転職

薬剤師を辞めたい!?それなら退職代行で楽々退職!!退職時にトラブルを避ける方法!!

ママミ
ママミ
MRとして育休復帰後、子育てと仕事の両立がまったくできずパート薬剤師への転職を決意。

思い出しただけでも辛すぎて涙がでます……
初めまして!現役転職活動中のママミです。
詳しいプロフィールはコチラ

良い求人に出会うには情報収集が全て!

コロナの影響で薬剤師の求人は確実に減っています!

私の住む地域では、短時間パートや派遣薬剤師の新規求人はめったに出てきません。例え出てきたとしても、人気の求人はすぐ無くなる現状…

そこで重要なのが情報収集だと思っています!

転職エージェントであれば、自分の求める条件を伝えておくだけで、新規で求人が出てきた際や、市場で公開されていない求人を教えてくれます。

この状況さえ作れていれば、自分で求人サイトをポチポチする手間も省けて、普段時間のない人でも効率よく転職のための準備ができます

>> 今、転職エージェントを利用すべき3つの理由

「仕事を辞めたい」

そのように思われている方も少なくはないのではないでしょうか?

特に薬剤師は、

現役薬剤師
現役薬剤師
薬の在庫管理がきついしいつも人員不足

現役薬剤師
現役薬剤師
管理薬剤師と合わないし人間関係に疲れた、、

などと、多くの業務負担から辞めたいと思っている方は、
他の業種より多いかもしれません。

ただ、いざ辞めようと思っても、

現役薬剤師
現役薬剤師
知人は退職時にトラブルにあったし、なかなか上司に言い出せない。

といった方がほとんどで、なかなか辞めたくても辞められない方が多いのではないでしょうか?

しかし、今は『会社をやめよう!!』と決断した即日に会社を簡単に退職することができる方法があります!!

それは、

『退職代行サービス』

です。この記事では、実際に薬剤師を辞めたいけど、

『なかなか自分では言い出せない』『ややこしいことは避けたい』

といった方に参考になってくれたら嬉しいです。

薬剤師を辞めたい!!でも、そもそも退職代行とは?

 

退職代行サービスとは、会社に雇われている方(労働者)が会社に対して、

『退職したい』

といった意思を代わりに行ってくれるサービスです。

実は退職代行といった業務は昔から存在しており、以前は弁護士が業務として行っていたのですが、価格も高価だったので会社と相当なトラブルになっている人しか利用されてきませんでした。

しかし、近年『ブラック企業』といった単語が出てきたこともあり、会社と労働者の間でトラブルが多発、、、

現役薬剤師
現役薬剤師
弁護士は高額で雇えないけど、会社と退職についてトラブルになってしまった、、、

そんな方に向けて、退職代行業務を専門に行うサービスができたといった経緯があります。

退職代行を使用するメリット

自分で退職を言い出さなくていい

退職代行サービスを使うことで直接会社とやりとりする必要がなくなりますので、
無意味な引き留めや、不利益を被るような仕事をしなくても済みます。

また、上司や同僚と顔を合わせなくて済むので、嫌味を言われたり、なかなか言い出せないといったのを回避できます。

今日から会社に行かなくて良くなる

退職の意思を代わりに伝えてくれるので、依頼した日から会社に行かなくて済みます。

会社の規定に、

『退職の意思表示は退職日の2ヶ月以上前に伝えること』

のような記載があっても、有給を消化したり欠勤扱いにするように交渉してくれますので、
明日から行かないことも可能になります!

