薬剤師転職

ママ薬剤師の後悔しないためのベストな転職時期と3つのタイミング

ママミ
ママミ
これまで、利用した薬剤師転職サイトは15社!
子供と過ごす時間を大切にしたいママ薬剤師に、良さそうな求人情報をひたすら調べています☆
>>ママミの詳しいプロフィールはコチラ

理想の働き方を求めるママ薬剤師へ
コロナの影響で処方箋枚数が減り、数年前と比べてパートや派遣の求人が圧倒的に少なくなっているそうです。

ママミ
ママミ
実際に私の住んでいる地域では、午前のみなどの短時間パートの新規求人は数か月に1件程度しか出てきません。
しかも、そのようなママにとって理想的なパート求人は人気で、出た瞬間になくなってしまう!
だからこそ、常に情報収集できるよう転職エージェントに登録しておくことが、コロナ禍の今の理想の職場探しには重要です。
転職エージェントでは、情報収集のみの利用ももちろんOK!
最近の求人の動向などを知ることでき、登録&利用も無料というのが何より嬉しいポイントです♪
>>理想の働き方を実現するために!『今』薬剤師転職エージェントを活用する理由

ママミ
ママミ
子育てと両立できるところに転職したいけど
いつするのがベストなんだろう??

転職を考えている人にとって、悩むポイントの一つが「時期」ではないでしょうか。

家庭と仕事の両立。どちらも妥協できないししたくない。
自分でちゃんと納得できる両立を目指すママ薬剤師にとって、しっかりとタイミングを見極めて、最適な時期に転職活動を行うことは本当に大切なことです。

転職に適した時期ってあるの??
あるならそれは何月頃??
そもそものタイミングは??

いきなり結論ですが、時期としては7月から9月がベストです。

ではなぜ7月から9月なのでしょうか?
その理由とメリットをまとめてみました。

7月から9月が薬剤師の転職時期に適している理由

まず大前提としてどの業界にも言えることですが、明らかな繁忙期は避けた方が良いです。
繁忙期だからこそ人手が必要で求人は増えますが、デメリットも多いのです。

さらに深掘りをすると「繁忙期」とは調剤薬局・ドラッグストア・病院の繁忙期だけでなく、転職エージェンシーの繁忙期にも注視することをお勧めします。

その「繁忙期を避ける」、そして「求人数が充実する」
この2点をクリアする時期が7月から9月なのです。

まずは繁忙期とその時期に転職をするデメリットを見てみましょう。

薬剤師の繁忙期は「11月から4月」

ざっくり括ると一般的に「冬」です。

気温が下がり空気が乾燥する冬。
どうしても風邪やインフルエンザが流行してしまいますよね。

師走は皆が忙しく、体調管理も疎かになりがち。
やっと一息つける年末年始には病院も調剤薬局もやっていない!なんてことも。

そうこうしているうちにやってくる花粉の季節。
ピークは2月から4月と言われるこの「花粉症」で引き続き忙しい。。。

ということで冬から春にかけて、
11月から4月頃が薬剤師にとっての「繁忙期」となります。

この期間に転職すると、なかなか落ち着いてレクチャーを受けることは難しいですよね。

現役薬剤師
現役薬剤師
繁忙期は先輩薬剤師も忙しく、
業務レクチャーに避ける時間がない!

実務経験がしっかりある人でも、新しい職場では学ぶことはたくさんあります。
職場ごとにフローやルールは違いますし、顧客層によって気をつけるべきところも様々。

特に1日中仕事のことだけ考えられるわけではない”子育て中のママ薬剤師”にとって、やはり最初は余裕を持ってしっかり学べる環境は大事ではないでしょうか。

ママミ
ママミ
繁忙期前に入社し、ある程度業務も覚えてから繁忙期を迎える方が
転職する人も受け入れる側も気持ちよく働けそうね。

転職エージェントの繁忙期は「1月から3月」

次に転職エージェントの繁忙期について。
転職エージェントの繁忙期とは「転職希望者が多い時期」です

一般的に1月から3月と言われています。
「冬のボーナスまで我慢して」「年度の切り替えだから」「4月入社を目指して」などの理由で、この時期に転職希望者が増えるんですね。

転職エージェントの利用法は以下の流れになります。

  1. 登録
  2. 転職理由・転職先の条件などを伝え、それにあった候補を提示してもらう
  3. エージェントの知見を参考に転職先を絞り込む
  4. サポートを受けながら面接

このように仕事選びから入社までサポートしてくれる、大変ありがたいサービスです。

登録から就業先決定までは個人差はありますが、大体1ヶ月ほど。
この1ヶ月を上記の流れで進むことになりますが、転職希望者が多い時期を避けた方が、そのサポートが厚い可能性が高いです。

求人自体も増える時期ではありますが、サポートを受ける側の人数が増えれば、どうしても1人の人に避ける時間・労力も減ってしまいますよね。

もちろん全力でサポートしてくれます。

ですがそもそもの「転職エージェントが保有する企業の求人情報」を「転職希望者」に紹介するという②番のフェーズの、需要と供給のバランスが通常時とは変わってくるのです。

担当者
担当者
人数が多いということはやはりどうしても
好条件の募集は競争率が高くなってしまいます。

ママミ
ママミ

やっぱりエージェントの繁忙期を避けることも、
後悔のない転職には大切なのね。

7月から9月に転職するメリット

 上記の2つの繁忙期を避け、求人が充実するという2つの条件が揃う7月から9月。
この時期に転職するメリットをまとめてみました!

