その他

製薬会社での薬剤師の仕事内容とは? どんな人が向いてるの?

ママミ
ママミ
MRとして育休復帰後、子育てと仕事の両立がまったくできずパート薬剤師への転職を決意。

思い出しただけでも辛すぎて涙がでます……
初めまして!現役転職活動中のママミです。
詳しいプロフィールはコチラ

良い求人に出会うには情報収集が全て!

コロナの影響で薬剤師の求人は確実に減っています!

私の住む地域では、短時間パートや派遣薬剤師の新規求人はめったに出てきません。例え出てきたとしても、人気の求人はすぐ無くなる現状…

そこで重要なのが情報収集だと思っています!

転職エージェントであれば、自分の求める条件を伝えておくだけで、新規で求人が出てきた際や、市場で公開されていない求人を教えてくれます。

この状況さえ作れていれば、自分で求人サイトをポチポチする手間も省けて、普段時間のない人でも効率よく転職のための準備ができます

>> 今、転職エージェントを利用すべき3つの理由

企業で働くやりがい、キャリアアップ、他の業種の人たちとの関わりなど、
薬剤師にとって製薬会社で働くことには魅力がたくさんありますよね!

製薬会社で働いてみたいと思ったことのある薬剤師の方は多いのではないでしょうか。

現役薬剤師
現役薬剤師
でも、製薬会社の薬剤師って実際どんな仕事をしているの?
今まで調剤薬局でしか働いてこなかった私にもできるかな??

ご安心ください!

一口に製薬会社の薬剤師と言っても、色々な職種が存在します!!

今回は製薬会社で働く薬剤師の仕事内容を職種別にまとめてみました。

現在就職・転職を迷っている方も、
この記事を読めばあなたが製薬会社で働く未来がきっと見えてきます!

製薬会社で働く薬剤師の仕事内容って?


製薬会社で働く薬剤師の職種は1つではありません。

様々な形で薬剤師の方々が活躍しています。
ここからは、職種別にどのような仕事内容なのかを説明していきます。

各職種ごとに「こんな人におすすめ!」として、
その職種がどんな人に向いているのか
私なりにポイントをまとめたので是非参考にしてください!

管理薬剤師

管理薬剤師とは、一言でいえば薬品の管理を担う責任者です。
薬局や店舗など、薬品を扱う施設では責任者として管理薬剤師を設置することが義務付けられており、製薬会社もその対象となっています。
薬品管理の責任者ですから、もちろん薬剤師の資格が必須となっています。

その中でも製薬会社の管理薬剤師の大きな特徴は、基本的に調剤を行わないこと。
医薬品の管理業務他の薬剤師等の従業員の管理が主要な業務となります。

企業によってはDI業務のような現場の医師からの問い合わせ対応や、その他様々な業務を兼業することもあります。

幅広い業務に関わることが出来ることが魅力的な製薬会社の管理薬剤師ですが、基本的には下記のような業務が中心になることが多いようです。

・会社で取り扱う医薬品の品質管理や在庫管理

・行政への届け出が必要な物質の管理と届け出

・医師等、自社薬品の使用

者からの質問への応対など

・他の薬剤師への指導・業務管理

また、本社・支社での勤務と工場で勤務では若干状況が異なっており
工場勤務の場合は医薬品を製造する際の品質管理や他の薬剤師・スタッフへの指導・管理詳細ページが占める割合が大きくなることが多くなる傾向にあります。

しかしいずれにしても、施設の管理者として働くわけですから、
出張や転勤がほとんどないという魅力があります。

こんな人におすすめ!

・調剤以外の様々な業務で活躍したい!
・薬剤師の資格が必須の職種でキャリアアップしたい!
・同じ場所で長くゆっくり働きたい!