よくある会社とのトラブル集

1.会社をなかなか退職させてくれない

現役薬剤師
現役薬剤師
会社を辞めたいけどなかなか言い出せない、、

現役薬剤師
現役薬剤師
退職届を提出したのにうやむやにされている、、、

など、なかなか一歩を踏み出すことが出来ずに退職をできない人や、
せっかく一歩を踏み出したのに「今は忙しいから」や「代わりが入ってから」など、
さまざまな理由を言われなかなか退職できないのは、退職時のあるあるです。

退職代行を利用することで、最短即日で会社を退職することが可能になります。

2.権利を使用できない

一部の会社は、

会社人事
会社人事
どうせ退職するのだから、会社に不利益にならないように退社してもらおう。

と考えている場合があります。
例えば、

  • 有給休暇を消費させてくれない
  • 規約に載っていない退職金の減額をされた
  • 最後の出勤日数分の給料が未払い(減額)された

などです。

退職する側は退職経験が少ないので『こうゆうものなのかな、、やめられるならいいか』
と、泣き寝入りしてしまう方が多いですが、退職代行を経由することでこれらを防止することができます。

3.離職票をもらえない

小規模の薬局や、個人経営の薬局によくあることなのですが、退職後離職票が貰えないことがあります。

そもそも離職票は、退職後でないと作成できないといった性質があるため、
退職後に郵送してもらうか以前勤めていた会社に取りに行くしかもらうことができません。

小規模の薬局や、個人経営の薬局の場合、
離職届の作成を後回しにされなかなか離職票を貰えないケースが多いです。

退職代行の流れを把握して楽々退職!!

1.退職代行と連絡する

まずどこの退職代行に依頼するかを決めて、
いつに退職したいのか?
細かい流れはどのようになっているのか?

などを相談しましょう!!
ほとんどの退職代行は無料で相談に乗ってくれるので、複数の会社に連絡をとり、
比較してみてもいいかもしれません。

2.書類を準備する

依頼する退職代行会社を決め、退職日などの打ち合わせを終えたら
退職届などの書類を準備しましょう!

この時会社と直接やりとりをする必要はなく
退職代行の会社を通してやりとりができます。

3.手続きを待つ

全ての準備が終わったら、あとは待つだけです。
この時に勤め先の会社から連絡が来る場合がありますが、

直接連絡を取るのではなく、退職代行会社に連絡があった旨を報告すれば、
代わりに対応してくれます。

あとは、離職表が届くのを待つだけです!!

退職代行とのトラブルを防止する為の注意点!!

信用できる会社か?

退職代行市場自体がまだ未成熟なこともあり、信頼できる会社選びが重要です。
中には利用料を振り込まして連絡が取れなくなってしまったり、
「交渉がうまくいきません」など、中途半端に交渉をするの会社もあるみたいなので、
下記の2点に注意をして会社を選定していきましょう。

①運営元を調べる

サイトを見てサービス名称だけでなく、しっかり運営元の確認をしましょう。
運営元が労働組合や弁護士になっていれば良いのですが、一般企業や個人などが運営元の場合は弁護士法などの違法性がかなり強くなるので、トラブルに巻き込まれないように避けましょう。

②振込先を確認してから支払う

①を確認して労働組合や弁護士がやっているとわかっても、
労働組合や弁護士を装っている会社もあります。そういった会社は振込先などが【株式会社】や【個人名義】になっていることがあり、そこで判断することもできます。
その為にも、振込先やクレジット決済の発行元をよく見てから支払いするようにしましょう。

まとめ

いかがだったでしょうか?

実際退職する際は、自分で手続きをするよりも慣れている退職代行会社に任せてしまった方が、楽にトラブルがなく退職することができます。

少しでも多くの

『なかなか自分では言い出せない』『ややこしいことは避けたい』

といった薬剤師さんに参考になってくれたら嬉しいです。

 

 

現役薬剤師
現役薬剤師
ママ業を大事にしたい今は、できれば短時間パートで働きたい!
でも、そんな求人あるのかな?
そんなママ薬剤師がチェックしたいパート求人へのサポートが充実しているおすすめ転職エージェントBEST3をご紹介します!
コロナ禍で求人が少なくなっている今だからこそ、転職エージェント選びはとても大切!
是非チェックしてみてくださいね☆

>>【ママ目線で15社比較!】ママ薬剤師におすすめしたい!薬剤師転職サイト比較ランキング