転職

『今』薬剤師転職エージェントを活用する3つの理由

・今すぐ転職したい訳ではないんだけど・・

・一度登録するとしつこく求人を勧められそう・・

・転職をするタイミングで転職エージェントさんにサポートして欲しい。

など、転職に少し興味があったとしても
今すぐ転職を考えてなければ、転職エージェントに登録しておこうと考える人は少ないのではないでしょうか?

 

私は、将来の転職を見据えて、約半年前から転職エージェントに登録して情報収集を行っています(今も現在進行形です♪)

ママミ
ママミ
きっかけは、育休でブランクが長く、「自分の市場価値はどれくらいだろう?」と不安だったことや、薬剤師の転職事情について知識がないことでした。

結論として、
転職希望時期が早い遅いに関わらず
「転職エージェントを使うことは多くのメリットがある」ということをお伝えしたいです。

転職希望時期が先でも
転職エージェントを使うメリット

・転職エージェントから、自分の希望するエリアの求人事情を詳しく聞ける

・条件に合う求人が出てくれば、すぐに知らせてくれるので自分で探す手間が省ける

・転職エージェントが親身になってキャリア相談に乗ってくれる

他の薬剤師の色々な働き方を知ることができる

 

今はコロナ禍で全体的に薬剤師の求人は減っていますし、
特に、ママ薬剤師に人気の短時間パートや派遣の求人はかなり減っています(*私の感覚ではエリアによってバラツキがあります)

この記事では、

コロナ禍で変化する薬剤師転職市場
今、薬剤師転職エージェントに登録するメリット
半年間実際に利用した私の体験談
エージェントをうまく活用した他の薬剤師の体験談
ママ薬剤師にぴったりな転職エージェント

など、よりリアルな情報をお伝えさせて頂きます。

薬剤師の転職エージェントについてオススメしているサイトはたくさんありますが、
現在進行形で転職活動をしながら情報発信しているサイトは少ない印象です。

ママミ
ママミ
以下のような人にはお役に立てると思いますので、ぜひご覧ください。

結婚や出産のタイミングで離職したけど、いずれは薬剤師の復帰を考えてる

育休中で薬剤師復帰したいけど、今の職場に戻るのは不安

薬剤師としては未経験だけど、薬剤師に興味がある

・転職時期は未定だけど、情報収集だけでもしておきたい

ママ薬剤師にとっておすすめの転職エージェントが知りたい

ママミ
ママミ
気になる箇所があれば目次からクリック♪

想像以上に今の薬剤師転職市場は厳しい……

薬剤師の求人倍率は年々低下傾向

年々、薬剤師の求人倍率は下がっています。

医師・薬剤師の求人倍率推移

平成18年度 7.28倍
平成25年度 10.05倍
令和2年度1月 4.76倍
令和2年度10月 3.55倍
令和3年度4月 1.75倍

(参考:厚生労働省 一般職業紹介状況
*求人倍率とは、1人に対してどれくらい求人があるか?を示すデータです。

この求人倍率をみると、薬剤師1人あたりが1~2社の中から選べるということになります。(ここでは医師も含まれていますが省いて考えています)

一見、薬剤師はまだ売り手市場という見方もできますが、求人倍率は年々低下傾向にあるのは間違いありません。

その理由は、2006年に薬剤師6年制が導入されたことにより薬剤師そのものの数が増えたことなど様々理由が考えられますが、コロナによる影響で、特に薬剤師に関してはこの傾向が今後も強くなると言われています。

