薬剤師のお仕事

薬局の忙しさは処方箋枚数でわかる? 理想の職場を見つけよう!

ママミ
ママミ
これまで、利用した薬剤師転職サイトは15社!
子供と過ごす時間を大切にしたいママ薬剤師に、良さそうな求人情報をひたすら調べています☆
>>ママミの詳しいプロフィールはコチラ

理想の働き方を求めるママ薬剤師へ
コロナの影響で処方箋枚数が減り、数年前と比べてパートや派遣の求人が圧倒的に少なくなっているそうです。

ママミ
ママミ
実際に私の住んでいる地域では、午前のみなどの短時間パートの新規求人は数か月に1件程度しか出てきません。
しかも、そのようなママにとって理想的なパート求人は人気で、出た瞬間になくなってしまう!
だからこそ、常に情報収集できるよう転職エージェントに登録しておくことが、コロナ禍の今の理想の職場探しには重要です。
転職エージェントでは、情報収集のみの利用ももちろんOK!
最近の求人の動向などを知ることでき、登録&利用も無料というのが何より嬉しいポイントです♪
>>理想の働き方を実現するために!『今』薬剤師転職エージェントを活用する理由

調剤薬局の求人を見ていると「処方箋枚数」という情報をよく目にしますよね。
多くの場合は「1日~枚」という形で書かれています。

現役薬剤師
現役薬剤師
枚数が多い薬局は忙しそうだなあ…

わざわざ求人票に書かれているくらいだから大事な情報のはず。
詳しく知らずに転職活動をしていては入った後に後悔することもあり得ます。

現役薬剤師
現役薬剤師
入ってからブラックだと気付くのは辛すぎる(泣)

ご安心ください!
この記事では処方箋枚数と薬局の忙しさについて解説していきます。

読めばきっとより良い職場を探しやすくなりますよ♪

処方箋枚数で忙しさがわかるの?

調剤薬局での薬剤師の主な業務内容は処方箋を受けての調剤業務です。
そのため、1日の処方箋枚数という情報は、確かにその薬局の忙しさを推し量ることに役立ちます。

ただし、ただ単純に枚数を見るだけではダメなんです!

では、処方箋の枚数について詳しく解説していきますね♪

薬剤師が1日に扱う処方箋の枚数にはルールがある

薬局薬剤師の配置基準は
「薬局並びに店舗販売業および配置販売業の業務を行う体制を定める省令」
によって定められています。

具体的には、1日平均40枚毎に薬剤師を1人配置する必要があるというものです。
1日平均40枚未満の薬局なら1人、41枚以上なら2人、というように薬剤師を配置する必要があるということですね。

ママミ
ママミ
省令でちゃんとルールが決められているんだね

ここで1点注意したいのが、これはあくまで1ヶ月に対応した処方箋の総数を対応薬剤師の総出勤日数で割った数が40枚以内ならOKというところです。

つまり、1ヶ月のなかで数日程度局所的に41枚以上対応する日があったとしても、平均が40枚未満なら問題ないということですね。

処方箋枚数のルール

薬剤師1人につき1日平均40枚まで

平均が40枚以内なら、超える日があっても問題なし

処方箋枚数だけで忙しさを計ることはできない!?

現役薬剤師
現役薬剤師
処方箋枚数のルールはわかった!

現役薬剤師
現役薬剤師
ルールが一人当たりで決められているように、
忙しさも総数より一人当たりの枚数を考えないとわからないね?

そうなんです!

求人票に記載されている「1日~枚」の情報だけではその薬局の実情はわからないんですね。

例えば次の3つの薬局があったとします。

・薬局A…1日500枚の処方箋を処理

・薬局B…1日100枚の処方箋を処理

・薬局C…1日20枚の処方箋を処理

この情報だけを見ると、薬局Aが一番忙しくて、その次がB、一番楽なのはC、という印を受けますよね?
しかし、もうお分かりかと思いますが重要なのは1人当たりの枚数です。

薬局Aでは1日25人、薬局Bでは1日4人の薬剤師が勤務している場合、一人当たりの対応枚数は次のようになります。

・薬局A…500枚/25人=20枚/人

・薬局B…100枚/  4人=25枚/人

・薬局C…  20枚/  1人=20枚/人

現役薬剤師
現役薬剤師
枚数の多い薬局Aは1人当たりの負担は薬局Cと同じだったんだ!

また、1人当たりの枚数を抜きにしても、人数というのは重要なファクターになります

例えば、先ほどのAとCの薬局で、薬剤師一人が担当する処方箋の枚数は20枚で同じです。

現役薬剤師
現役薬剤師
1人当たりの枚数が同じだから忙しさも同じくらいだよね?

