薬剤師の働き方

避けたい、やりたくないと言われる在宅薬剤師の知っておくべき真実

ママミ
ママミ
MRとして育休復帰後、子育てと仕事の両立がまったくできずパート薬剤師への転職を決意。

思い出しただけでも辛すぎて涙がでます……
初めまして!現役転職活動中のママミです。
詳しいプロフィールはコチラ

良い求人に出会うには情報収集が全て!

コロナの影響で薬剤師の求人は確実に減っています!

私の住む地域では、短時間パートや派遣薬剤師の新規求人はめったに出てきません。例え出てきたとしても、人気の求人はすぐ無くなる現状…

そこで重要なのが情報収集だと思っています!

転職エージェントであれば、自分の求める条件を伝えておくだけで、新規で求人が出てきた際や、市場で公開されていない求人を教えてくれます。

この状況さえ作れていれば、自分で求人サイトをポチポチする手間も省けて、普段時間のない人でも効率よく転職のための準備ができます

>> 今、転職エージェントを利用すべき3つの理由

近年、高齢化などによる需要の拡大に伴い、必要とされ増えている「在宅薬剤師」。

病院や店舗での「調剤」や「服薬指導」以外にも様々なものがある薬剤師の仕事ですが、近年では在宅薬剤師の仕事が増えてきています。

ママミ
ママミ
薬局で調剤などの業務をしている薬剤師も、
これから在宅訪問の仕事を任される可能性も高いみたいね

在宅医療に携わる薬剤師は今後さらに必要になるとされており、多くの薬局が在宅医療の分野へも事業の展開を進めている一方で、薬剤師からは「避けたい」「やりたくない」という声が多いのも事実。

本記事ではそんな在宅薬剤師の「仕事内容」「やりたくないと言われる理由」「やりがい」の真実を解説していきます。

薬剤師の在宅の仕事とは?

薬剤師の仕事で「在宅」と呼ばれているのは、
正式には「在宅訪問薬剤管理指導」「居宅療養管理指導」といいます。

在宅医療や在宅介護を受けている患者の、自宅や入居先に訪問し、
主に薬の処方や管理をする仕事です。

在宅薬剤師の仕事内容

薬剤師の在宅訪問の仕事内容としては、以下のようなものがあります。

  • 処方薬の調剤
  • 服薬指導・服薬支援
  • 服薬状況・管理状況の確認
  • 体調管理チェック
  • 在宅担当医への処方提案
  • 担当の介護士などとの連携

参考資料:在宅医療における薬剤師の役割と課題

このように、在宅薬剤師の仕事は、薬の処方以外にも幅広く、医療従事者として患者さん一人ひとりの治療や介護に向き合う仕事です。

医師や介護士との連携も多く、チームで医療に携われる点も魅力的ですよね。

ママミ
ママミ
調剤薬局やドラッグストアでの働き方と比べると、
かなり業務内容も幅広くなるね。

在宅では「薬の飲み忘れがないか」「身の回りの整理や体調管理ができているか」などのチェックも大切な仕事になってきます。

現役薬剤師
現役薬剤師
薬局やドラッグストアだと、お渡しした薬をきちんと飲んでいるかは、常連さん以外は知りようがないけど、
実際に自宅や入居先に行くことで、ちゃんと把握できるのね!

在宅薬剤師の訪問先

薬剤師の在宅訪問は、「在宅医療を受ける患者なら誰でも利用できる」というものではありません。

  • 病気や障害により通院、来局ができない
  • 自宅で薬の服用・管理が難しい
  • その他、医師が必要と判断した場合

上記のような利用条件があり、それに当てはまる患者宅に訪問するのです。

薬剤師の在宅訪問は、大きく分けると以下の2種類に分かれます。

  • 個人宅への訪問
  • 高齢者施設への訪問

それぞれ詳しく見ていきましょう。

個人宅への訪問

自宅で治療を受けている患者さんに対して、

  • 薬の処方や服薬指導
  • 状況確認
  • 担当の医師やケアマネージャーへの情報共有

を行います。

薬はもちろん、自宅での様子、布団や室内の状態のチェックも。
異常はないか確認し、気になる点は医師や看護師とも共有、リスクヘッジをすることも大切な仕事です。

終末期の医療に携わることも多く、患者さんやご家族の想いを大切にしながら進めていくため、責任の重い仕事になることもあります。

しかし、数ある薬剤師の仕事の中でも、ここまで患者さんとしっかりと向き合える仕事はないといっても過言ではありません。

高齢者施設への訪問

患者さんが入居されている高齢者施設等へ医師と訪問し、

  • 薬の配達
  • 残薬管理
  • 医師とともに患者さんの状況確認
  • 施設職員へのアドバイス

を行います。

その他カンファレンス(=会議、打ち合わせ)への参加もあり、個人宅への訪問よりも、さらにチーム医療の側面が強い仕事です。

カンファレンスでは医師や介護士などと意見交換のうえ、今後の患者さんへの処方について提案するなど、他職種と連携しより良い医療へと進めます、

 

