薬剤師お悩み

薬剤師になるんじゃなかった!後悔なことあるある総集編!

ママミ
ママミ
これまで、利用した薬剤師転職サイトは15社!
子供と過ごす時間を大切にしたいママ薬剤師に、良さそうな求人情報をひたすら調べています☆
>>ママミの詳しいプロフィールはコチラ

理想の働き方を求めるママ薬剤師へ
コロナの影響で処方箋枚数が減り、数年前と比べてパートや派遣の求人が圧倒的に少なくなっているそうです。

ママミ
ママミ
実際に私の住んでいる地域では、午前のみなどの短時間パートの新規求人は数か月に1件程度しか出てきません。
しかも、そのようなママにとって理想的なパート求人は人気で、出た瞬間になくなってしまう!
だからこそ、常に情報収集できるよう転職エージェントに登録しておくことが、コロナ禍の今の理想の職場探しには重要です。
転職エージェントでは、情報収集のみの利用ももちろんOK!
最近の求人の動向などを知ることでき、登録&利用も無料というのが何より嬉しいポイントです♪
>>理想の働き方を実現するために!『今』薬剤師転職エージェントを活用する理由

人一倍勉強をして超難関を突破して、
念願の薬剤師になった・・・。

はずだった・・・。

それなのに
「薬剤師をもう辞めたい」
「今すぐ他の職場へ転職したい」
と思っている人も多いのではないでしょうか。

実は6割の人が薬剤師になって後悔をしているというのです。

そこには「薬剤師の悩みに共通したいくつかの原因」があることはわかっています。

現役薬剤師
現役薬剤師
後悔を引きずったままネガティブな気持ちのまま働いていては、
仕事でミスをしてしまったりと心身ともに良くはありません。

あなたの今の職場環境が後悔している原因なのか、

薬剤師の仕事が自分に向いていないと感じる理由は何なのか?

このサイトを読んで、一緒に整理して明確にしましょう!

ママミ
ママミ
くれぐれも「早まって、薬剤師を辞めたことが後悔」とならないようにね!

薬剤師になって後悔している理由あるある5選

① 自分が本当にやりたい仕事ではなかった

薬剤師目指して難関を突破し、念願の薬剤師になったという人もいる中、
「コスパよく稼ぎたいから」「なんとなく安定しているから」
というふわっとした理由で目指した人もいるでしょう。
それが、今後もモチベーションが保てずにいるの理由でもありそうです。

他にはこんな意見もあります。

学生時代の早いタイミングで進路を決めなくてはならなかったし、
親や周りから期待され、頑張って薬剤師になった。

でも、本当はもっとキラキラした学生時代を過ごしたかったし、
他に興味のある職業があって今更後悔している。

参考:発言小町

② やりがいが見つけられない

病院勤務Kさんの場合

「患者から感謝されることがあまり無いです。
薬剤師って何やってるの?と言われることもたまにあります。
患者が退院する時に、患者が感謝して帰るのは
「医師・看護師・助産師」だけです。

薬剤師は地味な裏方仕事が好きな人にしか向かないと思いますね。
医療の世界でバリバリやっていきたい!みたいな人はきっと
「やりがいの無さ」に絶望しますよ。」

③ 仕事でミスをしてしまったら?というプレッシャー

院内調剤薬局勤務Cさんの場合

「ミスがあると患者や医師からかなりの怒られ方をされます。
忙しい調剤薬局なので、スピード感が必要なのですが、
ミスがあると患者の健康被害に繋がる可能性もある
というプレッシャーに押しつぶされそうになります。
年収500万程度の仕事として、割りに合わない気もします。」

