その他

パート薬剤師の不満や悩み8選!今の職場を辞めたいと思っているママ薬剤師必見

ママミ
ママミ
MRとして育休復帰後、子育てと仕事の両立がまったくできずパート薬剤師への転職を決意。

思い出しただけでも辛すぎて涙がでます……
初めまして!現役転職活動中のママミです。
詳しいプロフィールはコチラ

良い求人に出会うには情報収集が全て!

コロナの影響で薬剤師の求人は確実に減っています!

私の住む地域では、短時間パートや派遣薬剤師の新規求人はめったに出てきません。例え出てきたとしても、人気の求人はすぐ無くなる現状…

そこで重要なのが情報収集だと思っています!

転職エージェントであれば、自分の求める条件を伝えておくだけで、新規で求人が出てきた際や、市場で公開されていない求人を教えてくれます。

この状況さえ作れていれば、自分で求人サイトをポチポチする手間も省けて、普段時間のない人でも効率よく転職のための準備ができます

>> 今、転職エージェントを利用すべき3つの理由

■パート薬剤師として働き始めたけど、想像以上に働きづらい……
■子育てと両立するには今の職場って大変……

など、今の職場や働き方に不満や悩みを抱えているパート薬剤師の方も多いのではないでししょうか?

現役薬剤師
現役薬剤師
私は仕事自体に不満はないけど、通勤時間が1時間以上かかるから子供が急に熱が出てもすぐに対応できないのがツライ…
ママミ
ママミ
出産に伴って正社員からパート薬剤師に働き方を変えたけど全然満足してないって話は色んなママ薬剤師から聞くわ。

パート薬剤師ならではの不満や悩みは少なからずあるはずです。

我慢して今の職場で働き続けるのか、もしくは転職して今よりも良い職場で働くのか…

ママミ
ママミ
そんなにすぐに良い職場が見つかるとは限らないですもんね。

今の職場に不満や悩みを抱えているママ薬剤師に向けて、この記事を書いてみました。

全国には同じ不満や悩みを抱えているママ薬剤師はいるはず!
少しでも共感できたり、働き方のヒントになるような内容になればと思っています。

ママミ
ママミ
せっかくなら、少しでも不満や悩みを減らして、ストレスなく働きたいですよね♪

 

パート薬剤師の不満や悩み8選!

私自身、現役で薬剤師転職活動中です。
その中で、色んなママ薬剤師から聞いたことや、TwitterなどのSNSで見かけたことなんかをまとめてみました♪

全部で8項目になっています!
気になるところがあればぜひ見てみて下さいね~♪

①勤務時間に制限がある
②子育てに対して理解がない
③人間関係が上手くいかない
④時給がなかなか上がらない
⑤残業が多い
⑥いつ不要となるか恐い
⑦転職回数が増える
⑧通勤時間が長い

①勤務時間に制限がある

  • 子供が保育園や小学校に通っている間に働きたい
  • 介護など家庭の事情がある
  • 掛け持ちで働いている
  • 自分のプライベートを確保したい

など、パートという働き方を選ぶ理由は様々。

「本当はフルタイムで働きたい!!」と内心思っていても、結婚や出産に伴い家庭の事情でパートという働き方を選ばざるを得ないケースも多いのではないでしょうか…

しかし勤務時間が限られるため、フルタイムで働く職場の同僚薬剤師や薬局長から次のように思われてしまうことも。

『勤務時間が半端で使いにくい』
『忙しいときでも、時間が来たら帰ってしまう』
『残業、早出をしなくていいなんてうらやましい』

実際Twitterにはこんな声も……

ママミ
ママミ
陰口じゃなくて直接言って―!って思う。

②子育てに対して理解がない

職場で子育てに対しての理解がないことは、
子育てをしながら働くママ薬剤師にとっては悩みの種の一つです。

いざ育休から復帰してみたら全く子育てに理解が無くてビックリしたというのはよく聞く話。

ママミ
ママミ
私も初めての育休復帰でそうだったからすごくすごくわかる!