  • 充実した求人情報の中から、エージェントとしっかりとコミュニケーションをとりながら納得のいく転職先を選ぶことができる
  • ある程度余裕のある中で仕事を始めることができるので、
    きちんとレクチャーを受けることができる。
  • その過程で先輩・同僚とコミュニケーションが取れるので、
    職場の人間関係も構築しやすい。
ママミ
ママミ

ちょっと調整するだけで全然違ってきそうね。
焦りは禁物だけど、どうせならこの時期に転職活動できるように
前向きに考えてみよう!

ママ薬剤師の3大転職タイミング

転職のタイミングは人それぞれですが、子育てママ薬剤師の転職時期として大きく分けて3つにわけてみました。

  1. 産休・育休後の転職
  2. 離職からの復帰
  3. 小学校入学時の転職

①産休・育休からの転職

出産準備と産後の回復、生まれたばかりの赤ちゃんとの時間、
バタバタながらも有意義な時間はあっという間に過ぎ去り、ありがたい産休・育休ももうすぐ終わってしまう。

ママミ
ママミ
戻らなきゃいけないけど、子供はまだまだ手がかかるし…
というか一緒にいたい!

会社の時短制度を有効活用しながらの転職活動。
大変ではありますが、収入を得ながらなので金銭面の問題は少なく、精神的には落ち着いて活動できそうですね!

②結婚・出産を機に退職。

ママミ
ママミ
子育てに専念するためしばらく専業主婦でいたけれど、金銭的にも自分のキャリアを考えてもそろそろ社会復帰しようかな?

結婚・出産で一旦止まってしまったキャリアについて、焦りを感じて復帰を考える人も多いよう。
新薬など新しい知識に「ついていけなくなりそう」と不安に思うこともあるのではないでしょうか。

担当者
担当者

実際にブランク期間が長くなってしまうと、企業側が採用しにくくなるということもあるので、なるべく早めに行動しましょう!

[ブランクを感じているママさんへ!!]薬剤師のブランクを取り戻す方法!! 子育てもひと段落ついてきて と、思われる方がほとんどなのではないでしょうか? 子育てや家事などに追われているのに...

③小学校入学時の転職

わりと忘れられがちな転機が小学校入学時
ここは実は生活がガラッと変わるタイミングなんですよね。

育休があったり何かと理解・優遇してもらえる0歳〜2歳頃と違い、手厚いフォローがないんです。
本来ならしっかりフォローがあるべき!と声を大にして言いたいくらいではないでしょうか。

ここは「小1の壁」という名で問題として認識されてはいるのですが、なかなか難しい。


(引用元:Wikipedia)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%8F1%E3%81%AE%E5%A3%81

小学校に上がるとこんなことが変わってきます。

  • 下校時間:保育園のお迎えより早く、同じ時間まで働くのが難しくなる。
  • 参加行事:授業参観・家庭訪問・PTAなど、
         スケジュールを合わせなければならないことが増える。
  • 長期休み:春夏冬の長期休みは基本的に毎日家にいることに。

この頃は育休や時短勤務もなく、職場によっては転職以外に選択肢がないなんてことも。

ママミ
ママミ

ここはそれまで通りには働けなくなるわね

パパ
パパ

不安は大きいけど、
このタイミングで生活が変わることはわかってるなら
余裕を持って転職できるよう、事前にリサーチなどもしておこう!

タイミングまとめ

以上ママ薬剤師の転職3大タイミングでしたが、多くの先輩ママ薬剤師が実際に転職してきたタイミングであり、これからの方には意識して検討してみて欲しいタイミングでもあります

日常に追われ、無理して大変な日々をただひたすらにこなす毎日だと、子供にとって、ママとして、大切な時期が忙殺されてしまいかねません。

まだ先だったとしても、分かっていれば、意識だけでもしておけば、
実際の転職活動はスムーズになります。

転職エージェントは相談だけでも可能です。
一人で悩んでも出てこない答えも知り得ない情報もあります。
やはりプロに頼るべきところは頼って、上手に活用していきましょう!

 

ママミ
ママミ

子育てとの両立の大変さを理解・共感してくれるママ薬剤師が多い職場なら「お互い様」のチームワークで働きやすいね! 

まとめ

この記事では「ママ薬剤師のベストな転職時期と3つのタイミング」についてまとめてみました!

  • ベストな転職時期:7月〜9月
  • 3つのタイミング:①産休・育休後の転職
              ②離職からの復帰
              ③小学校入学時の転職 

時期やタイミングの大切さ、お分かりいただけたでしょうか。

時間は戻らないもの。
あっという間に過ぎ去ってしまう「子供の時期」は今だけの宝物です。

併せて子育てと仕事の両立が大変なのも、子供が小さい時だけ。

であるなら、この時期の働き方をしっかりと考えることがどれだけ大切か、ということになりますよね。

家庭と仕事の両立だけでなく、自分と自分の気持ちも大切に!

今はコロナの影響もあり思うように進まないこともあるかもしれませんが、無理なく働ける職場探しを焦らず諦めずにいきましょう!
きっと納得のいく転職先が見つかるはず。

薬剤師の仕事と子育て両立!頑張りすぎないママがいい。 そろそろタイミングをみて、薬剤師復帰を考え始めている方 育休明けには仕方なく復帰せざる負えない方 仕事と家庭との両立が上手く...

現役薬剤師
現役薬剤師
ママ業を大事にしたい今は、できれば短時間パートで働きたい!
でも、そんな求人あるのかな?
そんなママ薬剤師がチェックしたいパート求人へのサポートが充実しているおすすめ転職エージェントBEST3をご紹介します!
コロナ禍で求人が少なくなっている今だからこそ、転職エージェント選びはとても大切!
是非チェックしてみてくださいね☆

>>【ママ目線で15社比較!】ママ薬剤師におすすめしたい!薬剤師転職サイト比較ランキング