MR(医薬情報担当者)

製薬会社のMRとは、簡単に言うと医薬品の営業担当者です。

しかし、他業種の営業職と大きく異なるところは
価格交渉や代金の回収は行わず、商品(=医薬品)の情報提供・収集のみを行うところ。
専門性の高い営業職と言えます。

MRになるために薬剤師の資格は必須ではありませんが、医薬品という商品の性質上、豊富な専門知識が求められるため、薬剤師資格を持つ人も多く活躍している職種です。

具体的な仕事内容は大きく分けて次の2つ

・自社の医薬品を普及させるために
買い手となる病院や調剤薬局に出向いて情報提供をすること。

・実際に自社の医薬品を使用した現場から、
効果や副作用についてのフィードバックを受けて情報を収集すること

フィードバックを受けての情報収集が重要な仕事内容となっていることからも、
売るため営業と言うよりは、良いものを正しく普及させるための営業と言った方が的を射ているかもしれません。
また、継続的に情報を収集する必要があることから
新規開拓よりも、既に取引のある病院等を周ることが多くなる傾向にあります。

薬剤師としての知識を顧客のために面と向かって話すことができるので、
やりがいはとても大きそうですね!!

こんな人におすすめ!

・医薬品についての知識を学ぶことが好き!
・コミュニケーション能力に自信がある!
・より良い薬が多くの人に使われるような世の中にしたい!

研究開発職

製薬会社の研究・開発職は、新薬の研究や新製品の開発を行う職種です。
商品ができなければ事業として成立しませんから、
製薬会社にとって最も重要な部門と言うことが出来るでしょう。

薬剤師の資格は必須ではなく、化学系や生物系の理系学部出身者からも多くの応募が集まります。

具体的な仕事内容は研究部門と開発部門で異なりますが、簡単に書くと下記のような内容となっています。

・研究部門
新しい医薬品を創り出すために、新たな有効物質の発見や、既存の有効物質のより効率的な生産方法などを研究する。

・開発部門
研究段階にある医薬品を実際に製品として販売できるようにするために、副作用についての試験や、臨床試験のデータを分析によってその安全性を確かめる。

製薬会社の花形と言える職種で非常に人気が高いですが、
一つの医薬品を開発するためには9~17年の期間が必要だと言われており、
根気強く仕事に取り組む泥臭い姿勢も重要になります。

また、募集時に求められるハードルも高く、
就職・転職活動の際にはライバルの多くは研究経験豊富な修士・博士号取得者たちになります。
ちなみに、6年制の薬学部を卒業した方は修士扱いとする企業が多いようです。

6年制薬学部を卒業して一般の調剤薬剤師として働いていた方にとっては、完全に無理というわけではありませんが、転職先としてはかなり狭き門と言えるでしょう。

一方で、薬学の知識の裏付けとなる薬剤師の資格と博士号を両方持っている場合には強力なアピール材料となります。

こんな人におすすめ!

・新しい薬を創ってみたい!
・研究経験には自信がある!(博士号があるとなお良い)
・根気強く物事を続けることが出来る!

DI・学術職

DIとはDrug Infomationのことで、その名の通り医薬品の情報収集や情報提供を行う職種です。

これだけ聞くとMRと同じような印象を受けますが、
製薬会社のDI業務はそのMRに自信が得た情報を伝える役割を担っており、
より高度な専門職と言えます。

薬剤師の資格は必須ではないですが、薬学に対する豊富な教養が求められるため、
薬剤師資格を持っていることを応募条件としている企業も珍しくないです。

具体的なには下記のような仕事内容になることが多いようです。

・自社製品に関わる医薬品情報の収集
・収集した医薬品情報の管理
・自社MRや現場の医療関係者への情報提供
・専門性の高い問い合わせへの対応

また、企業によっては管理薬剤師や、薬事職との兼業となることもあるようです。

日々情報と向き合う仕事内容なので、薬学に関する高度な専門知識が身につくことは間違いないです。

薬の専門家、薬剤師としての実力を大いに高められそうですね!

こんな人におすすめ!

・医薬品に関して誰よりも詳しくなりたい!
・薬の専門家として大きく成長したい!
・英語が得意で海外の文献がスラスラ読める!

