多さがあります。

通常の薬局で取り扱うことのない、ハイリスクな薬剤や様々な疾患に対する薬物療法などの薬物の知識が身に付きます。

また、その他の専門の方とも交流する機会も多いので、薬物以外の知識も身に付けることができるでしょう。

【病院薬剤師のやりがいを忘れたあなたに】身近な対処法2つとは? ・夜勤がハードすぎて、自分の時間が無い・・ ・病院内の人間関係が正直ストレス・・ ・ぶっちゃけ給料低い! 病院薬剤師のやり...

病院薬剤師の難点

ママミ
ママミ
あんまり聞きたくないな💦

現役薬剤師
現役薬剤師
いやいや!ちゃんと聞いておいた方がいいよ!

ママミ
ママミ
そうだよね・・・

■給料が低い

■夜勤がある

■地位が低い病院がある

給料が低い

この話はご存じの方も多いかと思います。

薬剤師は、様々な業態で活躍が出来る職業ではありますが、病院薬剤師は仕事量と年収が合っていないと、不満を持つ薬剤師は少なくありません。

つまり、年収よりもやりがいに魅力を感じなければ、病院薬剤師には向いていない可能性があります。

夜勤がある

病院勤務になると夜勤が発生します。

その中でも薬剤師は、配置される人数も少ないことが多いために薬剤師一人で夜勤を過ごさなければいけないことも多々あります。

誰にも聞くことができない状況で調剤業務や投薬業務を行わなければいけないので、精神的・肉体的にも大きな負担になるでしょう。

地位が低い病院がある

以前から薬剤師は医師・看護師と比較すると、その地位が低く見られがちな傾向があります。

そのため一概には言えませんが、務める病院によっては苦しい立場になる可能性もゼロではありません。

[病院薬剤師はつらい!?]病院薬剤師が大変な理由5選!! このように思われている方も多いのではないでしょうか? しかし、私の周りの病院薬剤師は『つらい』『辞めたい』 と、悩んでいる薬剤師...

病院薬剤師が求める人材

ママミ
ママミ
これは気になる!私は向いてるかなー?

現役薬剤師
現役薬剤師
そこも踏まえて確認していきましょっ♪

■お金よりも学ぶことにやりがいを持てる

■プライベートが削られる覚悟

■使命感とプライド

■コミュニケーションと提案力

お金よりも学ぶことにやりがいを持てる

病院薬剤師は薬剤師の中でも給与の水準は低く、お金欲しさに務まるほど楽な職業ではありません。

お金ではない部分にやりがいをあなたは見つけられますか?

プライベートが削られる覚悟

病院勤務の為、時間の拘束が必ず発生するのが病院薬剤師です。
夜勤も含め患者の状態でも働く時間は変化してしまいます。

希望する方はプライベートの時間よりも仕事を優先できますか?

忍耐力と使命感

忍耐力と使命感がなければ病院薬剤師は務まりません。

理由は、患者がすべて助かるわけではない。
つまり、辛い場面を経験することがあるということです。
また、辛いという点では薬剤師の扱いがひどい病院もあります。

そして、そんな辛い状況でも自分の役割を見失わない、病院薬剤師としての使命感が大切です。

その為に力を発揮するためには、薬剤師としての忍耐力と使命感の両方が必要になります。

コミュニケーションと提案力

病院薬剤師は病院内で関わる人が多くいます。

チーム医療なども含めて、関係者との円滑なコミュニケーションが取れる関係性は非常に重要です。
時には医師に進言をして患者に合わせた提案もしなければいけない場面があるのでしょう。

提案をしやすい関係性を作る能力は不可欠です。

 

現役薬剤師
現役薬剤師
ちょっとゾクッとする内容だけど大丈夫?

ママミ
ママミ
やっぱり覚悟はいるわよね!だけどこれからのことを考えた時に、自分にとって得られるもの大きいことも事実だわ

未経験から病院薬剤師になる!その①


未経験の方や転職を希望している方の多くが求人情報を検索すると思います。

しかし、病院薬剤師のように専門性が高い職種は働く病院を選ぶことも重要です。

■一般病院

■療養型病院

■専門型病院

それではどんな病院か見ていきましょう!

一般病院

病気を発症したことによって、健康を急激に害してしまった患者が多くいる病院です。
回復も含めて病状の変化が速いので、病院薬剤師の基礎をバランス良く経験することができます。

療養型病院

長期的な療養が必要な患者が多い病院です。
そのため担当患者が年単位になることも多いので、患者への投薬後の経過観察やコミュニケーションが長期になります。

密にケアをしていきたい方にはお勧めです。

専門型病院

精神科病院や感染症病院など専門性に特化した病院です。
取り扱う薬物も専門的なものが多いため、その分野の知識・経験を学ぶことができます。
その専門性からその分野に特化した薬剤師の資格を習得することを目指す方もいます。

ママミ
ママミ
なるほど。病院の環境も大事なんだね。

未経験から病院薬剤師になる!その②


探し方は大きく分けて2つあります!

どちらが自分に会っているかを考えて探しましょう!

■場所を目安にする

■条件を目安にする

場所を目安に病院を探す

住んでいる場所やこれから住む場所によって病院の数も限られています。
直接その場所にある、病院の求人情報を確認することがもっとも確実な方法です。

その際は、病院の大きさや何を診療しているのかを知っておく必要があります。
働く負担や働いてからのギャップを減らすためにも、事前に見学などができればGoodです

条件を目安に病院を探す

条件で求人を探す際は転職サイトで探すのが最も効率が良い方法です。

未経験でも大丈夫な病院なのか、どんな仕事内容になるのかなど不安が多い人にとって情報が多いことは何よりも心強いと思います

サイトによっては、コンサルタントが付いてくれるので円滑に転職が進められるでしょう。

ママミ
ママミ
最初は不安だったけど未経験の私でも「病院薬剤師」として活躍できそう!

現役薬剤師
現役薬剤師
しっかり考えて選ぶことが重要よ!頑張って♪

【ママ薬剤師のお悩み解決!】病院薬剤師になるための病院の選び方! 病院薬剤師になりたいのですが、病院の選び方について、 現在薬局で働いていますが、やはり薬局内だけでは医療の世界がしっかりみえてこない...

まとめ

 

○病院薬剤師は、薬剤師の中でもとても「やりがい」がある環境なのは間違いない。ただ、長く続ける為には「やりがい」への比重が大きいことが重要

○求められるのは「常に成長する気持ちと現実と向き合える強さ」

○どんな病院薬剤師を目指しているのかをしっかり考えよう!

結論

病院薬剤師は幅広い知識・経験を得られるやりがいのある職業であることは間違いない!

つらいことも含めてこの経験は必ず役に立つことも間違いない!

そんな環境を望んでいるあなたはぜひチャレンジすべきだと思います。

現役薬剤師
現役薬剤師
ママ業を大事にしたい今は、できれば短時間パートで働きたい!
でも、そんな求人あるのかな?
そんなママ薬剤師がチェックしたいパート求人へのサポートが充実しているおすすめ転職エージェントBEST3をご紹介します!
コロナ禍で求人が少なくなっている今だからこそ、転職エージェント選びはとても大切!
是非チェックしてみてくださいね☆

>>【ママ目線で15社比較!】ママ薬剤師におすすめしたい!薬剤師転職サイト比較ランキング