その他

病院薬剤師はハードモード!?向いている人の知られざる特徴とは??

ママミ
ママミ
MRとして育休復帰後、子育てと仕事の両立がまったくできずパート薬剤師への転職を決意。

思い出しただけでも辛すぎて涙がでます……
初めまして!現役転職活動中のママミです。
詳しいプロフィールはコチラ

良い求人に出会うには情報収集が全て!

コロナの影響で薬剤師の求人は確実に減っています!

私の住む地域では、短時間パートや派遣薬剤師の新規求人はめったに出てきません。例え出てきたとしても、人気の求人はすぐ無くなる現状…

そこで重要なのが情報収集だと思っています!

転職エージェントであれば、自分の求める条件を伝えておくだけで、新規で求人が出てきた際や、市場で公開されていない求人を教えてくれます。

この状況さえ作れていれば、自分で求人サイトをポチポチする手間も省けて、普段時間のない人でも効率よく転職のための準備ができます

>> 今、転職エージェントを利用すべき3つの理由

「薬剤師」として働く場所や、その働き方は実に様々です。

病院/調剤薬局/ドラッグストア/医薬品卸業/製薬企業/大学の研究員

もしくは、勤め先によっては、より専門的分野に特化して働くケースもあります。

これだけあると、あなたが薬剤師として働く職場として、どこが自分に合っているのか気になりますよね?

もし当てはまらない職場を選んでしまうと、例えばこうなります。

・仕事の幅が狭い為、学んだ知識が活かせず、やりがいが持てない。

・勤務時間が不規則で、プライベートが充実できない。

できれば、こんな思いはしたくないですよね。

実は、病院薬剤師は業界内でも特に大変だと言われています。

今回は、この病院薬剤師にはどんな方が向いているかについて考えてみましたので、ご紹介します。

ママミ
ママミ
この記事で、理想の働き方が分かって、あなたが病院薬剤師として働く未来が想像できたら嬉しいな

病院薬剤師のメリット

病院内で薬のプロとして働ける

病院薬剤師のお仕事は、処方箋の通りに調剤して患者さんへお渡しするだけではありません。
他にも大まかに以下のような業務があります。

・院内製剤業務
病院内でのみ扱われる薬を製剤します。
患者さんの病状に合わせた、柔軟な対応が求められます。

・病棟業務
入院している患者さんに、服薬指導を行います。
気づいたポイントがあれば、時には医師への提案も求められます。

・注射薬や点滴の調製業務
ミスの許されない、とても気の張る業務です。
病院薬剤師ならではの仕事です。

・DI(※)業務
膨大な種類の薬の情報の管理するお仕事ですが、
必要に応じて、新薬の情報収集や研究機関への情報提供も行います。

※DI
英語の「Drag Information」の略で、医薬品の情報管理の意味。

ママミ
ママミ
病院の規模によっては救急救命の現場や、治験業務のサポートも担当できるみたい

現役薬剤師
現役薬剤師
日用品やOTC医薬品(※)を売っているドラッグストアや、病院外の調剤薬局では得られない経験よね

※OTC医薬品
使用者が自身の健康状態に基づき、自己責任と自己判断において購入する薬のことで、処方箋無しで購入できる。

なかでも、ドラッグストアや調剤薬局では取り扱うことの少ない様々な薬に触れられる機会は大きなメリットだと思います。

医薬品の数は、病院の規模によっても違いますが、多いところだと1000~1500種類

調剤薬局は、多いところでも600~800種類くらいです。

ママミ
ママミ
例えば居酒屋で頼めるお酒やおつまみの種類が少ない時、ガッカリすることってありませんか?
逆に自分の知らないお酒がいっぱい置いてあったり、見たことのないメニューがたくさん載っていたりするお店って、ワクワクしますよね?

お薬の例えとしては、少し変かもしれませんけど(笑)

とにかく・・・

やりがいは大事!!