現役薬剤師
現役薬剤師
やっとの思いで子どもを預けて出社したのに、1時間もしないうちに保育園から呼び出しの電話・・・。
現役薬剤師
現役薬剤師
保育園で風邪が流行ってて月の半分くらいは休まないといけない月も…

こんなとき、子育てに対しての理解がない職場だと、白い目を向けられてしまい、精神的にとても辛いですよね。

まず1つ目の対策としては、素直に上司に相談してみることです。

ママミ
ママミ
無理だと思っていても、相談してみると案外聞き入れてくれるかもしれません。

実際に口コミではこんな声がありました。

『上司に子育てと仕事の両立について相談したところ、1人が休んでもカバーできるようにシフトを見直してくれました。当日に休まれても文句どころか心配してくれます。
すごく恵まれた職場で働かせてもらってると思っています』
                            参考:発言小町

『今まで二人体制だったシフトに来月から一人増やした三人体制にすることで辞めずに済みました! 早退・欠勤があっても人手不足にはならないし、同じぐらいの子どもがいるのでお互い様みたいな感じで……会社としても人件費は厳しい中とても配慮していただき、私の気持ちを最優先してくれたことに感謝の気持ちでいっぱいです。これから今まで以上に頑張るぞ!』
                            参考:発言小町

普段真面目に仕事に取り組んだ上で要望すれば、環境を整えてもらったり、改善してもらったりすることも可能かもしれません。

 

それでもダメな場合、二つ目の対策として職場を変えてみるのも一つの手です。

求人サイトを見てみると、以下のように「ママ薬剤師に理解がある職場」を掲げている調剤薬局もありますし、自分で探すのが手間だと思えば転職エージェントさんに頼るのも一つの方法です。

ママミ
ママミ
私も育休復帰後にひどい目にあった経験があるからわかります…
こればかりはどうしようもないので、環境を変えることをおススメします。

ママ薬剤師におすすめな薬剤師転職サイトBEST3MR時代に育休復帰し、産休に入る前とはがらっと変わった職場に全く馴染めず、肩身の狭さを感じた私は育休中にパート薬剤師への転職活動を始めま...
『今』薬剤師転職エージェントを活用する3つの理由 ・今すぐ転職したい訳ではないんだけど・・ ・一度登録するとしつこく求人を勧められそう・・ ・転職をするタイミングで転職エ...

③人間関係がうまくいかない

ママミ
ママミ
パート薬剤師に限らず、仕事に人間関係の悩みはつきものですね。

特に調剤薬局の場合、少人数で閉鎖的な空間なので人間関係が悪いと日々の業務も全然楽しめません。

実際にその店舗で働いてみないとわからないことが多いですが、

『長期間店舗にいる=立場が上!』と勘違いしている先輩がいたり、
『仕事をバリバリこなすパート VS 口ばかりで手は動かさない正社員』でギスギスなんてことも・・・。

また、厚生労働省の調査(平成30年)によると、
薬局に従事している薬剤師さんの、61%以上が女性というデータがあります。

平成30年12月31日現在における全国の届出「薬剤師数」は311,289人で、「男」120,545人(総数の38.7%)、「女」190,744人(同61.3%)となっている。
                     引用:医師・歯科医師・薬剤師統計の概況 – 厚生労働省

女性中心の職場ならではのメリットももちろんありますが、
上手に輪に入れないと、仕事でもうまくいかなくなってしまう場合があります。

現役薬剤師
現役薬剤師
男の人が一人でも職場にいてくれるだけでピリッと引き締まる事もあるわ。

他には、薬剤師と事務の人のトラブルもよく聞く話です。
そもそも薬剤師の方が時給が高いため、パート薬剤師に対して良く思わない事務の人が不思議ではありません……

 