薬事職

薬事職は、自社の医薬品に関する法務的な処理を行う職種です。

製薬会社が医薬品等を商品として販売するためには、その国の政府機関に薬事申請をして、承認される必要があります。
この薬事申請を任されているのが薬事職であり、とても重要な職種です。

薬剤師の資格は必須ではないですが、医薬品に対する知識が求められるため、
薬剤師の資格を持っていると就職・転職の際は有利になることが多いです。

また、製薬業界はグローバル化が進んでいるため、海外への申請も不可欠になっており、
英語力が活かせる仕事でもあります。

具体的には下記のような仕事を行います。

・申請書類の作成
・自社で扱う薬品に関する文書の作成、あるいは改定
・作成された書類のチェック
・スムーズに承認されるためのノウハウの蓄積
・学術的、あるいは法的知識の収集

この他にも、DI・学術職との兼業となるケースも多いようです。

薬品についての知識だけでなく、法律や申請に関わるルールについても常に勉強が求められる上、海外対応のために英語のスキルも必要とあり、分野に関わらずコツコツ学ぶことが好きな人に向いているかもしれませんね。

こんな人におすすめ!

・細かい知識をコツコツ学ぶことが得意!
・書類作成のためのPCスキルには自信がある!
・英語で文献を読んだり書類を作成したりする自信がある!

 

薬剤師が製薬会社で働くメリット


ここまで職種別に製薬会社の薬剤師の仕事内容をまとめてきましたが、
総合的には薬剤師が製薬会社で働くメリットはどのようなものがあるのでしょうか?

担当者
担当者
製薬会社の薬剤師には、次の3つの魅力がありますよ!

では、1つずつ解説していきます!

安定した休みがとりやすい

病院や調剤薬局が土日祝休みのところばかりだとみなさん困ってしまいますよね?
ですから、病院や調剤薬局に努める薬剤師にとって、土日祝休みは決して普通ではありません。ドラッグストアの場合は完全にシフト制となるところが殆どでしょうから、なおさら難しいでしょう。

しかし、製薬会社は多くの場合、他業種の一般企業と同じように土日祝休みとなっています。シフト制ではないため季節休暇等の長期休暇も用意されていることが多く、お休みの日が安定しているのは嬉しいですよね!

福利厚生が充実している

製薬会社で働くという子は、一般企業で働くということですので、福利厚生が充実している場合が多いです!

先ほど触れた季節休暇などもこれに当てはまりますが、他にも住宅手当社宅企業年金など、様々な恩恵を受けることが出来ます。

産休や育休、その他育児サポート制度など、ママに嬉しい制度もたくさんありますよ!

大きな会社では企業内保育園まであるようです。子育てをしている薬剤師さんにはとても魅力的ですね。

年収とスキルが上がりやすい

製薬会社には様々な仕事内容がありますが、
基本的にはどの職種でも調剤を行うことはありません

しかし、その分より専門的な知識を得ることができるような職種が多く、
自身の能力がぐんぐん上がっていきます。

これまで調剤を中心にお仕事をしてきた薬剤師さんが製薬会社に転職して、
調剤の知識を活かしながら更に成長できたという事例もとても多いです!

更に、それだけ能力が必要な仕事内容ということは、
成果主義的な側面が強く
能力の上昇に合わせて収入のアップも見込めます!

薬剤師が製薬会社で働くデメリット


魅力的なメリットがある製薬会社の薬剤師ですが、
残念ながら当然良いことばかりではありません

自分のキャリアを考える上では、デメリットを知ることもとても大切なことですよね?

ここからは薬剤師が製薬会社で働くとどんなデメリットがあるのかをご紹介します。

転勤や出張がある

製薬会社も企業ですから、大きな会社に勤める場合は配置換えが頻繁に起こることも当然考えられます。

特にMRの場合は、基本的に全国転勤となっており短いスパンで転機を繰り返さなければならない可能性も決して低くありません。

研究職の場合は基本的に自社の研究室への勤務になりますので転勤は少ないですが、大学や大学院の研究室へ出向しての共同研究や、学会のための出張などは多くなります。また、グローバルな会社の場合は経験を積んで実力が認められれば海外への転勤もあり得るでしょう。

薬品を扱う施設の責任者として設置される管理薬剤師や、知識職でデスクワークが多いDI・薬事職の場合は比較的転職や出張が少なくなりますので、転勤が多いのは厳しいという方はこれらの職種を検討することをおすすめします。

