薬剤師の働き方

有給をしっかり消化しよう!!パート薬剤師の有給取得のまとめ!!

ママミ
ママミ
MRとして育休復帰後、子育てと仕事の両立がまったくできずパート薬剤師への転職を決意。

思い出しただけでも辛すぎて涙がでます……
初めまして!現役転職活動中のママミです。
詳しいプロフィールはコチラ

良い求人に出会うには情報収集が全て!

コロナの影響で薬剤師の求人は確実に減っています!

私の住む地域では、短時間パートや派遣薬剤師の新規求人はめったに出てきません。例え出てきたとしても、人気の求人はすぐ無くなる現状…

そこで重要なのが情報収集だと思っています!

転職エージェントであれば、自分の求める条件を伝えておくだけで、新規で求人が出てきた際や、市場で公開されていない求人を教えてくれます。

この状況さえ作れていれば、自分で求人サイトをポチポチする手間も省けて、普段時間のない人でも効率よく転職のための準備ができます

>> 今、転職エージェントを利用すべき3つの理由

皆さんは有給休暇と聞いてどのようなイメージを持たれますか?

現役薬剤師
現役薬剤師
有給休暇って社員だけの制度じゃないの?

現役薬剤師
現役薬剤師
パートで有給なんて消化できるわけがない!!

とイメージされる方が多いと思います。

実はパートでも有給の取得は可能なんです!

ですが、あまりにも社会のマイナスイメージが強くなかなか浸透はしていません。

ママミ
ママミ
「私も以前は有給なんて悪だ!!」って思ってました!

しかし、有給の制度をしっかりと活用しないとあなたは勿論
会社にも不利益をもたらす場合も、、、

そんなことにならないためにも、制度をしっかり理解し、有給をしっかりと消化していきましょう!!

パートでも取れる?有給休暇とは?

そもそも有給休暇とは?

そもそも有給休暇とはどのような制度なのでしょうか?
他の休暇とも比較しながら、その概要について説明します。

有給休暇とは?

正式には「年次有給休暇」といい、簡単にいうと「休暇を取得しても、その日の分の給料(賃金)が支払われる制度」のことです。「年次」という名の通り、一定の要件に該当すれば、毎年一定の日数の休暇が与えられます。

労働基準法によって、勤務条件が一定の基準を満たしていれば、会社側はアルバイトやパートであっても有給休暇を与えなくてはならないと定められています。
つまり、正社員や契約社員以外でも有給休暇は取れるということです。

実際何日取れる?

上記内容で『一定の基準を満たしていれば』と記載していましたがどんな条件でしょう?

労働基準法では、

使用者は、6ヵ月以上継続勤務し、全労働日の8割以上出勤した労働者に対して、有給休暇を与えなければならない

と記載があります。具体的には2つのパターンで分かれますので具体的に解説していきます。

正規社員と同等の有給が得られるパターン

このパターンの条件は1または2のどちらかに当てはまる方が対象です。

  1. 1週間の所定労働時間が30時間以上
  2. 1週間の所定労働日数が5日以上(または、1年間の所定労働日数が217日以上)

このどちらかに当てはまる方は、正社員と同様の有給が得られます。具体的な日数を表にまとめてますので参考にしてください。

引用:厚生労働省HP

有給が少ないパターン

出勤日数が少なくても条件に当てはまれば有給が得られます。

このパターンは、上記の条件から外れていて、
下記の条件のどちらかに当てはまっている方が対象になっています。

  1. 1週間の所定労働時間が30時間未満
  2. 1週間の所定労働日数が4日以下(または、1年間の所定労働日数が216日以下)

となっております。具体的な日数は下記の通りです。

引用:厚生労働省HP

上記の表のように働いた日数によって、もらえる有給の日数が変わりますので、
皆さんも確認してみてください。

現役薬剤師
現役薬剤師
週に1日、年間48日以上あれば有給を貰えるのね!!

正社員?パート?損得だけでは選べないママ薬剤師の現場復帰[調剤薬局編] ママさん薬剤師にとって、育休後の復帰や子育てが落ち着いたタイミングでの職場復帰は緊張するもの。 ブランクはもちろん、家事や育児...