④時給がなかなか上がらない

お金のためだけに働いているわけではない人も、給料は最重要事項ですよね。
だって家計を少しでも助けるためにパート薬剤師として働いているわけですから。

現役薬剤師
現役薬剤師
数年勤務しているけど時給がまったく上がらない・・・

経営に余裕がない薬局だと、頑張っても時給が上がらないことがあります。
特にコロナ禍で処方箋枚数が激減している現状、仕方ないことではありますが……

今の時給では満足できない、これからも上がる気配がない、正しく評価されない場合、
思い切って転職するのも一つの手段です。

病院、調剤薬局でパートとして働いているなら、一般的に時給が高いと言われているドラッグストアも選択肢の一つになります。

パート薬剤師の時給相場!時給UPや、扶養内で働く場合のポイントも 家庭と仕事の両立を目指すママ薬剤師さんは、復職の際にパート薬剤師を選択される方が多いようです。 パート薬剤師として働く...

⑤残業が多い

残業が多いというのも調剤薬局ならでは、です。
子供のお迎えなど何かしらの用事があってパート薬剤師という選択をしています。
残業してもらって普通というのはちょっと違う気がしますよね……

tweetにあるように、薬剤師の高い残業代分がお給料として反映されるのは確かに良い事ですが……

⑥いつ不要となるか恐い

このご時世、この悩みが一番多いのではないでしょうか?

私の知り合いでも、処方箋枚数の激減により休業を命じられたパート薬剤師の方がいます。

その方は普段週2で働いているのですが、初めは週1休業、直近の8月中旬からは週2休業を命じられ、今は休業手当をもらっているそうです。

ママミ
ママミ
確かにパート自体の求人もすごく減ってるもんね💦

Twitterでもこんな声がありました。

パートは自分で働き方を選べることがメリットである一方、
このようなデメリットがあることも肝に銘じて働かないといけないですね。

<調剤薬局経営者に聞く>コロナ禍で変化?今必要とされている薬剤師とは?2020年、東京オリンピックが行われ、世界中が興奮と感動に包まれるはずだった年。 当たり前の毎日が、当たり前ではなくなり、社会も大きく...

⑦転職回数が増える

出産や結婚、夫の転勤、子育ての環境の変化など、様々なタイミングで転職を余儀なくされます。

一般的な転職回数の平均は3~4回と言われている中で、パート薬剤師に限ってはそれ以上であることも珍しくないです。

ママミ
ママミ
10回近く転職を経験しましたなんて人もTwitterで見かけました!

ただ、転職回数が多くなると職務経歴書の欄が埋め尽くされたり、採用担当者から変に捉えられることもしばしばあります。

しっかりとした理由があれば全く問題ないと聞きますが、転職回数がやたらと多いと何かと不安に感じることもでてきますよね。

⑧通勤時間が長い

これはパート薬剤師だけに限った悩みではないですが、
子供の保育園のお迎えがあるパート薬剤師にとっては「通勤時間の長さ」はネックになります。

私の知り合いでも、3人の子育てをしながら約1時間半かけて電車で通勤しているママ薬剤師がいます。

ママミ
ママミ
急に保育園から呼び出しがあった際には、すぐに迎えにいけなくてもどかしい思いをしてるそうです💦

特に子供が小さくて手のかかるうちは、保育園からも家からもできるだけ近い職場で働きたいですよね。

【3児のママ薬剤師にインタビュー】1時間以上かけて電車通勤!それでも今の職場で働く理由って? 今回紹介するママ薬剤師は、『Yママ(仮名)』さんです。 現在は、3人の子育てをしながら都内でパート薬剤師として働く30代です。 ...

 