定年退職がある

製薬会社も一般企業なので定年退職が存在します

小規模なドラッグストアや調剤薬局では、雇い主との話し合い次第で通常定年となる65歳以降も働き続けることができますが、製薬会社の場合はほぼ確実にしっかりとした決まりがあるのでそうはいきません。

また、定年後再雇用制度がある企業だとしても、多くの場合は年収が大きく下がってしまいます

高い意識が求められる

これがデメリットになるかどうかは人によると思いますが、
製薬会社は利益のために動いているので、競争が激しい側面はどうしてもあります。

MRであればノルマが課されることもありますし、研究や開発も当然成果が求められます。薬事申請などもスムーズに進むほど他社を出し抜ける可能性が上がります。

その分、頑張って成果を上げれば自身のスキルアップや収入の上がり方にも反映されるのですが、のんびり働きたいという方は辛くなってしまうこともあるかもしれません。

実際に製薬会社に就職するには

ここまで、製薬会社で働く薬剤師の仕事内容とメリット・デメリットをご紹介してきました。
製薬会社で働く薬剤師の姿がイメージできてきましたか?

現役薬剤師
現役薬剤師
仕事内容も知れたし、メリットもデメリットも分かって、やりたいことが見えてきた!

現役薬剤師
現役薬剤師
でも、実際に製薬会社に採用されるためにはどうすればいいの?

ではここからは、実際の求人例も参考にしながら製薬会社に転職する際のポイントを解説していきましょう!

ポイント① 自分の経験を考えて難易度を見極める

薬剤師免許を持っているという条件は同じでも、
その人が今までどのような経験をしてきたかによって採用されやすさは変わってきます。

例えば、こちらは実際の研究職の求人です。


必須条件
として高い英語力、そして担当する研究に関わる分野での実務経験が求められています。研究・開発職はやはり実際の業務に近い実務経験を求める傾向が強く、未経験者の転職は非常に厳しいと言えるでしょう。

では次にこちらの管理薬剤師の求人を見てみましょう。

営業サポート業務も兼任ということで、DI的な役割も任されるようですね。
こちらの応募の必須条件は薬剤師であること、そして英語力となっています。

このように、製薬会社の募集の中には、薬剤師であること自体が条件であったり、武器になるものが存在します。

あとは、この募集でいう英語力のように薬剤師資格+アルファの部分が自身の経験と合致したものを探せば、自分にとって採用されやすい求人を見つけることができますね!

ポイント② アピールポイントを作る

ポイント①は、簡単に言うと自分の経験が求められている求人を探すことでしたが、
企業に求められている経験を自ら作り出すという方法もあります。

例えば、ポイント①で紹介した管理薬剤師の求人のように薬剤師であること+英語の読み書きができることが求められている場合、今の自分に英語の読み書きのスキルを証明するものがなくても諦める必要はありません!

転職準備をしながら英語の勉強をして、TOEICやTOEFLで高スコアを獲得するなど、自分で自分の価値を高めることで企業から求められる応募者になることができます。

色々な求人を眺めてみて、今から身に付けられそうな自分の武器を探すことで可能性が広がりますよ♪

まとめ


いかがでしたでしょうか?

今回は製薬会社での薬剤師の仕事内容とその魅力に加え、
製薬会社で働くメリット・デメリット、就職するためのポイントをまとめました。

製薬会社では様々な業種で薬剤師が活躍しており、
色々な人が薬剤師としての知識や経験を活かして能力を発揮できる場所となっています。

漠然と製薬会社で働いてみたいと思っているみなさんも、
まずは自分の得意なことやりたいことが活かせる職種を探して研究してみることから始めてみてはいかがでしょうか。

きっとあなたに合ったお仕事が見つかると思います!

現役薬剤師
現役薬剤師
ママ業を大事にしたい今は、できれば短時間パートで働きたい!
でも、そんな求人あるのかな?
そんなママ薬剤師がチェックしたいパート求人へのサポートが充実しているおすすめ転職エージェントBEST3をご紹介します!
コロナ禍で求人が少なくなっている今だからこそ、転職エージェント選びはとても大切!
是非チェックしてみてくださいね☆

>>【ママ目線で15社比較!】ママ薬剤師におすすめしたい!薬剤師転職サイト比較ランキング