ママ薬剤師

薬剤師にとってワークライフバランスは重要!絶対的なその理由とは?

ママミ
ママミ
MRとして育休復帰後、子育てと仕事の両立がまったくできずパート薬剤師への転職を決意。

思い出しただけでも辛すぎて涙がでます……
初めまして!現役転職活動中のママミです。
詳しいプロフィールはコチラ

良い求人に出会うには情報収集が全て!

コロナの影響で薬剤師の求人は確実に減っています!

私の住む地域では、短時間パートや派遣薬剤師の新規求人はめったに出てきません。例え出てきたとしても、人気の求人はすぐ無くなる現状…

そこで重要なのが情報収集だと思っています!

転職エージェントであれば、自分の求める条件を伝えておくだけで、新規で求人が出てきた際や、市場で公開されていない求人を教えてくれます。

この状況さえ作れていれば、自分で求人サイトをポチポチする手間も省けて、普段時間のない人でも効率よく転職のための準備ができます

>> 今、転職エージェントを利用すべき3つの理由

ここ数年間でやたら耳にするようになった
ワークライフバランスという言葉。
あなたはちゃんと理解してますか???

ママミ
ママミ
「仕事はほどほどに、プライベートをもっと充実させよう!って事でしょ??」

パパ
パパ
「仕事の為なら、プライベートの時間が削られても仕方ないって事かな・・・」

 う〜ん、ちょっと違います・・・。

現役薬剤師
現役薬剤師
「仕事もプライベートもどちらも充実させる
働き方・生き方のことですよ!」

ワークライフバランスとは?

ワーク(仕事)ライフ(生活)バランス(調和)
簡単にいうと「仕事もプライベートもどちらも充実させる働き方」
生活の充実によって、仕事がはかどり、うまく進む
仕事がはかどれば、私生活も潤う、といった「相乗作用」のこと。

現役薬剤師
現役薬剤師
でも、実際この働きが出来ていないのが現状ですよね〜。

それどころか、
あなたの職場の上司や経営者の考え方が偏っている場合、
プライベートの時間もアンバランスに陥り、
体調を崩してしまう羽目になります。

担当者
担当者
実は薬剤師という職業は、
非常にワークライフバランスが取りやすいのです!

自分で優先順位を決めて、自分らしい働き方が出来る、
あなたの働き方を今一度、見つめ直すきっかけになれば嬉しいです。

ワークライフバランスが崩れているとなぜ危険?

よく、「生活」と「仕事」のどちらかを重視するか?
という取捨選択のように思ってる方も多いでしょう。
しかし、本来ワークライフバランスとは
「仕事と生活」のどちらかの一方を
犠牲にするものではありません。

ワークライフバランスを悪化させる最大要因とは?

一番の原因は過労だと言われています。
どれだけ給料が良くて休みが取れても、
仕事のモチベーションが維持できなければ、長く働くのは難しいものです。

逆に、少ない人数で回している職場なんかは、休みが満足にとれず、
そして、持ち場の責任感や人間関係のストレスなんかも加わってしまいます。
その結果、体調を崩してしまうことになりかねません。

ワークライフバランスの悪い職場の例

ギリギリの人数で回している、極端に忙しい職場
(門前薬局で、1人あたり40枚の処方箋を受けていたら忙しい方)
年間休日の少ない職場
(平均は120日、70日のところもあり。確認しましょう)
処方箋の枚数が多い、処方箋が重い科目を受ける職場
(かなりの確率で残業発生)
福利厚生が利用しづらい雰囲気の職場
(産後育児休暇など)

現役薬剤師
現役薬剤師
あなたの職場は大丈夫ですか?
これから転職を考えている方は、事前に確認をすることをオススメします。

 

ママミ
ママミ
うわ〜、これじゃあ家事と育児までこなすことはできないね〜!
私には絶対無理!!!!!

最もワークライフバランスが取りにくい病院薬剤師

薬剤師と一言で言っても、職場にとって差があります。
その中でも病院薬剤師は、最もバランスが乱れやすいと言えるでしょう。

病院は人員を多めに確保することがなく、
医療現場では常に人手不足になりがち。
多くの業員には当直勤務があり、
夜通し拘束されるので生活リズムが崩れがち。
病棟業務や救急チーム医療に携わる場合、
やりがいはあるけど残業は多い傾向が。

現役薬剤師
現役薬剤師
病院薬剤師といえば、
やりがいと経験を求めて求人が出れば希望者が殺到する
人気のある職場でもありますよね!
もちろん自分の裁量で働ける職場ではないどころか、
プライベートすら削られてしまったりのデメリットが多そうだな〜

ワークライフバランスが比較的安定してる調剤薬局

一般職種と薬剤師のワークライフバランスの取りやすさを比較しても、
相対的に年収が高くて、残業も少ないのは薬剤師です。

一般平均に比べて年収が高い上に、残業時間も短いため、
プライベートに避ける時間も費用も多く、
ワークライフバランスを取りやすいといえます。

厚生労働省の「平成28年賃金構造基本統計調査」によると、このような結果が出ています。

  平均年収 平均残業
一般職種 454、3万円 15時間
薬剤師 514、9万円 10時間

(参考:厚生労働省 「平成28年賃金構造基本統計調査」

担当者
担当者
さらに門前の調剤薬局で例えると、
勤務時間や休日が安定していて、
基本的に大手チェーンであれば、府福利厚生が整理されていて、
育休・産休制度の実績も豊富なため、
ワークライフバランスが取りやすいと言われています。

日本人の働き方を見直す改革とは?

