病院薬剤師

大学病院薬剤師の給料は安い?月収や年収について調査してみた結果

ママミ
ママミ
これまで、利用した薬剤師転職サイトは15社!
子供と過ごす時間を大切にしたいママ薬剤師に、良さそうな求人情報をひたすら調べています☆
>>ママミの詳しいプロフィールはコチラ

理想の働き方を求めるママ薬剤師へ
コロナの影響で処方箋枚数が減り、数年前と比べてパートや派遣の求人が圧倒的に少なくなっているそうです。

ママミ
ママミ
実際に私の住んでいる地域では、午前のみなどの短時間パートの新規求人は数か月に1件程度しか出てきません。
しかも、そのようなママにとって理想的なパート求人は人気で、出た瞬間になくなってしまう!
だからこそ、常に情報収集できるよう転職エージェントに登録しておくことが、コロナ禍の今の理想の職場探しには重要です。
転職エージェントでは、情報収集のみの利用ももちろんOK!
最近の求人の動向などを知ることでき、登録&利用も無料というのが何より嬉しいポイントです♪
>>理想の働き方を実現するために!『今』薬剤師転職エージェントを活用する理由

 

ママミ
ママミ

大学病院の薬剤師の給料ってどれくらいなんだろう。

調剤薬局やドラッグストアで働くのと比べて、高いのかな? 

就職活動や転職活動をしていると、薬剤師として働くうえでの給料の相場が気になりませんか?

本日は「大学病院の薬剤師の給料」が一体いくらなのか、また、ドラッグストアや薬局と比較して高いのか安いのか、こういった疑問にお答えしていきます。

大学病院で働く薬剤師の給料はいくら?

結論からお伝えすると、病院勤務の薬剤師の給料は、初任給で月収20~25万円、初年度年収300~350万円、平均年収400~650万円が相場となっています。

(出典:賃金構造基本統計調査会社四季報オンライン

 

その中でも、大学病院勤務の薬剤師の給料についてですが、国公立大か私立大かによって給料は異なります。

国公立大学病院の場合は、国家公務員の給与表に基づいた初任給が適用されます。薬剤師は医療職俸給表(二)が適用され、2019年度の6年制薬剤師の初任給(1級39号俸)は月額20万4500円です。ここに賞与や手当を含めると、年収は300万円程度となります。

私立大学病院の場合は、病院ごとに異なりますが、国公立病院と比較して毎月数万円高く設定されていることが多いようです。賞与や手当を含めると、私立大学病院の年収の相場としては、350万円程度となります。

 

このように、初任給のみで比較すると、私立大学病院のほうが条件がいいように思えますが、国公立大学病院で働く場合は、国家公務員の「定期昇給」により、勤続年数に応じて年収が上がっていきます。

長く勤める場合は、初任給で比較するのではなく、昇給についても確認しておきましょう。

大学病院で働く薬剤師の給料って高い?安い?

薬剤師が働く先の給料を年収の相場順にすると、以下の順となっています。

薬剤師の勤務先 平均年収ランキング

1.製薬会社(平均年収:600~1200万円)

2.ドラッグストア(平均年収:500~800万円)

3.調剤薬局(平均年収:450~700万円)

4.病院(平均年収:400~600万円)

(出典:賃金構造基本統計調査会社四季報オンライン

ママミ
ママミ
病院が一番安いのね…

パパ
パパ
稼ぎたい人は、製薬会社で働くのがよさそうだね。

つまり、病院で働く薬剤師は、製薬会社、ドラッグストア、調剤薬局で働く薬剤師より給料の相場が低いです。

 

実際のところ、大学病院勤務ってどうなの?