でも、その充実感を得る代償として、ゆとりを失ってしまうのはあなたにとって実は良くないかもしれません。

これらの業務はあくまで一般的な病院薬剤師としての業務です。
なのであらかじめ、その病院の規模や、実際の業務内容はよく確認しておく必要があります。

ママミ
ママミ
入ってから、「こんなはずじゃ無かった・・・!!」なんてならないようにね

専門薬剤師になれる

他にも、より専門性が問われる認定資格を取得することができるのも、病院薬剤師として働く魅力の一つです。

それが専門薬剤師です。

現在は以下の5種類の専門領域が存在します。

・がん専門薬剤師
・感染制御専門薬剤師
・精神科専門薬剤師
・妊娠、授妊婦専門薬剤師
・HIV感染症専門薬剤師

チーム医療においては、専門的な知識を兼ね備えた薬剤師はなくてはならない存在です。
医師や看護師とともに、カンファレンス(会議)に同席もします。
能力を遺憾なく発揮できる為、大きなやりがいも感じられるでしょう。

けれども、以下のように専門薬剤師になる道のりは、実はかなり険しいのです。

専門薬剤師になるには?
「専門薬剤師」になるには、まず専門領域において薬物治療の実際的な能力が必要とされ「認定薬剤師(領域別)」の認定を受けていなければなりません。
この資格は各専門領域での実務経験や実績、一定期間の研修や講習で知識と技能を高め、試験に合格することで認定されます。その上で各専門領域の研究実績が吟味されてはじめて当該領域の「専門薬剤師」と認定されます。
(中略)こうして認定された「専門薬剤師」は、薬剤業務に加え医療スタッフの教育や指導も担います。

引用:一般社団法人日本病院薬剤師会「認定・専門薬剤師」資料

さらに加えると、がん専門薬剤師の場合は、学会での論文の発表も必要らしいです。

もとより専門薬剤師は、病院以外の薬剤師ではなることができません

ママミ
ママミ
日々の仕事をこなしながら、この難易度の高いハードルを越えて行くのはだいぶ大変そう・・・

こんな人は向いている

向上心をもち勉強の為に働ける

収入面

「仕事とは=お金を稼ぐ為、汗水垂らして働くこと」

というのが、共通認識です。
そこまで泥臭く言わないにしても、本来は「生活の為」に働くものでしょう。

病院薬剤師は、たしかに経験できることや学べることの多い、言わば薬剤師業界のプロフェッショナルのような存在です。

しかしそのイメージとは裏腹に、収入面に関しては実はダントツに低いのです。

【職場ごとの平均年収】

1位:製薬会社 約720万円
2位:ドラッグストア 約500~600万円
3位:調剤薬局 約450~550万円
4位:病院 約380万円

〈参考:各転職サイトHP〉

後のキャリアアップに伴って、上記以上の年収も見込める場合はありますが、それでも順位に大きな変化はありません。

転職事情

中途者採用の場合、都心部等にある比較的大きな病院や有名な病院では、転職が難しいケースが多いです。
比較的多いのが急性期病院です。

さらに急性期病院慢性期病院よりも転職の難易度が高いとも言われています。

・急性期病院
緊急性の高い病気や怪我を中心に、専門的な高度医療を行う 

・慢性期病院
症状は比較的軽度でも、自宅に帰れる状態ではない患者さんを対象 

その理由は人気です。

急性期病院は、慢性期病院に比べて取り扱う医薬品の数が多かったり、幅広い業務を担当できるので人気があります。

見たこと、触れたことのない薬への好奇心に満ち溢れた人たちがこぞって応募してきます。

病院薬剤師は、より高度な知識や能力を求められるので、育成に時間がかかります。
新卒者採用が圧倒的に多く、中途者採用にはハードルが高い職種だと言えるでしょう。

病院薬剤師は、そもそもの転職のハードルが高いことに加え、例え転職ができたとしても、収入面であまり期待ができません。

何より、仕事>お金になれる人が向いているのではないでしょうか。

現役薬剤師
現役薬剤師
学生時代の先生も、病院薬剤師の人たちは勉強したくて働いてるんだよって確かに言ってたわ

ママミ
ママミ
もし以下のような悩みを抱えている方は間違っても病院薬剤師だけは選ばないようにしましょうね

よく薬剤師は最初は良いけど、頭打ちにあい給料は良くないと聞きます。 普通のサラリーマンに抜かれるとか。あと生涯賃金としたらサラリーマンには負けるんですか?
(一部略)

引用:Yahoo!知恵袋

正義感や使命感でNOと言える

薬剤師における重要な役割の一つとして、「疑義照会」があります。

処方箋の中に誤りや疑わしい記載などがあった場合に、医師に問い正す業務です。

法律で定められている、薬剤師の義務・権利でもあります。

もしこれを怠ってしまうと、患者さんが自身の病状と合わない薬を飲んでしまう可能性があります。
思わぬアレルギーを引き起こしたり、最悪の事態を招く可能性もありますね。
それらを未然に防ぐ上で、とても大切なお仕事の一つです。