働き方改革の全体像

内閣が「働き方革命」の実施を宣言し、
日本人の働き方が見直されました。

パパ
パパ
その結果、働き方革命が多くの企業で進む中で、
ワークライフバランスにも変化が見られるようになってきましたよね!

全ての人が多様な働き方ができる、一億総活躍社会を目指して定められた
政府の重要政策の一つです。
これまで当たり前とされていた長時間労働や、非正規労働者との格差など、
日本労働環境や経済課題を大幅に見直す取り組みという側面もあります。
(法的には2019年4月から施行)
2020年4月からは、大企業のみならず、全ての中小企業に対しても多くの法律が適用されることになりました。
参考:厚生労働省

ワークライフバランスに含まれる支援とは

ファミリーフレンドリー
男女均等推進度

ファミリーフレンドリー(両立支援)

働きながら育児・介護をするための制度や環境を整えることを意味します。

育児や介護を目的とする休業制度
短時間勤務制度
育児や介護サービスの提供
育児や介護に関わる費用の経済的支援など

現役薬剤師
現役薬剤師
柔軟な働き方ができるような制度の策定にも力を入れ、厚生労働省が定めた基準に達している企業に対して、「ファミリーフレンドリー表彰」を行うなどの施策を行なっています。

男女均等推進度

労働者が性別によって差別されることなく、
また、働く女性が母性を尊重されつつその能力を十分に
発揮できる環境を整備することが重要な課題といえます。

現状としては、出産を機に退職するケースや、残業が多く、
仕事と家庭の両立ができないケースも多数あります。

ママミ
ママミ
働きながら、家庭との両立が図れるように、
育児や介護を実現させる環境を整えることを目指す政策ね!!

ワークライフバランスのメリットとは?

生活の充実によって仕事の効率やパフォーマンスがグッと向上し、
短時間で仕事の成果を出すことが出来ます。
その結果、プライベートに時間を使えるのでとても好循環です。

余裕のある育児や介護ができる
プライベートでのスキル向上が見込める
心身ともにリフレッシュ
多様な働き方ができる

パパ
パパ
企業側にも生産性が向上し、社員のモチベーションもアップ!
良いこと尽くめだろうな!

ワークライフバランスを重視しての転職での一例

「ワークライフバランスの取れる職場に転職を希望しました」

とおっしゃる2児の母でもあるA子さんの以前の職場はこんな感じでした。

一日1人平均40枚の処方箋を受け付ける激務な環境
どんどん薬剤師が辞めていき、常に人手不足
社長は勤務環境の改善も、人員の補充もする様子がない
残業は規定により出来ないと、昼休みを削って勤務
忙しさから、薬局内の人間関係もピリピリモード

「毎日、仕事で疲れでイライラ、家事も育児も疎かで
心身ともにしんどいかったですね・・・」

そこで、私が辞めたら他のスタッフに迷惑がかかってしまうと
思いながらも、自分が好きな仕事を長く続けたいと転職を決意!

とにかく、薬剤師の仕事もしたいけど、家庭も大切にしたいという希望で
転職エージェントにお願いしたところ

家から通勤30分圏内
土日休み
薬剤師4人で処方箋が毎日平均100枚
残業ほぼ無し

という好優遇な求人に巡り会え、転職できました。

現在のAさんは、薬剤師としても母親としてもイキイキしています。
この経験を経て、
仕事を長く続けるためにはワークライフバランスが必要なんだと
実感したとおっしゃっています。

現役薬剤師
現役薬剤師
5年後、10年後の自分を想像してみて、今の働き方が将来的に続けられるかどうか?
客観的に判断をする必要がありますね!

まとめ

プライベートの充実やスキルアップ、家庭を優先にした働き方を望む方へ。
現在の環境に改善の余地はありますか?
薬剤師として、自分が世の中に貢献できる事はなんでしょう?
自分に合った働き方とは何か、考える余裕を持ちましょう。

ワークライフバランスで仕事と生活の時間を区切るだけでは、
本質的な働き方改革ではありません。
自分で優先順位を決めて、
自分らしい働き方ができる世の中になることを望みます。

ご自身の働き方を見つめ直すきっかけになれば嬉しいです。

 

現役薬剤師
現役薬剤師
ママ業を大事にしたい今は、できれば短時間パートで働きたい!
でも、そんな求人あるのかな?
そんなママ薬剤師がチェックしたいパート求人へのサポートが充実しているおすすめ転職エージェントBEST3をご紹介します!
コロナ禍で求人が少なくなっている今だからこそ、転職エージェント選びはとても大切!
是非チェックしてみてくださいね☆

>>【ママ目線で15社比較!】ママ薬剤師におすすめしたい!薬剤師転職サイト比較ランキング