悩みや不満を減らすためにできる3つの事

こちらも、色んなママ薬剤師から対処法を聞いて、その中でも多かった3つをまとめました。
ぜひ参考にしてみて下さい♪

①日頃からコミュニケーションをとる
②働く時間を増やしてみる
③今よりも条件が良い職場へ転職する

①日頃からコミュニケーションをとる

まずは、自分がパートで働く事情を上司や同僚へしっかり伝えること。

相手には伝わっていると思い込んでいても、案外伝わっていないことが多いです。
上司や同僚が過去に子育ての経験があれば、なおさら理解してくれるはずです。

そして、日頃からしっかりコミュニケーションを取り、
感謝の気持ちを伝えることも大切です。

ママミ
ママミ
毎日顔をあわせる夫婦でも、どちらかの感謝の気持ちが欠けてしまうと、うまくいかなくなってしまいますよね。

自分が出勤していない時間、職場を支えてくれる同僚に感謝を伝えることで、
「お互い様」の精神で、支え合って仕事ができるはずです。

②働く時間を増やしてみる

とてもシンプルな解決方法ですが、
「パートからフルタイム」「短時間パートから通常パート」に働き方を変えるだけで今の悩みや不満は解決できることが多いです。

子供が保育園など小さい内は難しいですが、
小学校高学年や中学校になって手がかからなくなるタイミングでこの選択をするのもアリです。

パートでないと無理かも……
とメンタルブロックがかかっている可能性もあります。

一度家族で話し合って、働き方について再考してみるのも一つの手かもしれません。

③今よりも条件が良い職場へ転職する

何をやっても状況が変わらない、悩み続けるのがしんどい……
こんな場合は転職を検討するのも一つの手段だと思います。

■人間関係がつらい…
■時給を上げたい!
■通勤時間を減らしたい!

など、色々な悩みがある中で全てを叶えるのは不可能かもしれませんが、
職場を変えれば少なくとも1つは改善できる可能性が高いです。
良かったら転職を経験されたママ薬剤師のインタビューも見ていってください♪

【インタビュー】転職経験3回!時給3700円×理想の職場で働くママ薬剤師の話 今回紹介するママ薬剤師は、『Hママ(仮名)』さんです。 子育てしやすい環境を追い求め、転職歴は過去3回。 同時に時給3700円と...
【ママ薬剤師インタビュー】50代からの転職。今の厳しい薬剤師転職市場とは? 今回紹介するママ薬剤師は、『Uママ(仮名)』さんです。 過去、病院薬剤師からキャリアをスタートさせ、夫の転勤や子供の環境の変化によ...

ご参考までに、良い職場を見つけるためのチェックポイントを5点紹介します。
面接や、現場を見学する際にチェックできる点です♪

  • 職場の雰囲気が明るい
  • ほかにもパート薬剤師が働いている
  • 男性の薬剤師がいる(同性の薬剤師ばかりではない)
  • 人員不足ではない(患者さんの数と薬剤師の数が適切か)
  • 育児に理解がある(子育て経験がある上司や同僚がいるか)

 

【まとめ】我慢しないで、一歩踏み出そう!


いかがでしたか?
共感できる不満や悩みもあったでしょうか?

1人で抱え込んで辛い思いをするより、家族や自分の明るい未来のために一歩踏み出してみてはいかがでしょうか。

ママミ
ママミ
私もMRからパート薬剤師に転職活動中です。一緒に頑張りましょう♪

リアルタイムで転職活動中の体験談はどんどんUPしていくので、
お時間があればみて下さいね(*´ω`*)

【ママ薬剤師による本音評価!】薬キャリエージェントを実際に利用した感想・評価を口コミレビュー! ・薬キャリって評判良いみたいだけど、実際どうなの? ・転職はまだ先の予定だけど、情報収集だけでも利用できる? コンサルタント...
【2021年7月最新!】マイナビ薬剤師を実際に利用した感想・評価を口コミレビュー! ・マイナビって大手だから登録していくべき? ・サービスも他と比べて手厚いのかな? マイナビ薬剤師は、利用者満足度No1の転職...

現役薬剤師
現役薬剤師
ママ業を大事にしたい今は、できれば短時間パートで働きたい!
でも、そんな求人あるのかな?
そんなママ薬剤師がチェックしたいパート求人へのサポートが充実しているおすすめ転職エージェントBEST3をご紹介します!
コロナ禍で求人が少なくなっている今だからこそ、転職エージェント選びはとても大切!
是非チェックしてみてくださいね☆

>>【ママ目線で15社比較!】ママ薬剤師におすすめしたい!薬剤師転職サイト比較ランキング