また、実際に薬キャリが行ったアンケートによると、業界によってはコロナ禍で求人数が変化していることがわかります。

引用:薬キャリ
https://pcareer.m3.com/column/146#contents01

「従来の求人数の母数」に違いはあるにせよ、調剤薬局業界については深刻な求人数の減少が見られています。

ママミ
ママミ
経営的にも厳しい調剤薬局が多いのかしら・・

コロナ禍でパート・派遣の求人数が激減

さらに、コロナの影響で病院や薬局の求める「薬剤師像」が変化してきています。

今の現状として、以下のような変化が起きています。

・企業の売り上げ自体が激減している現状、少しでも雇う人数を減らしたい

薬剤師以外のスタッフによる業務割合が各社徐々に増えている

IT化に伴う業務効率化

こちらも薬キャリのアンケート結果ですが、
2021年の転職市場の展望については、企業優位が進むとの回答が75%を占めています。

引用:薬キャリ
https://pcareer.m3.com/column/146#contents01

つまり、転職難易度は単純に上がってきており、昔のように薬剤師資格を持っているだけでいつでも転職できるという状況ではなくなってきてます。

特に、派遣薬剤師はその影響をモロに受けています。

担当者
担当者
コロナで処方箋枚数が激減した影響もあり、派遣薬剤師の求人が数年前と比べてかなり減っています。それは『派遣薬剤師に強い』と言われている転職エージェントでも同じです。

派遣薬剤師の求人に強みを持つ薬キャリを見てみます。

「ママ薬剤師におすすめ×派遣」という検索条件でソートをかけると、全国で8件という寂しい結果でした。(2021年6月時点)

ママミ
ママミ
ママ薬剤師に合う派遣薬剤師の求人が全国で8件って・・少ないわね
担当者
担当者
そうなんです。
さらに、勤務時間に制限のあるパート薬剤師の採用も軒並み減っています
企業の売り上げ自体が激減している現状、少しでも雇う人数を減らしたい企業側のニーズがあるため、パートよりも正社員を採用する方向へシフトしてきています。
ママミ
ママミ
仕方ないことだけど、ママ薬剤師にとっては死活問題ね。

ママ薬剤師の需要は?

ママミ
ママミ
ただ、こんな状況下でも悲観することばかりではないと転職活動を通じて経験しました♪

普段はママ薬剤師として子育てをしながらも、薬局の経営者としても活躍されている知り合いのママ薬剤師に話を聞かせて頂く機会がありました。

そのママ薬剤師によると、
確かに需要は減っているけれど、「パートとして働くママ薬剤師の需要はあり続けると思う」と力強い言葉を頂きました。

その理由は、「大手ではなく中小の調剤薬局などでは、正社員を抱え続けることはリスクにもなりえるため、スポット的に働いてくれるパート薬剤師は重宝される」というものです。

ママミ
ママミ
私自身、自信を無くしかけていましたがすごく勇気を貰えるインタビューでした。
詳しくはこちらの記事をご覧ください♪

<調剤薬局経営者に聞く>コロナ禍で変化?今必要とされている薬剤師とは?2020年、東京オリンピックが行われ、世界中が興奮と感動に包まれるはずだった年。 当たり前の毎日が、当たり前ではなくなり、社会も大きく...

実際に10社以上の転職エージェントに登録して感じた薬剤師転職市場

私が実際に10社以上の転職エージェントに登録してみた感想としては、圧倒的にパートや派遣の求人数が少ないことを実感しました

実際に、私の理想とする9時~13時までのような午前中のみのパートや、週3日の時給3000円超えの派遣薬剤師として働いてる知り合いは多くいます。
正直、当初の私はこう思ってました。

「求人が減ってるとは言っても、なんだかんだあるでしょ!」

・・・・でも、5社目あたりの転職エージェントを登録し終えたあたりから気付きました。

ママミ
ママミ
全然ない!!勧められるのは9時~18時までフルタイムで勤務可能なパートや、企業のコールセンターの求人がほとんど。

時間帯に融通が効くパートの働き方ができる求人は、私の住んでいる地域では月に1件出てくる程度でした

私がMRで、薬剤師未経験だからというのもあるかもしれませんが、そもそも求人自体は少ないように感じました。

パパ
パパ
そうなんだ・・競争が激しそうだね・・
ママミ
ママミ
そうなの。
でも、こんな状況だからこそ転職エージェントを利用したほうが良いと思うの。今の時代に対応していくためにね。