よく考えてみてください。
確かに対応する処方箋の枚数は同じかもしれません。

しかし、勤務する薬剤師が1人ということは、自分が欠勤するとその日その薬局には薬剤師がいなくなってしまうということですよね?

もちろん、こういった薬局では薬剤師が欠勤する場合のフォロー体制も考えてあることが多いでしょう。
そうは言っても、薬局Aと比べたら休みを取りにくいことは想像できますよね?
また、少人数の場合は自分がフォローする側になる可能性が高いことも考えられます。

このように、単純に人数から想像できることもあるので、少人数体制の薬局への転職を考える場合は、お休みの取り方急な欠勤に対するフォロー体制がどうなっているのか気にした方がベターでしょう。

薬局の忙しさを知るには?

1人当たりの処方箋の枚数が重要!

薬剤師の人数から働き方を想像しよう!

理想の職場を見つけよう!

現役薬剤師
現役薬剤師
調剤薬局の忙処方箋の枚数の関係は分かった!
これを元に自分にとって理想の条件の職場を探すぞ!

薬局の忙しさを知る上で重要なポイントはここまででわかったはず。

ではここからは自分が求める条件の職場を探すためには求人票をどう見ていけばいいのか。
実際の求人例も見ながら解説していきます。

1人当たりの処方箋枚数は求人票に書いてあるの?

次の画像は実際にあった求人票の基本情報欄です。

引用:ヤクジョブ.com

現役薬剤師
現役薬剤師
1日に薬剤師が何人勤務しているか書いてない!

そうなんです。基本情報に書かれている処方箋枚数は基本的にはその薬局全体でのもの。
ここからわかることは薬局の規模感だけになります。

しかし、求人によってはアピールポイントとしてこんなことを書いてくれていることも!
次の画像は先ほどの求人のおすすめポイントが書いてある欄になります。

引用:ヤクジョブ.com

現役薬剤師
現役薬剤師
1人当たりの枚数が書いてあった!

こちらの薬局では1人あたり25枚以下になるように配置が行われているようですね。
総数が250枚ということは1日に10人以上の薬剤師が出勤しているということがわかります。

多くの薬剤師が在籍しているからお休みも柔軟に取れて、有給消化率が高いんでしょうね♪

このように、1人当たりの処方箋枚数は求人票の基本情報以外のところに書いてあることも多いので、自分の欲しい情報がないか隅々まで探すことが大切です。

POINT!

・1人当たりの処方箋枚数は基本情報以外のところに書いてあることも

基本情報だけ見て読み飛ばしていては勿体ないかも!?

選択肢は薬局だけではない!

薬剤師が働く場所調剤薬局だけではありません。
もしあなたが他の働き方を知らないまま調剤薬局への就職を考えているなら勿体ないかも!?

他の業種を見ればもっといい条件の職場がたくさんあるかもしれません。
様々な業種を見て、自分がやりたいことが調剤薬局以外にも見つかれば、そちらへの就職も検討してみると、選択肢が広がりますよ♪

薬剤師が働く場所には主に次のものがあります。

調剤薬局の薬剤師
病院薬剤師
公務員薬剤師
製薬会社の薬剤師

当ブログにもそれぞれの仕事内容について紹介した記事があるので、
気になる方はぜひ読んでみてくださいね!

私って調剤薬局の薬剤師に向いてるの?仕事内容と魅力について薬剤師の方で職種変更のため転職を考えている方や、休職中から復職される方で調剤薬局を考えている方に、自分は調剤薬局に向いてるの?と思ってい...
https://yakuzaishi-mama.com/byouinnyakuzaisi-sigotonaiyou-miryoku/
https://yakuzaishi-mama.com/public_employee/
製薬会社での薬剤師の仕事内容とは? どんな人が向いてるの?企業で働くやりがい、キャリアアップ、他の業種の人たちとの関わりなど、 薬剤師にとって製薬会社で働くことには魅力がたくさんありますよね!...

まとめ

今回は処方箋の枚数と忙しさの関係について解説しました。

重要なのは総数ではなく1人当たりの枚数人数でしたね。
重要なところがわかれば、求人票の見方も変わり、より自分に合った職場を見つけやすくなるはずです!

今後の就職・転職活動に役立てて頂ければ幸いです♪

現役薬剤師
現役薬剤師
ママ業を大事にしたい今は、できれば短時間パートで働きたい!
でも、そんな求人あるのかな?
そんなママ薬剤師がチェックしたいパート求人へのサポートが充実しているおすすめ転職エージェントBEST3をご紹介します!
コロナ禍で求人が少なくなっている今だからこそ、転職エージェント選びはとても大切!
是非チェックしてみてくださいね☆

>>【ママ目線で15社比較!】ママ薬剤師におすすめしたい!薬剤師転職サイト比較ランキング