④ なかなか自分の希望する年収が得られない

薬剤師の平均年収544万円。
決して安い金額ではないもの、高給でもありません。

薬剤師全国平均年収

男性薬剤師 562万円(月収39万円)
女性薬剤師 520万円(月収36万円)
薬局薬剤師 520万円前後
病院薬剤師 300〜400万円ほど

パパ
パパ
病院薬剤師のケースでいうと、初任給は驚くほど低いですね。

⑤ とにかく日々勉強、スキルアップが辛すぎる

製薬会社勤務Dさんの場合

「業務時間外にも、勉強会や学会に参加しなければならず、
休日を返上して参加することもあります。
好きなことなら頑張れるはずですが、残念ながらそこまでの情熱が湧きません。
新薬が出る度に勉強会、自宅学習も苦痛でしか無いです・・・」

ママミ
ママミ
モチベーションも保つ為にも、知識のインプットは欠かせませんよね。

現在の職場環境への不満あるある5選

① 医療職カースト制度に気づく

病院勤務Aさんの場合

「医師→看護師→最後に薬剤師という構図が
暗黙の了解であるようで、
医師と看護師の小間使い的な扱いを受けている感じです。
更に、
ベテラン看護師の方が自分より薬に詳しく、
もはや自分はいらない存在では?とすら思い始めてます。」

② 薬剤師内のカースト制度で傷つく

病院勤務Mさんの場合

「国立大出身のエリートは基本的に製薬会社あたりの研究部門に行くでしょうから、
それ以外の薬剤師の職種を下に見ているのでは?とすら思ってしまします。

国立大卒が私立大卒をなんとなく見下す感じに嫌気がさします。
生涯、出身校のレベルがつきまとう風潮をなんとかしてほしいです。」

ドラックストア勤務Bさんの場合

「ただの店員扱いです。
周りはアルバイトのレジ打ちさんで、この店内ではエリート扱いされてますが、
病院薬剤師や研究職の同期からは見下されている気がします。」

③ 職場の人間関係が超ストレスで逃げたい

調剤薬局勤務Tさんの場合

「閉鎖的な狭い空間、限られた少人数で働くので、人間関係が悪ければ即アウトです。
患者からも不理屈なクレームを受けやすいです。
あと、コミュ力の低い薬剤師には向かない職場です。」

病院勤務Sさんの場合

医師や看護師など異職種の人たちとの人間関係にストレスを
感じる人も少なくはありません。
特に、医師との関係。
いわば薬剤師は医師の処方間違いの粗探しをする仕事みたいなものだから、
相性の合わない医師とはしんどいです。」

ママミ
ママミ
人間関係による悩みで、薬剤師になったことを後悔するは多いと聞くわ!

④ 医療業界の今後の不安。もう安定した職業ではない?

ドラックストア勤務Fさんの場合

「2021年以降も医療業界は変わっていくと思います。
毎年の調剤報酬改定や、薬価改定により薬局経営はどんどん苦しくなるでしょう。
80%を見据えたジェネリック医療品の推進や、
薬局の機能に応じた調剤基本料などが検討されるそうです。

登録販売者の創設、ネット販売の解禁、規制緩和で
薬剤師の旨みはどんどん無くなるとの見解です。」

現役薬剤師
現役薬剤師
コロナ禍で薬剤師の求人が減少傾向にあるそうですが、
人工知能AIなどのロボットがさらに普及して薬剤師の大半の業務を担う時代が
来るのかしら。

⑤ 職場の教育体制が整っていないことの不満

大手企業は入社前に大体新人研修などがあるに比べ、
中小企業は教育体制自体が整っていないことがあり、
未経験でもいきなり現場に出される可能性もあります。
そもそも、教育の仕方をきちんと把握している方自体が少ないため放置されがちです。

「業務は見て覚えて」と何のフォローもなく、頼れる人もいない。
これではスキルアップしようという気すら起きないですよね。

パパ
パパ
こればっかりは就職・転職時にきちんと前もって確認するしかないよな〜

「薬剤師になった事で後悔している人」って、こんな人

そもそも薬剤師になった理由が不純であった

「薬剤師を舐めてた・・・」というか、
世間一般で言う「楽して稼げる高給収入」だと思ってた。
薬学部を卒業するまでの学費を両親に負担してもらったので、安易に辞められません