【登録しておかないと損?】今、薬剤師転職エージェントを利用する3つのメリット

①転職に有利な情報が無料で手に入る

転職希望時期がまだ先の人でも、転職エージェントを利用する一番のメリットはこれだと思います。

病院や薬局から情報収集している転職エージェントから、自分の転職したいエリアの最新情報や、ネットからは知る事のできない裏の情報などを聞くことができます。

ママミ
ママミ
例えば、以下の5つの情報は自分で調べただけでは入手が難しい情報です。

希望するエリアの全体的な求人状況

②○○病院、○○薬局の求人の裏事情

③自分の市場価値

非公開求人

薬剤師業界の動向

①-1 希望するエリアの全体的な求人状況

自分の希望するエリアの求人情報については、薬剤師転職サイトを見ればある程度把握できます。

ただ、薬剤師転職サイトは全部で20社以上あるうえに、日々掲載される求人情報は変化しています。

担当者
担当者
さらに、転職エージェントによっても抱えている求人の種類にはバラツキがあります。
ママミ
ママミ
毎日チェックするのは大変だし現実的ではないわ・・

その点、転職エージェントであれば、日々変化する求人情報を把握できていますし、面談の度に情報をアップデートしてくれます。
電話がめんどくさい・・という方であれば、「求人が出ればショートメールで教えてください!」と伝えておくこともできるので、自分の負担にならないやり方で情報収集もできます♪

希望するエリアの求人状況を詳しく、定期的に情報収集したい人にはオススメ!

 

①-2 ○○病院、○○薬局の求人の裏事情(採用担当の意向なども)

先方との関係性があるエージェントさんであれば、病院や薬局の裏事情についても把握していることが多いです。

例えば、
■○○調剤薬局の雰囲気や働きやすさ
■○○病院の薬剤師の正確な人数や今後の動き
■○○企業の採用担当の性格や採用意欲
今後出てきそうな新着求人の情報

など、自分で転職活動をしていてもわからない現場の情報を入手できることがあります。

ママミ
ママミ
実際に選考に進むのかどうかの判断材料になるので嬉しい情報だと思います。
ただ、転職エージェントによって情報量に差があるイメージでした。

詳しい情報を入手したい方は、1件1件、転職エージェントが足を運んで情報を収集を行っている薬キャリがオススメ!

 

【ママ薬剤師による本音評価!】薬キャリエージェントを実際に利用した感想・評価を口コミレビュー! ・薬キャリって評判良いみたいだけど、実際どうなの? ・転職はまだ先の予定だけど、情報収集だけでも利用できる? コンサルタント...

 

①-3 自分の市場価値

薬剤師転職エージェントに登録すると、たいていの場合、初回の電話ではヒアリングをされます。

ヒアリングの主な内容

・転職を考えている理由
・希望条件
・職歴
・家族構成
(女性であれば)育休・産休歴
・過去の経験値
・薬剤師の仕事に求めるもの
・普段の仕事で大事にしていること

など、ヒアリングで聞かれる内容はボリュームが多めです。

特に、過去の経験に関しては詳しく聞かれることが多く、
調剤薬局であれば、『常時滞在人数』『処方箋枚数』『扱ったことのある処方箋』『管理薬剤師やかかりつけ薬剤師の経験有無』、『在宅の経験』など、一通り聞かれるイメージです。

担当者
担当者
お伺いした経験をもとに、今ある求人の中からどの求人が一番求職者に合っているのかを、希望条件を加味しながらご提案させて頂きます。
ママミ
ママミ
私もMRからの未経験の転職で不安だったけど、意外にMR時代に培ったコミュニケーション力も市場では評価される要素だとわかって嬉しかったわ。

今の自分がどのくらいの市場価値があるのかを客観的に判断してもらえる!