一時期、病院薬剤師を主人公にしたドラマが流行りましたが、その中でも扱われていましたね。

何より患者さんのことを思い行動しているのに、医師の機嫌を損ねてしまい、かえって窮地に立たされる場面もありました。

ママミ
ママミ
私もいち薬剤師として、つい感情が入って悔しくなっちゃった

ドラマなんだから、だいぶ脚色されているんじゃない?
なんて意見も聞こえてきそうですが、現場では実際にあるそうです。

誤りを見つけられる正確性が必要ですし、人間関係への配慮も必要だったり、本当に神経を使う業務です。
患者さんの安全>自分の立場を押し通せる、メンタルの強さも大事になってくるかもしれません。

なかには以下の方のように、疑義照会の必要性すら疑問視するたくましい方もいたりします。

剤師が医師の出した処方箋の間違いを見つけた場合、この疑義照会は必要でしょうか?薬剤師が間違いを見つけ次第、修正するというのはダメなのでしょうか?
(一部略)

※引用:Yahoo!知恵袋

残念ですが、これに関しては、薬剤師が勝手に独自に調剤することはできないと法律で定められています。

病院薬剤師を目指す場合は、こういった、リアルと現実とのギャップに押し潰されてしまわないよう心掛けてほしいですね。

病院薬剤師のココが辛い

常に知識をアップデート

病院の特徴のひとつとして、OJTがあります。

OJTとは、職場での実践を通じて、業務知識を身につける育成手法のことです。

薬剤師のみならず、医師も看護師も例外なく、このOJTによって実践経験を積みながら
スキル(知識)を習得していきます。

現役薬剤師
現役薬剤師
医療は会議室で行うのではない!現場で行うのだ!!

というのもあながち言い過ぎではないかもしれません(笑)

業務中は、座学で逐一ノートを丁寧に取りながら、と悠長なことは言ってられません。
怪我をしていたり、病気を患っている方を待たせるわけにはいきません。

仕事を終えて帰宅してからは勉強、の繰り返し。机と向かいあう時間が長いので、寝不足にもなります。

更にいえば、この勉強には終わりがないです。

薬は新しいものが出てきますし、認定薬剤師や専門薬剤師になる為の勉強・研究もあります。

薬剤師になるために、必死に勉強して薬剤師免許の国家資格を取ったのに、働いてからはそれ以上の勉強が待っています。

現役薬剤師
現役薬剤師
遊びやプライベートの時間はなかなか取れない

と病院で勤務する私の友人もよく言っています。

ナンダカンダで体力勝負

病院にいざ勤めるとしても、実際の勤務体系は気になりますよね?

以下は、調剤薬局・ドラッグストア・病院(急性期)の薬剤師の働き方を比較した表です。

  調剤薬局 ドラッグストア 病院
残業が少ない
夜勤がない
日曜日勤務がない
勤務パターンが豊富
多職種と関わる時間

〈引用元:薬キャリ職場ナビ〉

こうして見ると、意外と一長一短で、それほど変わりなく見えもします。

けれども例えば、調剤薬局はプライベート志向の方に向いているような気がします。

ドラッグストアは勤務時間の融通が利きそうです。
シフト制を導入しているところが多いので、パート勤務や子育てで忙しいママさんには働きやすい職場ですね。

一方で、病院はというと、何と言っても一番の違いは「夜勤」がある点。

ドラッグストアでいうところの夜勤は、深夜のアルバイトのことなので、シフトの希望によるところが多いでしょう。

しかし、病院での夜勤は基本断れないでしょうし、体力面ではなかなかハードだと思います。

ママミ
ママミ
女性目線で言うと、ホルモンバランスの乱れや、生理不順などの健康被害も心配・・・

特に救急患者の受け入れがある急性期病院では、夜勤勤務はマスト

もし夜勤を断ったりしたら、それがきっかけで会社に居づらくなったり、環境が悪くなるのは誰だって嫌ですよね?