参考:発言小町

「切羽詰まって国家試験の勉強をしていたので、合格をゴールにしてしまい、
何となくで就職してしまった。」という声も聞きます。

現役薬剤師
現役薬剤師
そういうふわっとした理由で薬剤師を目指してしまった人は、
今後のモチベーションが保てずにいます。

とにかく安定する仕事に就きたかっただけ

いざ働いてみると、仕事にやりがいを持てず苦痛だらけ。という人は多いです。

進路を決めるときに親や周りからの意見を重視してしまった自分のせいではあります。
このままいくと、能力も年収も低い薬剤師になりそうで不安です。
学生時代にさんざんやりたいことを我慢して今の仕事を手に入れたのに、
全く幸せだと思えません・・・。

参考:Yahoo!知恵袋

金銭的な問題で仕方なく仕事している

調剤薬局勤務Jさんの場合

大学で高額の奨学金を借りてしまったので、今更他の仕事で返済するのが困難だと分かりました。

このご時世でも地方の田舎や、薬学部のない都道府県は人手不足で売り手市場ともいうので、時給6000円の過疎化した地域の薬局へ異動することも検討しています。

薬剤師になって〇〇したい、という理想が無い

薬学部の6年は必死に勉強、国家試験の合格をゴールにしてしまい、
何となく就職してしまった・・・。燃え尽き症候群ってやつです。

参考:発言小町

逆に、薬剤師になって〇〇したい!という理想をしっかり持っている人は、
モチベーションも高くいけて大丈夫なんでしょうが、
自分のキャリアプランや、目標達成するための希望が見いだせない人もいます。

現役薬剤師
現役薬剤師
薬に興味がある人なら、掘り下げる分野がたくさんある良い職業です!

これからの人生、絶対に後悔しない対策とは

現在の職場が嫌になっているだけの可能性もある

薬剤師は一見すると安定している職業と思われがちですが、
人間関係や職場環境で困っている薬剤師が多くいるのも事実です。
ただ、このような人間関係で辞めたら今後後悔するでしょう。

薬剤師の仕事自体が苦痛でないのであれば、
働く環境を変えることで、また前向きに働くことができます。
薬剤師転職エージェントなどに相談してみることをオススメします。

担当者
担当者
人間関係が原因で転職する人もたくさんいますよ!
あなたの希望に沿った職場環境の仕事を見つけましょう!

薬剤師の仕事以外の選択もある

資格を活かして薬剤師を続けるのか?
それとも薬剤師としての経験やスキルを活かして、
新しい仕事に挑戦するのかを選択することも大切です。

担当者
担当者
薬剤師といっても、病院や調剤薬局だけが薬剤師の職場ではありません。
ぜひ、転職エージェントに登録してみてください!
実は意外な仕事があなたにぴったり向いていた!ってこともあるかもしれません。

まとめ:薬剤師に共通した悩みの原因はこれ!!

職場環境に完全に慣れていない
自分以外の薬剤師と比較してしまう
自分に合った職場を選べていない

薬剤師の仕事が自分に向いていない可能性あり?

1人で思い詰めないで周囲に相談しよう。
転職エージェントなどの転職のプロに現状を話し、客観的な意見を求めよう。

人生、後悔することなんて何度もあります。
その後悔を活かして、違うフィールドで頑張るのも、
自分の意識を変えて今のフィールドで頑張るのもあなた次第ですよ。

現役薬剤師
現役薬剤師
ママ業を大事にしたい今は、できれば短時間パートで働きたい!
でも、そんな求人あるのかな?
そんなママ薬剤師がチェックしたいパート求人へのサポートが充実しているおすすめ転職エージェントBEST3をご紹介します!
コロナ禍で求人が少なくなっている今だからこそ、転職エージェント選びはとても大切!
是非チェックしてみてくださいね☆

>>【ママ目線で15社比較!】ママ薬剤師におすすめしたい!薬剤師転職サイト比較ランキング