在宅薬剤師の現状と今後

今後も進みゆく高齢化社会において、在宅で治療や介護を受けられる「在宅医療」が推進されているので、今後も在宅医療の需要は続くと言われています。

厚生労働省による「在宅医療・介護の推進」

厚生労働省は2012年に、在宅医療を推進する方針を打ち出しています。

できる限り、住み慣れた地域で必要な医療・介護サービスを受けつつ、
安心して自分らしい生活を実現できる社会を目指す

※参考:厚生労働省 
在宅医療・介護推進プロジェクトチーム<在宅医療・介護の推進について> 

もう何年も前から言われ続けている少子高齢化問題。
問題視され続けてはいるものの、なかなか歯止めをかけられず、65歳以上の高齢者数は2042年にピークを迎えると言われています。

(引用元:厚生労働省)

厚生労働省ではその事態を受け、そのピーク時に向けた対策として「在宅医療・介護の推進」を掲げ、2012年より施策を進めています。

(引用元:厚生労働省)

第一段階としての目安時期に2025年が挙げられています。

2012年当時、13年後だった2025年はもうたったの4年後。
厚生労働省では2025年を以下のように想定し、進めてきました。

(引用元:厚生労働省)

診療報酬・介護報酬の改定が行われたことにより、在宅訪問の事業を始める医療関係の事業者も増えており、今後ますます在宅医療にかかわる薬剤師が必要とされています。

ママミ
ママミ
これから先、薬剤師が在宅訪問の仕事を避けるのは難しくなると言われてるのは、こういう背景なのね。

在宅医療が避けられないもう一つの理由

もう一つの大きな理由として、在宅訪問を取り入れないと調剤薬局の経営自体が難しくなってきているという現実があります。

理由としては以下が挙げられます。

  • 薬局・ドラッグストア・併設店の増加
    今やコンビニより店舗数が多い=ライバルだらけ
  • 医薬品の価格引下げによる、店舗の売上減少
    「21年度薬価改定」により8割強の医薬品が価格引き下げに。


(引用元:Answers News

現役薬剤師
現役薬剤師
他店舗との差別化や、自店の事業拡大・売上アップのためにも
やっぱり避けて通れない道なのかもね。

在宅医療に携わるメリット

在宅薬剤師としての経験を今のうちから積んでおくことで、今後の薬剤師に必要なスキルを早くから習得することが可能です。

薬剤師としてキャリアアップしていきたい方や、転職を検討している場合は、在宅訪問の経験を通して自身の市場価値を高めることができます。

上記項目からわかるように、今後、在宅で治療や介護を受けることがさらに一般的になっていくことは間違いありません。

今後確実に必要なスキルなら習得も必須。
今のうちから在宅医療に携わることで雇用条件や給与などの待遇面、転職にも有利になっていきます。

ママミ
ママミ
在宅訪問の経験があると、転職にも活かせるのね!

在宅薬剤師のやりがい


在宅薬剤師の仕事のやりがいには、どのようなものがあるのでしょうか。

患者さん一人ひとりと向き合える

薬局での調剤業務と違って、在宅の場合は自分の担当エリア、担当患者を持つケースもあります。

そのため、その場限りではなく継続的な関わり方となることが多いのです。

一人ひとりの患者さんとかかわる時間も長く患者さんと密なコミュニケーションを取れる仕事と言えます。

ママミ
ママミ
淡々と目の前の仕事をこなすのではなく、
患者さん本人に寄り添った医療ができるのね。

患者さんのプライベートな空間に入るため、信頼関係が構築されなければ双方にとってあまり良い環境とは言えません。

その分、逆に患者さんやご家族の方と深い信頼関係を築くことができたら、やりがいや充実感は他の仕事では得られ難いほどのものとなるでしょう。

ママミ
ママミ
こういうホッコリするエピソードも在宅薬剤師ならではなのかも♪

チーム医療に携われる

在宅訪問の仕事の場合、薬の処方に加えて患者さんの体調チェックなどの業務もあるため、「治療」や「医療」に携わっているという意識を強く持てる仕事です。

訪問時に異変があった場合は、担当の医師やケアマネージャーに状況を共有することとなっており、まさにチーム医療といえます。

「医師や介護士とのカンファレンス」での意見交換・情報交換をしながらの仕事は、医療従事者として知見を広げたいチームで患者さんの治療に向き合いたい人にはこれ以上ない環境ではないでしょうか。