 

①-4 非公開求人

非公開求人とは、転職サイトなどで⼀般に公開されていない求⼈情報のこと。

ママミ
ママミ
つまり、普通の人は知ることのできない情報です。

こうした⾮公開求⼈は、転職⽀援サービスを⾏っている⼀部の転職エージェントが情報を把握しています。

ママミ
ママミ
どんな非公開求人があるかは、実際に登録してみないとわかりません。

例えば、マイナビ薬剤師だと全体の求人の約40%が非公開求人です。
全部で約6万件の求人を抱えているため、非公開求人は約4万件という計算になります。

ただ、非公開求人は、転職エージェントによって抱えているその数が全然違います。

私が10社以上登録した中では、マイナビ薬剤師が断トツで非公開求人の数が多かったです!
なかなか良い求人が見つからない!という人は、もしかしたらいい求人に出会えるかもしれないのでぜひ登録してみて下さい♪

①-5 薬剤師業界の動向

以下は、マイナビ薬剤師の内の「求人ライブラリー」というコンテンツになりますが、診療報酬改定後の市場や業界動向、転職の動向など、プロのキャリアアドバイザーから話を聞くことができます。

ママミ
ママミ
私も利用してみましたが、今後の薬剤師業界の動向を詳しく教えて頂けました。

マイナビ薬剤師では、これ以外にも10以上のセミナーや相談会を実施しています。
コロナ禍に合わせてWebでのセミナーも実施しているため、比較的気軽に参加できます。

セミナーや相談会に参加して色々と情報を集めたい方には、
こういった機能が充実しているマイナビ薬剤師がおススメです♪

【2021年7月最新!】マイナビ薬剤師を実際に利用した感想・評価を口コミレビュー! ・マイナビって大手だから登録していくべき? ・サービスも他と比べて手厚いのかな? マイナビ薬剤師は、利用者満足度No1の転職...

 

②今後のキャリアの相談に親身に乗ってくれる

■キャリアは自分で考えておかないとダメだよね?
■キャリアもよく決まってないし転職は少し先かな?……

転職エージェントに登録する前にこのようなことを考えている方も多いのではないでしょうか?

ママミ
ママミ
その気持ちはすごくわかります!
キャリアも決まってないのに何で登録したの?って思われそうですよね……
でも心配いりません!

転職エージェントにお願いできるサポートの一つに、『キャリア相談』があります。
以下は、リクナビエージェントのQ&Aから抜粋したものになります。

引用:リクナビエージェント

このように、経験豊富なキャリアドバイザーに相談することで、新たな選択肢や隠れた自分の可能性に気づくこともできます。

転職可能時期が未定の私に対しても、具体的な求人の提案や、今後の継続した求人提案を約束してもらえたエージェントさんもいました

ママミ
ママミ
エージェントさんもノルマがあるでしょうし、普通はまだまだ先の案件なんて後回のはずなにに。

そのエージェントさんは今でも定期的に電話で連絡をくれますし、求人を紹介されるわけでもなく、世間話で電話が終わったりします(笑)

ママミ
ママミ
しっかりと求職者のことを考えてくれてるんだなぁと感心します!

③いざという時に備えて準備ができる

転職エージェントに登録するだけで受けられるサービスはこんなにもあります。

全て無料

・希望求人のヒアリング
・希望に沿った求人探し
・履歴書、職務経歴書の添削
・面接対策
・面接同行
・給与交渉
・内定辞退の交渉
・転職後フォロー

この中でも、以下の3つは採用に大きく影響してきそうです。

・履歴書、職務経歴書の添削
・面接対策
・面接同行

ただでさえ、競争率が激しい今の転職市場です。
希望する求人が出たら万全の態勢で臨めるように、志望動機を考えたり面接対策をしたりと今のうちから転職エージェントの方を頼って準備しておくのもいいかもしれません。

ママミ
ママミ
確かに・・履歴書なんて就活以来書いていないから不安かも・・

<ママ薬剤師の転職>これで面接の質問対応も安心!成功へ7つの対策! 今回は、ママ薬剤師として再出発を決めた皆さんのために、面接で良く聞かれる質問をピックアップしてみました! 基本的な質...
もう一度見直して!?転職で差がつく志望動機【薬剤師編】志望動機を書く際にググってみる。 この経験、誰にでもあるのではないでしょうか? でも、ネットで検索した例文通りの志望動機。 これで...

