転職

もう一度見直して!?転職で差がつく志望動機【薬剤師編】

ママミ
ママミ
MRとして育休復帰後、子育てと仕事の両立がまったくできずパート薬剤師への転職を決意。

思い出しただけでも辛すぎて涙がでます……
初めまして!現役転職活動中のママミです。
詳しいプロフィールはコチラ

良い求人に出会うには情報収集が全て!

コロナの影響で薬剤師の求人は確実に減っています!

私の住む地域では、短時間パートや派遣薬剤師の新規求人はめったに出てきません。例え出てきたとしても、人気の求人はすぐ無くなる現状…

そこで重要なのが情報収集だと思っています!

転職エージェントであれば、自分の求める条件を伝えておくだけで、新規で求人が出てきた際や、市場で公開されていない求人を教えてくれます。

この状況さえ作れていれば、自分で求人サイトをポチポチする手間も省けて、普段時間のない人でも効率よく転職のための準備ができます

>> 今、転職エージェントを利用すべき3つの理由

志望動機を書く際にググってみる。

この経験、誰にでもあるのではないでしょうか?

でも、ネットで検索した例文通りの志望動機。

これでほんとに大丈夫でしょうか?どうやってライバルと差をつけますか?

もちろん最後はプロが見る転職サイトで添削するのが一番だと思います。

でもその前に、この記事を読んで誰にも負けないあなただけのオリジナル志望動機を考えてみませんか?

ママミ
ママミ
例文をコピーはNG!志望動機を自分のものにしましょう!

■この記事はこんな人におすすめ
・薬剤師免許取得済の方
・流動性が高い薬局やドラッグストアへの転職活動中また転職予定の方
・ライバルと差をつけたい方

薬剤師転職の志望動機を徹底解剖!

どんな仕事でも面接の際は必ず聞かれるといってもいい志望動機。

「なぜ志望動機を聞かれるのか」を考えたことがありますか?

ママミ
ママミ
必ず聞くってことは理由があるよね?

①【理由を知る】志望動機は重要なの?

下記は、書類選考の担当者に聞いた 履歴書の内容で最も重視する項目は という質問に対する回答です。

志望動機と答えた人が全体の23%を占めており、職歴に次いで2番目に多い回答です。

職歴自体は変えようもなく、嘘もつけません。

つまり 自分の努力と工夫次第で最もライバルと差がつくのは「志望動機」 ということになりますね。

ではなぜそんなに志望動機が重要なのでしょうか?

以下3つが主なポイントです。

・数ある会社からなぜ自社を選んだのか = 熱意を確認する
・自社のニーズと合致しているか = リサーチ力を探る
・入社後どのように活躍したいのか = ビジョニング力の精度を知る

よく志望動機を「ラブレター」に例える人がいます。

あなたも恋人に思いを伝える時の気持ちを思い出してみてください。

前提として、好きな人に告白するには、気持ち(熱意)が大切ということです。

そして次に、相手のことをどれだけ知っているか。知らないということはそれほど興味がないということに直結します。

最後は、自分なら相手をどう幸せにできるのか、を伝えることです。これは具体的であればある程心に刺さりますよね。

ママミ
ママミ
「企業」といってもそこにあるのは物ではなく人ですからね!

②【ライバルを知る】薬剤師の転職市場動向を知ろう!

では次に、転職市場の動向を学んでみましょう。

まずは、どんな人が転職活動を行っているのでしょうか。

全体の78%転職経験者。かつ平均転職回数は2.5回と他業種に比べ薬剤師は転職ニーズが高いことがわかります。

ママミ
ママミ
転職経験が豊富な人が多い=ライバルが多いということは頭に入れておいた方がいいですね!

続いて下記は、転職をするうえで重視することのグラフです。

引用元:薬キャリ職場ナビ

給与や勤務時間など「待遇の良さ」を求めている人が多いことがわかりますね。

ママミ
ママミ
裏を返せば今の職場での悩みがグラフに表れているということになりますね。

ここがポイント!うまくいく志望動機の書き方

①薬剤師としての経験・成果を伝える

自分の能力をアピールするために、しっかり今までやってきたことを伝えましょう。
この際重要なことは二点です。

ひとつは、具体的である
「どんな診療科の薬を取り扱っていたのか」「管理薬剤師の経験はあるのか」など、より具体的な話をすることで、採用側はどの程度即戦力として活躍ができるかイメージをすることができます。

ふたつめは、会社が求める能力と合致させること。
いくら能力をアピールしたところで、それが会社の求める能力ではない場合、全く意味がありません。必ず会社側が求める人物像を探り、自身の能力とマッチングさせてください。

詳しくは下記の動画も参考にしてみてください。

 

②ネガティブはポジティブに転換!

とはいえ実際の転職理由はネガティブな理由の人も多いはず。
特に前述したグラフの通り、「待遇」や「人間関係」など、そのまま伝えてしまうと、

またすぐに「人間関係が…」と言い出すのでは?
給与が問題なら、会社の事業や仕事内容は、あまり興味ない?