そもそも正社員として雇用されていれば、社内業務のルールには則らなければなりません。

現役薬剤師
現役薬剤師
夜勤をしていると、お肌の調子も上がらないし、肌年齢が怖くて計れない・・・

病院薬剤師として働きたくても、どうしても夜勤を避けたいのであれば、慢性期病院をオススメします。

変わった性格の人が多い

あくまで事例ですし、もちろんそうでない方もたくさんいます。

実際に友人に聞いた話もあれば、薬剤師業界に身を置いてきた私の耳に入ってきた
噂もあります。

肩書に対するプライドが異様に高い

病院薬剤師は実力社会であり、競争社会な面は正直大きいです。

中には、自己顕示欲なのか、もしくは承認欲求の高さからくるものなのか、異様に人を見下すタイプが散見されます。

薬剤師は皆大体、愚直にコツコツと勉強してきた人が多い背景もあり、意外にも真面目な人が多いです。
その反面、ずる賢い人は少ない印象ですね。

ここだけ切り取ればとても好印象なのですが・・・

その真面目さが故に、閉鎖された病院という社会の中では、性格がねじ曲がってしまう方が多いみたいです。

また、同じ薬剤師でも、病院薬剤師としてのプライドもあるみたいです。
調剤薬局やドラッグストア勤務の人、私が休職中のMRもそうですが、病院薬剤師以外を見下す人も中にはいます。

普段、医師や看護師にペコペコしているせいで、卑屈になってしまうのでしょうか。
自分を保とうとする自己防衛本能?みたいなところもあるかもしれません。

もしも純粋で真面目だった人が、仕事が原因で性格が歪んでいくとしたら、そんなのは悲しすぎますよね?

そういった職場は、雰囲気も悪くなり、また同じような人を生みます。
良くない循環ですね。

現役薬剤師
現役薬剤師
あなたがもし病院薬剤師として業界に飛び込む覚悟があるなら、自分をしっかり持って、流されてしまわないようにね!

人の接し方がコミュ障レベル

薬剤師の中でも、病院薬剤師が一番、医師、看護師、患者さんと接する機会は多いです。

それ故、コミュニケーション能力は求められるスキルの一つのはずです。

けれど実際には、生真面目さから来るものなのか、感情を表にあまり出せない人も多いです。
いわゆる、オタク気質なコミュ障な人も少なくないようです。

そういう人たちは、お薬の説明をするにしても、患者さんにとって分かり易い説明ができません。
ただただ怖い顔で黙りこくってしまう方もいるそうです。患者さんにとっては不安しかありませんよね。

ここに関しては、薬剤師のみならず、医療業界全体にも言えることなのかもしれません。

例えば医師だと、優秀な頭脳を持ち、エリートとして育成されてきた彼らの中には、特に頑固者も多いです。

現在は休職中ですが、MR職として病院の医師相手に、営業経験をしてきた私が思うところでもあります。

そんな彼らは、患者さんや他スタッフに対しても、失礼な態度を取ることが割とあります。
(繰り返しますが、そうでない方もたくさんいます)

ママミ
ママミ
飲食業のようにいつも明るく元気な接客!とまでは言わなくても、もう少し愛想よくできたらいいのに

話を薬剤師に戻しますが、患者さんは常に不安と戦っています。
少しでもその不安を取り除いてあげられたら、と願う気持ちを大切にしてほしいです。

薬のプロフェッショナルであるのと同時に、薬剤師ならば、カウンセリングに関してもプロの心構えを忘れないで頂きたいですね。

まとめ

いかがだったでしょうか?
病院薬剤師におけるメリットやデメリットを、私なりの言葉でお伝えしてきました。

あなたは、この仕事に就きたいと本気で思えますか?
決して迷わせようとするつもりで聞いているわけではありません。

本当に頑張ってせっかく取得した薬剤師免許。私も取るのには苦労しました。

薬剤師になろうと思った、その時の自分の気持ちを忘れないでほしいです。
何か不満を抱えたまま仕事をするのは、精神衛生上、本当に良くないです。

私は病院薬剤師ではなく、製薬会社でMRとして働いていましたが、やりがいは感じていました。
けれども、もうすぐ育休を終えて戻ったあとは、MR以外の薬剤師業界での転職を考えています。

私がそう決めた理由はシンプルです。

何よりも家族が大切だからです。

この考えに至ったのは、自分にとって一番大切な存在や気持ちに向き合った結果です。

あなたにとって一番大切な理想の未来を描きましょう。

実りある転職活動、心から応援しています♪

最後までご覧頂きありがとうございました。

現役薬剤師
現役薬剤師
ママ業を大事にしたい今は、できれば短時間パートで働きたい!
でも、そんな求人あるのかな?
そんなママ薬剤師がチェックしたいパート求人へのサポートが充実しているおすすめ転職エージェントBEST3をご紹介します!
コロナ禍で求人が少なくなっている今だからこそ、転職エージェント選びはとても大切!
是非チェックしてみてくださいね☆

>>【ママ目線で15社比較!】ママ薬剤師におすすめしたい!薬剤師転職サイト比較ランキング