ママミ
ママミ
医師や看護師の意見交換や連携プレーなんて、知識の幅も広がるし
在宅でなければなかなかできない経験かも! 

現役薬剤師
現役薬剤師
スキルアップ、キャリアアップにもぴったりね!

今後必要な在宅医療のスキルを身につけられる

今後の日本において在宅医療が普及していくことは間違いありません。

在宅訪問薬剤師の経験があることは、薬剤師としてのキャリアを歩む上でプラスになることは確実なのです。

在宅薬剤師を経験することで、以下のスキルが身につきます。

  • 患者への服薬状況や残薬を確認するためのヒアリング能力が向上。
  • 医療従事者として求められる対応力や管理能力を磨ける
    (患者本人の顔色や、家の中の様子から状況を察知することで)

 

在宅薬剤師をやりたくない理由

ママミ
ママミ
具体的に在宅薬剤師のどんなところが嫌がられているのかしら?

在宅の仕事をやりたくないと言われる理由には、次のようなものがあります。

仕事量が多くなる

大手調剤薬局であれば、薬剤師や事務員のスタッフも充実しているため
在宅業務があったとしても、急な処方箋増加などにも耐えられる人数配置がされていることが多いです。

一方で、中小の調剤薬局の場合は、薬剤師や事務の人数に多くを割けないため
急な処方箋増加の場面では人手が足りず薬剤師一人あたりの負担が倍増どころではなくなります。

ママミ
ママミ
これは激務・・
在宅の需要が高まる今後はどうなっていくのかしら・・

患者さんの自宅訪問に抵抗がある

在宅訪問の仕事において、訪問先は患者さんの自宅や介護施設となります。

特に、個人宅への訪問に苦手意識のある薬剤師が多いようです。

医師に同行する施設訪問と異なり、薬剤師が一人で伺うことも多く、心細く不安であることが理由として挙げられます。

個人宅で治療を受けている患者さんの中には、身の回りの整理整頓ができていない場合もあり、そういった部分に抵抗を感じるという意見も。

ママミ
ママミ
こういう意見もあるけど、自宅訪問に抵抗がある薬剤師は一定数いるんじゃないかなぁ・・

患者さんとのコミュニケーションが難しい

在宅薬剤師の仕事は服薬指導や患者さんの体調確認が中心となりますが、自分の指示を一度で理解してもらえないことも多々あります。

高齢者や認知症の方を相手にする場合、患者さんとのやりとりにおいてトラブルが起こる可能性もゼロではありません。

患者さんとのコミュニケーションが得意でない方は、一人ひとりと向き合う時間の長い在宅訪問の仕事をやりたくない、と感じるかもしれません。

患者さんの死に直面することもある

個人宅での在宅医療患者には、終末期を自宅で過ごしたいという方も多いです。

よって、自分が担当している患者さんの死に直面することもあります。

医師や看護師であれば別ですが、薬剤師をしていて人の死に立ち会う経験はあまり多くありません。

仲良くなった患者さんが亡くなると精神的なダメージが大きく、心苦しいでしょう。

ママミ
ママミ
これは確かにダメージが大きそう・・・

現役薬剤師
現役薬剤師
在宅を嫌がる人が多い理由には、こういうこともあるのね。

 

在宅薬剤師の仕事を避けたい場合は?

現役薬剤師
現役薬剤師
在宅の仕事の魅力や必要性はわかったけど、
今のところは違う仕事をやりたいわ。

ママミ
ママミ
在宅訪問の仕事がない職場はないのかな?

在宅を避けて働くとこは可能??