と思われてしまう可能性が高いですよね。

では、こう考えてみましょう。

「人間関係が悪いことを気にしているということは、周囲の人との協力関係を築き、スムーズに業務を進めていきたい意志が強い」
「自分の仕事に自信があるからこそ、給与への不満が出てくるもの。自分の仕事を評価してくれる会社で働きたいという、「仕事に対する前向きな姿勢」の表れ」

※具体例を下記Q&Aで解説しています!

③なぜ入社したいのかは具体的に!

最も重要なのが、なぜ多数会社がある中でその会社を選んだのか、という点です。
そこで必要なのは企業研究です。方法としては主に3つ。

①公式WEBサイト…その会社の強みは何か、今後どんなことに注力をするつもりなのかを知る。
②就職四季報…その会社の業績を他者視点でどう評価されているのかを知る。
③口コミサイト…従業員の就業実態を知り、どんなところを支持しているのかを知る。

どの会社でも当てはまるような説明では、会社側からは「この人はどの会社でも同じことを言っているのでは?」と思われてしまいます。

上記3つの方法を使ってあらゆる角度からその会社にしかないポイントを探り当ててください。

これだけはやってはいけない!NGポイント

あまり気にしすぎるのもよくないですが、志望動機には必ずNGポイントが存在します。

その①:自分のメリットだけを強調
働くには協調性が大切です。自分さえよければ、と捉えられかねません。
その②:自分の成長を連呼
自分の成長ではなく会社の成長にどう貢献できるかが重要。
その③:給与に関する話ばかりする
重要なポイントですがしつこいのは禁物。お金にならないことは協力しないと捉えられかねません。
その④:話に具体性がない
思いだけが先行してもいけません。話に具体性がないと、目標に対するロードマップを作成できないのでは?と捉えられかねません。

ママミ
ママミ
常に相手の立場にたって物事を考えられるかがポイントですね。。

志望動機Q&A・例文ですっきり回答!

現役薬剤師
現役薬剤師
人間関係が悪かったから転職したとは言いづらい。。

「前職では、個人業務の担当が多く、チームで行動する機会があまりありませんでした。しかし、私は周囲と連携して、効率よく仕事を進められるようにしたいと考えるタイプです。個人で完結する仕事よりもチームワークにより成果をあげるような仕事に就きたいと考えて、転職をすることにいたしました。」

現役薬剤師
現役薬剤師
給与が低かったから転職したとは言いづらい。。

「前職は、年功序列の給与体系でした。その結果自分の成長を実感しにくく、目標設定も難しかったのが事実です。これからは成果によって評価される会社で、さらに自分の能力を高めて成長していきたいと考えました。」

ママミ
ママミ
とにかくオリジナリティを出したい!

消去法で、貴社を選びました。失礼ながら、本当の話です。初めは、働かなければいけないなら、興味を持てる薬剤師かな程度の気持ちで応募しました。しかし「なぜ貴社だけ残ったのだろう」と思い、これまでの自分を振り返ったところ、高校時代のある経験がとても大きかったと気づきました。

病弱で貴社によくお世話になっておりましたが、貴社で働く薬剤師さんと会話をするにつれ、明るく前向きな自分になることができました。

今では、働くなら貴社しかない。貴社であの頃お世話になった薬剤師さんのように、人を笑顔にできる人になりたい。そう思っております。

ママミ
ママミ
賢く無難に攻めたい!

私は、薬に関して強く関心があります。薬は人を救うことができるものですが、反対に誤った使い方をして薬害事件にまで発展する場合もあります。薬は有用性と危険性をあわせ持っているため、薬を使用する際は、正しい知識と正しい使用方法が不可欠です。もし貴社へ入社することができましたら、薬による悲惨な事件を繰り返さないために、人々の治療をサポートしていきたいです。

現役薬剤師
現役薬剤師
高収入のドラッグストアに転職したい!

私は、御社の地域貢献を柱とした経営理念に感銘を受けました。昨今は、ドラッグストアの競争は激しく、利益優先の考え方が多く感じています。

私は、生まれ育った地元のために、役に立つ仕事をしたいと考えていますので、もし御社に入社することができたら、御社のように地域貢献を通して、地元の人々の生活を支えられるようになりたいと思います。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

転職ニーズが高い薬剤師においては、6年から7年で転職をする人が最も多いと言われています。

ライバルが多いだけに、いかにして自分の強みをアピールできるかに捉われがちですが、実は重要なのって いかに未来を語れるか のような気がします。 

実績をとうとうと語られても結局他人にはわからないものです。

過去がどうであれ、未来を見ている人に明るい未来は訪れる、そう信じて進みたいものですね。

現役薬剤師
現役薬剤師
ママ業を大事にしたい今は、できれば短時間パートで働きたい!
でも、そんな求人あるのかな?
そんなママ薬剤師がチェックしたいパート求人へのサポートが充実しているおすすめ転職エージェントBEST3をご紹介します!
コロナ禍で求人が少なくなっている今だからこそ、転職エージェント選びはとても大切!
是非チェックしてみてくださいね☆

>>【ママ目線で15社比較!】ママ薬剤師におすすめしたい!薬剤師転職サイト比較ランキング