転職エージェントのデメリットはたった一つしかない

「それでも、なんとなく登録するのはハードル高いなぁ」

ママミ
ママミ
わかります!!
私も、転職サイトに初めて登録するときは、漠然とした不安があって、面倒に感じていました。

・無理に転職を勧められたらどうしよう・・・
・メルマガがしつこく来たら嫌だなあ・・・

このように思う気持ちは、すごくすごくすごくわかります。
私もそうでした・・

でも、実際に登録してみたら、デメリットは一つだけでした。

それは、「エージェントによって当たり外れがある」ということだけです。

悪いエージェントにあたれば、自分に合わない求人を紹介されるし、連絡も全然返ってこないし、メールも鬼のように来ます。

ママミ
ママミ
ストレス爆溜まりです。

でも、もし自分と相性が合わないエージェントに出会ってしまった場合、違うエージェントに切り替えてもらえばいいんです。

違うエージェントに変えて下さいと直接お伝えするのが心苦しい場合は、メールでそっとお断りをいれて、違う転職エージェントに登録すればいいんです

ママミ
ママミ
薬剤師転職エージェントは他にもたくさんありますから♪

 

ママ薬剤師におすすめな薬剤師転職エージェント

ママミ
ママミ
それでは最後に、私の現時点での転職エージェントのオススメの組み合わせを紹介します。

ちなみに私の転職に対する現時点の軸は、こんな感じです。

入社可能日 良いところがあったらいつでも。
本当に良いと思えるところがなければ、無理に転職せず情報収集を続ける。
希望帰宅時間 15時(早いほど良い)
遅くても必ず帰宅したい時間 16時
希望の職種 こだわりなし
希望年収 月10万円以上?
多い方が嬉しいけど、未経験&働き方を優先したいので優先順位は低め。
車の運転 可能
通勤可能範囲 片道30~45分以内だと嬉しい。
保育園から近いほどベスト

実際に10社以上登録した私ですが、
今はママ薬剤師にとってベストと思える3社に絞って転職活動をしています。

ママミ
ママミ
その3社がコチラです。

1.マイナビ薬剤師

総合点 24点/25点
パート・派遣の求人数 29200件
拠点数 全国15拠点
(東京会場、さいたま会場、千葉会場、横浜会場、札幌会場、仙台会場、名古屋会場、石川会場、大阪会場、京都会場、神戸会場、岡山会場、広島会場、福岡会場、鹿児島会場)
扱っている雇用形態 正社員、パート・アルバイト
業種 調剤薬局、病院・クリニック、ドラッグストア(調剤併設)、ドラッグストア(OTCのみ)、一般企業、DI・学術・MSL・メディカルライター、品質管理・品質保証・PV・薬事、営業(MR、MS、その他)、CRA、CRC、その他
対応エリア 全国

マイナビ薬剤師の強さは、なんといっても他の転職エージェントと比較しても調剤薬局の求人数がTOPであることです!

ママミ
ママミ
調剤薬局の求人には、ママに嬉しいパートの求人が多いので、登録の価値ありです。

それに加えて、非公開求人の数が約4万件もあります!(2021年7月時点)

正直、マイナビ一つ登録するだけで、ほぼほぼの求人を網羅できると言っても過言ではないくらい、求人数は多いと思います。

もちろん、調剤薬局以外にも、病院・ドラッグストアなど、薬剤師の転職先としてメインに考えられる求人も扱っています。

*実際に、私もマイナビ薬剤師の担当者とは定期的に連絡を取っていますが、求人を押し付けられることはないですし、新着求人が出たときだけ連絡を頂けるのでストレスなく、効率よく情報収集しながら転職活動ができています♪

マイナビ薬剤師の詳細レビューを見る

マイナビ薬剤師の公式HPを見る

2.薬キャリエ―ジェント

総合点 23点/25点
パート・派遣の求人数 7436件
拠点数 2か所 (東京都、大阪府)
扱っている雇用形態 正社員、派遣、パート
業種 調剤薬局、病院、調剤薬局・OTC販売、OTC販売、企業、その他
対応エリア 全国

パート/派遣への転職に特化したエージェントチームが存在し、転職をしっかりサポートしてくれます。

また、市場に出ている求人だけでなく、勤務可能エリア1件1件に足を運び、直接求人を確認してくれる手法で希望条件にぴったり合った職場探しを手厚くサポートしてくれます!