有給を取りづらい時の対処法

以上がもらえる有給の権利です。

現役薬剤師
現役薬剤師
権利はわかったけど、なかなか有給なんて取得しづらいよ、、、

確かにまだまだ有給が取得しづらいのが現状です、
ですが、あなたが有給を取得しないことで会社が国から罰せられる場合もあります。

実は、2019年4月から、労働基準法の改正により有給休暇の取得が義務化されました。

使用者は、第一項から第三項までの規定による有給休暇(これらの規定により使用者が与えなければならない有給休暇の日数が十労働日以上である労働者に係るものに限る。以下この項及び次項において同じ。)の日数のうち五日については、基準日(継続勤務した期間を六箇月経過日から一年ごとに区分した各期間(最後に一年未満の期間を生じたときは、当該期間)の初日をいう。以下この項において同じ。)から一年以内の期間に、労働者ごとにその時季を定めることにより与えなければならない。ただし、第一項から第三項までの規定による有給休暇を当該有給休暇に係る基準日より前の日から与えることとしたときは、厚生労働省令で定めるところにより、労働者ごとにその時季を定めることにより与えなければならない。
(引用:労働基準法第39条7)

要約すると、
年に10日以上の有給休暇が付与されている労働者には、
必ず5日取得させなければいけない。
ということです。

つまり、あなたが有給を取得しないと会社が罰せられることになってしまいます!!

現役薬剤師
現役薬剤師
そうは言ってもなかなか申告しにくいよー

と言った方に向けて、
申告しやすいようにポイントに分けて解説します!

とりあえず申告してみる。

有給を取りづらいと感じる場合でも、勇気を出してまずは有給を申請してしましょう。

実は、有給を取れない雰囲気と自分が感じているだけで、実際に有給を申請すると意外と何も言われない・すんなり有給が取れる職場も多いです。

また、有給を定期的・継続的に取得すれば、職場内に有給を取っても良い雰囲気ができやすいので、有給を取得しやすくなると言えるでしょう。

ママミ
ママミ
有給休暇の好循環を作っていきましょう!

早めに申告する。

確かに有給は権利ではありますが、だからと言って『明日有給で休みます』というのは、上司にも、同僚にも迷惑をかけてしまいます。

上司がパートやアルバイトの予定を決める1ヶ月前、遅くとも二週間前に申告するようにしましょう。

ママミ
ママミ
事前に言ってくれれば上司も対策も取れますからね!!

感謝の気持ちを忘れずに。

権利を振りかざして強気で有給を取得すると上司や同僚からも嫌がられてしまい、
職場の雰囲気が悪くなってしまいます。

過度に遠慮する必要は決してありませんが、かといって強引に取得をせずに、上司や同僚に感謝の気持ちを忘れないようにしましょう。

ママミ
ママミ
感謝、感謝

ダメなら転職もあり?

有給を申請して、あまりにも受理してくれない場合や、あまりにも嫌味を言ってくる場合は転職を考えるのもありかもしれません。

なぜなら、そのような職場は有給取得だけではなく日頃の業務環境も悪い可能性がかなり高いです。
そのような職場で働くよりも、別の環境の良い職場で働いた方が総合的にみて良い結果になりやすいです。

その際に、同じような結果にならないうようにしっかりと情報収集を行い、『転職エージェント』などの転職サービスを有効活用しましょう。

転職エージェントの活用については
下記の記事にまとめさせて頂きましたので参考にしてみてください!!

『今』薬剤師転職エージェントを活用する3つの理由 ・今すぐ転職したい訳ではないんだけど・・ ・一度登録するとしつこく求人を勧められそう・・ ・転職をするタイミングで転職エ...
ママミ
ママミ
転職エージェントを利用すれば、希望する職場の情報を簡単に教えてくれますよー

まとめ

いかがだったでしょうか?

  1. 有給の制度を把握する
  2. 対処法を身につける
  3. ダメなら転職する?

 

以上の点を解説してきました。
ポイントを抑えて参考にしてください!

有給はパートであっても権利があり、しっかりと取得することができます
権利を振りかざすのではなく、会社に寄り添う姿勢を見せてしっかりと有給を消化してしまいましょう!

『ママ薬剤師必読』パートのメリット・デメリットは? 時給や仕事内容も職場ごとに徹底解説 ■ ママ薬剤師にピッタリな働き方って、やっぱりパートかな? ■ パート薬剤師の時給って、職場ごとにどれくらい違いはあるの? ...

現役薬剤師
現役薬剤師
ママ業を大事にしたい今は、できれば短時間パートで働きたい!
でも、そんな求人あるのかな?
そんなママ薬剤師がチェックしたいパート求人へのサポートが充実しているおすすめ転職エージェントBEST3をご紹介します!
コロナ禍で求人が少なくなっている今だからこそ、転職エージェント選びはとても大切!
是非チェックしてみてくださいね☆

>>【ママ目線で15社比較!】ママ薬剤師におすすめしたい!薬剤師転職サイト比較ランキング