ママミ
ママミ
病院の給料が安いのはわかったけど、大学病院で働くメリットとデメリットについても知りたいな。

ここから先は、大学病院に就職・転職しようか迷っている方へ、大学病院で勤務するメリットとデメリットについてお伝えします。

大学病院で薬剤師として働くメリット

・異業種とのチーム医療に携われる

大学病院では、医師や看護師などといった他の医療専門職とチームを組み、患者さんの治療や療養を多面的にサポートする「チーム医療」が行われます

チームで医療に携わることができるのは、調剤薬局や小規模な病院では経験できない、大学病院薬剤師ならではの醍醐味ですね。

 

・取り扱う薬剤の幅が広い

大学病院での業務の特徴の1つとして、さまざまな診療科の薬剤を扱っていることが挙げられます。

調剤薬局やドラッグストアでは、周辺の病院の診療科目が少ない場合、使用する薬剤の種類がある程度限られます。

一方で、大学病院は一般病院よりも多くの診療科目が設置されていることが多く、さまざまな病気やケガを患っている人に対応しているため、取り扱う薬剤の幅も広くなります。

 

・研修制度が充実している

大学病院では、特定分野の認定薬剤師や専門薬剤師の資格取得が推奨されているところが多く、資格取得のための研修制度が整っていたり、勉強会が頻繁に行われています。

資格取得への意識が高い方、スキルアップを望む学習意欲の高い方におすすめです。

大学病院で薬剤師として働くデメリット

・仕事量が多く、忙しい

大学病院の場合、さまざまな診療科目があるため、一般の病院や調剤薬局で働く場合と比較して、調剤業務や患者さんへの服薬指導で忙しいです。

上記のような業務のほかに、大学病院の薬剤師はチーム医療の一員でもあるため、医師の回診に同行したり、会議への参加などの業務もあります。

 

・他の職場と比べて、給料が安い

前述のとおり、病院薬剤師の給料はドラッグストアや調剤薬局よりも安いです。

大学病院の求人に応募する求職者が多く、ドラッグストアや薬局より給与が安くても人材が集まるという現状から、給与が安く設定されていることが多いのです。

人によっては、入職後に業務量に対しての対価が安いことから、モチベーションが下がってしまうこともあるでしょう。

 

・当直があり、勤務スケジュールが固定でないことも

勤務先の大学病院によっては、24時間体制で薬剤部を稼働させる必要があるため、薬剤師も医師と同様に当直をします。

当直の際は自分で調剤した薬を自分で監査しなければならず、緊張感のある仕事となります。また、当直により生活リズムが崩れ、心身に不調をきたすこともあるでしょう。

 

大学病院の薬剤師になるには?

ここまで、大学病院で働く薬剤師の給料と働くメリット・デメリットについてお伝えしました。

では、実際、どのようにして大学病院に就職・転職するのでしょうか?

新卒採用が中心である

現状、大学病院の薬剤師の求人は、新卒採用の募集がほとんどです。

病院により選考スケジュールが異なるので、就職サイトや学校の求人、エージェントを利用して興味のある病院について情報収集し、選考日程を確認しておきましょう。

ママミ
ママミ
新卒の募集がメインなのね。転職は難しいのかしら?

大学病院の薬剤師に転職するには?

大学病院の中途採用の求人は、その病院で欠員が出た際に発生します。新卒採用とは異なり、決まったスケジュールがあるわけではないので、こまめに情報収集しておくことが大事です。

大学病院で働いてみたい!という方は、いつ募集が開始しても求人に応募できるように、薬剤師向け転職サイトやエージェントに登録しておきましょう。

また、大学病院の薬剤師の求人は、募集人数が少ないのにもかかわらず、応募が殺到するため倍率が高いです転職活動の準備として、これまでの自分のキャリアや持っているスキルについて予め整理しておくといいですね。

まとめ

大学病院薬剤師の給料は、初任給で20~25万円、平均年収で400~600万円が相場、薬剤師の勤務先の中では給料が安い方です。

ただし、働くメリットとしてチーム医療に携われたり、取り扱う薬剤が広く、多くの経験を積めることから人気の就職先となっています。

デメリットとして、仕事量に対して給料が安く、職場によっては当直があることが挙げられます。

ママミ
ママミ
自分が希望するキャリアや働き方と、メリット・デメリットを比較して決めた方がよさそうね!

 

 

 

現役薬剤師
現役薬剤師
ママ業を大事にしたい今は、できれば短時間パートで働きたい!
でも、そんな求人あるのかな?
そんなママ薬剤師がチェックしたいパート求人へのサポートが充実しているおすすめ転職エージェントBEST3をご紹介します!
コロナ禍で求人が少なくなっている今だからこそ、転職エージェント選びはとても大切!
是非チェックしてみてくださいね☆

>>【ママ目線で15社比較!】ママ薬剤師におすすめしたい!薬剤師転職サイト比較ランキング