ママミ
ママミ
これには本当にびっくりしました!
希望エリアの情報を詳しく知りたい方や、○○薬局で働いてみたいけど求人出てないしとうなんだろう・・といった悩みがある方にはぜひオススメな転職エージェントです♪

求人数も文句なしのトップレベル、大手の安心感もあります。

病院や企業とのつながりが深いエムスリー株式会社が運営元であること、薬剤師転職サイトの中では古参な大手サイトということで、調剤薬局・病院・ドラッグストアなど多くの求人数をもっています。

薬キャリの詳細レビューを見る

薬キャリの公式HPを見る

3.ファルマスタッフ

総合点 23点/25点
パート・派遣の求人数 27275件
拠点数 12拠点 
(札幌支店、東北(仙台)支店、大宮支店、船橋支店、東京支店、横浜支店、名古屋支店、京都支店、大阪支店、神戸支店、広島支店、九州支店)
扱っている雇用形態 正社員、派遣、パート
業種 調剤薬局、病院・クリニック、企業、ドラッグストア、ドラッグストア(調剤あり)、その他
対応エリア 全国

正直、私にとっては転職活動を始めるまで耳馴染みのない会社でしたが、ママ薬剤師がチェックしたいパートの求人数が、マイナビ薬剤師の29200件に次いで2番目に多い27275ということで、ママ薬剤師にとっては無視できない重要サイトです!

ママミ
ママミ
私的には、マイナビ薬剤師とどちらかでも良いと思いますし、両方登録してももちろん問題ないと思います♪
ただ、マイナビ薬剤師にはない派遣の求人もTOPクラスで持っている転職エージェントなので、派遣に興味がある方は必須だと思います!

運営元が日本調剤グループであること、薬剤師転職支援サービスを21年前から行っているという点も、信頼できるポイントです!

ママミ
ママミ
薬剤師紹介事業は、1994年にアポプラスステーション株式会社(現:アポプラスキャリア)がパイオニアとして始まった歴史があり、21年の歴史があるというのは高評価ポイントなのです。

実際に公式サイトで求人を検索してみると、他エージェントでは紹介されなかったような短時間パート勤務希望のママ薬剤師に良さそうな求人も多くみつかりました。

やはりここも、子供第一に働き方を考えたいママ薬剤師にとっては要チェックエージェントと思います! 

ファルマスタッフの詳細レビューを見る

ファルマスタッフの公式HPを見る

ママミ
ママミ
ぜひ、薬剤師転職エージェントを選ぶ参考にしてみて下さい。

 

さいごに

ここまでお読み頂きありがとうございました。

お伝えしたように薬剤師転職市場は、年々変化しています。
この流れに取り残されないように、今、転職エージェントを利用した情報収集をおすすめします。

現役薬剤師
現役薬剤師
情報収集だけでもOKってのが気軽でいいわよね

むしろ、『無料だし、使い倒してやる!』くらいの気持ちでいても良いかもしれませんね(笑)

ママミ
ママミ
一緒に良い職場を見つけましょうね!

【インタビュー】転職経験3回!時給3700円×理想の職場で働くママ薬剤師の話 今回紹介するママ薬剤師は、『Hママ(仮名)』さんです。 子育てしやすい環境を追い求め、転職歴は過去3回。 同時に時給3700円と...
<30代ママ薬剤師の経験談>20代で病院から薬局へ転職してみて薬剤師になったら病院で働きたい! 医療の最前線で働きたい! と思っていた学生の頃。 念願の病院薬剤師は、思っていたの違ったけど、や...

現役薬剤師
現役薬剤師
ママ業を大事にしたい今は、できれば短時間パートで働きたい!
でも、そんな求人あるのかな?
そんなママ薬剤師がチェックしたいパート求人へのサポートが充実しているおすすめ転職エージェントBEST3をご紹介します!
コロナ禍で求人が少なくなっている今だからこそ、転職エージェント選びはとても大切!
是非チェックしてみてくださいね☆

>>【ママ目線で15社比較!】ママ薬剤師におすすめしたい!薬剤師転職サイト比較ランキング