可能か否か、現状では「可能」です。

在宅薬剤師を避けたい方は、調剤薬局への就職・転職は避けましょう。
理由としては、調剤薬局はニーズのある在宅医療の事業領域を拡大中だからです。

とはいえ調剤薬局によっても、在宅への力の入れ具合や訪問先はさまざま。

例えば「個人宅へ1人で訪問する」ことに抵抗があるけど「施設に医師ととも訪問」なら大丈夫という方なら、主な訪問先を施設としている調剤薬局を選ぶなど、方法を模索し可能性を広げることもできるんです。

まずは自分が「在宅のどこが嫌なのか」を明確にし、具体的な「避けたいポイント」を自分できちんと知ることが大切です。

そこが把握できたらどのような職場で働きたいか、どのような職場なら働けるのか、見えてくるはず。

エージェントも上手に利用し、その店舗は

  • 訪問先は個人宅が多いのか、施設が多いのか
  • その程度力を入れているのか
  • 1週間、1ヶ月の勤務のうち、在宅の仕事はどのくらいを占めるのか

などヒアリングすることもお勧めします。

担当者
担当者
エージェントに相談してみるだけで、
クリアになって安心できることもありますよ!

『今』薬剤師転職エージェントを活用する3つの理由 ・今すぐ転職したい訳ではないんだけど・・ ・一度登録するとしつこく求人を勧められそう・・ ・転職をするタイミングで転職エ...

在宅を避けたい薬剤師が選ぶべき職場

現状では、「調剤薬局以外」ということになります。

先述したとおり、調剤薬局はまさに今、在宅に力を入れ、事業拡大しているところ。
なので調剤薬局以外、つまりドラッグストアや病院薬剤師をお勧めします。

そもそも在宅医療の事業を行っていない製薬会社やドラッグストア勤務、病院薬剤師なら、在宅医療に関わらず勤務することも可能だということです。

将来的にはどの現場での勤務だとしても、在宅は避けられなくなってくる可能性はありますが、未来は未来!

世界中が予測不能の状況にある昨今、数年後の未来がどうなるかは誰にもわかりません。

ママミ
ママミ
いずれは調剤薬局以外でも、在宅の仕事がでてくるかもしれないことは頭に入れておいた方がいいね。

まとめ

この記事では在宅薬剤師の「仕事内容」「やりたくないと言われる理由」「やりがい」の真実を解説しました。

おさらい

  • 在宅薬剤師とは
    →「自宅や介護施設に訪問し、主に薬の処方や管理をする仕事」
  • 在宅の仕事をやりたくない理由
    個人宅への訪問に抵抗がある、
     患者とのコミュニケーションに対する苦手意識
     患者の死に直面する可能性への恐怖
  • やりがい
    →1人ひとりの患者としっかり向き合い、寄り添った医療ができる。
     患者本人やご家族と信頼関係が築ける。
     人対人の絆、必要とされる喜びが得られる。
  • 将来性は確実!
    →少子高齢化により、避けて通ることは難しいくらい、ますます需要も必要性が上がる。
     在宅医療のスキルを身につけておくことで、キャリアアップや転職にも有利に
  • 在宅を避けたい人は
    →調剤薬局以外、つまりドラッグストアや病院薬剤師なら在宅を避けることができる。
     自分の「やりたくない」と感じるポイントを把握することが大切。

在宅医療は今後の日本では確実にマストになり、近い将来避けて通れなくなることは間違いありません。

自分の親や家族など、いずれは他人事ではない在宅医療

不安もあるかと思いますが、社会貢献や自身の存在意義をしっかりと実感でき、自己肯定感アップ、将来性担保といった「プラスの側面もものすごくある」ということがお伝えできたかと思います。

大変なことも多々ありますが、患者さんの幸福度を上げ、感謝される、そんな仕事なんです。

ママミ
ママミ
いつかはチャレンジできるよう、前向きに考えてみよう! 

【今、大注目!!】在宅専門の薬剤師になるには今がチャンス!4年後の2025年には、75歳以上の後期高齢者が2000万人を超えると言われており、 病院も飽和状態になることが予想されます。 自力...

 

現役薬剤師
現役薬剤師
ママ業を大事にしたい今は、できれば短時間パートで働きたい!
でも、そんな求人あるのかな?
そんなママ薬剤師がチェックしたいパート求人へのサポートが充実しているおすすめ転職エージェントBEST3をご紹介します!
コロナ禍で求人が少なくなっている今だからこそ、転職エージェント選びはとても大切!
是非チェックしてみてくださいね☆

>>【ママ目線で15社比較!】ママ薬剤師におすすめしたい!薬剤師転職サイト比較ランキング